③恵那農業高等学校の魅力ポイント

基本情報 紹介動画 魅力ポイント 詳細情報
部活動 進路情報 その他
特徴的なカリキュラム①>
君もなれる!
農業のプロフェッショナルに

4つの中から自分に合った学科で専門的な力を身につけることができます。

園芸科学科、野菜・果樹・草花の栽培やバイオテクノロジーについて学びます。

食品科学科、食品の製造・分析、微生物の活用について学びます。

環境科学科、森林管理、測量、土木、環境調査について学びます。

園芸デザイン科、フラワーデザイン、ガーデンデザイン、園芸福祉について学びます。

 

<特徴的なカリキュラム②>
目指せ「世界らん展」最優秀賞!

毎年2月に東京ドームで行われる「世界らん展日本大賞」は、世界中から蘭のプロが集う一大イベントです。本校は園芸科学科と園芸デザイン科の合同チームで作品を出展しています。
平成24年と平成26年にプロも参加するディスプレイ部門オープンクラスで最優秀賞を受賞し、令和2年2月にも3度目の最優秀賞を受賞することができました。自分達が手がけた作品が多くの人の目に触れ評価を受ける、他では得られない貴重な体験です。

<地域とのつながり>
地域全部が学びの場!
~地域の課題が教材、地域の人が先生~

どの学科も地域と連携した取組により、生徒一人ひとりが社会で活躍できる力を身につけます。

園芸科学科では
地域の特産であるシクラメンの消費拡大を目指し、地元の明知鉄道とコラボしたシクラメン列車を運行しています。生徒が先生となり、列車内で乗客にシクラメンの魅力や栽培方法を伝え、沿線農家の見学案内などを行い毎年大好評です。

食品科学科では
恵那市や地元土木企業と連携し、地域の耕作放棄地を農地に再生し、蜜源植物となるレンゲやエゴマを栽培し養蜂に取り組んでいます。生産物を活用したえごま味噌、生えごま油、蜂蜜天然酵母のエゴマ食パンなどを地元企業と共同開発し商品化にも取り組んでいます。

環境科学科では
恵那市と水資源機構阿木川ダム管理所と連携し、空心菜を用いた地元の阿木川ダム湖の水質浄化活動に取り組んでいます。その他にも、名古屋市の堀川の水質浄化、東日本大震災で津波による被害を受けた水田の除塩実験、カンボジアのトレンサップ湖の水質浄化と生活支援活動にも取り組みました。

園芸デザイン科では
生徒が地元の老人福祉施設に年間を通して定期的に出かけています。お年寄りに草花の寄植えやフラワーアレンジメントなどを教えるなど一緒に取り組む園芸福祉活動を行っており、毎回お年寄りの笑顔が絶えません。また、地元の保育園児を対象にした食農教育活動も大変好評です。