⑥高山工業高等学校の詳細情報

基本情報 紹介動画 魅力ポイント 詳細情報
部活動 進路情報 その他
①教育目標
「かしこく・つよく・ゆたけく」

「かしこく」… 将来のあらゆる状況にも対応できる、確かな学力
「つよく」 … どんな困難にもまけず乗り越えていける、健やかな体
「ゆたけく」… 文化の創造を図り社会を支えてゆく、豊かな心

②学校の特徴
ものづくりを生かした地域連携活動で、「飛騨地区の将来を担うエンジニアリーダー」を育成

サテライトキャンパス「飛騨の匠工房」を開設し、オリジナル製品の開発、販売をしています。

外部講師による技能指導や、家具製造や建設会社で学ぶ「産業現場実習」を行っています。

優れたアイディアを商品として開発する手法を学ぶ「知的財産教育」を行っています。
地域のものづくり活動への参加やサポートを積極的に実施し、専門知識や技術を生かした「地域連携活動」を行っています。

③サポート体制
3年間のキミの学習の成果がかたちに・・・

資格、検定取得や競技会への挑戦等、目標を持って意欲的に学習に取り組む生徒に対して補習を行っています。

習熟度別授業やグループ学習といった少人数教育を行い、ユニバーサルデザインを取り入れた「分かる授業」を推進しています。

④周辺地域の魅力、地域とのつながり
「飛騨の匠の技と心」が文化や生活に色濃く残る飛騨高山で、地域の魅力を感じながら「ものづくり」を学ぼう

学校設定科目「匠」では、高山祭りの屋台や高山陣屋といった「飛騨の匠の技」を実際に見て学びます。

課題研究で製作した作品は「卒業作品展」において、3年間の学習の成果として保護者や地域の人に公開します。