⑥高山工業高等学校の魅力ポイント

基本情報 紹介動画 魅力ポイント 詳細情報
部活動 進路情報 その他
<特徴的なカリキュラム>
キミの頭の中にある建物・室内・家具のイメージをかたちに!

建築インテリア科では、建築、インテリアの2つの類型に分かれて、それぞれのカリキュラムで専門的な学びができます。インテリア類型に匠という学校設定科目があり、高山祭りの屋台や高山陣屋といった「飛騨の匠の技」を実際に見て学びます。また、3年生の課題研究では、企業で職人から直接技術を学ぶ「デュアルシステム」を取り入れています。

<地域とのつながり>
ものづくりで地域の課題を解決!

建築インテリア科で学んだ技術を用いて、地域で役に立つ椅子や机等を制作し、実際に使ってもらう活動や、地域のイベント等でものづくりの魅力を体験してもらう教室の開催といった「ものづくりで地域に貢献」する活動を積極的に行っています。

<部活動>
建築インテリア技術部で匠の技を磨く!

「建築インテリア技術部」では、様々な活動を通して建築インテリアの技術をさらに磨きます。令和元年10月には高山市と姉妹都市提携をしているアメリカ・デンバー市へ行き、昭和39年に寄贈された高山祭りの祭り屋台模型を修復しました。