②多治見工業高等学校の魅力ポイント

基本情報 紹介動画 魅力ポイント 詳細情報
部活動 進路情報 その他
特徴的なカリキュラム>
少人数学習で一人一人が活躍
海外インターンシップを実施

実習は10人程度の少人数班ごとに、担当の先生がいます。分からないことは班の仲間と助け合い、自分の得意分野ではリーダーとなって活躍できます。積極的な発言により、楽しい授業が展開されています。
2年生になるとインターンシップがあり、希望者は台湾での海外インターンシップに行きます。高雄市にある工場での就業体験と台北市で研修を行います。

 

<地域とのつながり>
学びのフィールドを校外で

地元のイベントにNPO団体と提携をしてCaféを出店します。生徒自身が製作したお皿にスイーツを載せて、お客様に提供します。来店したお客様から様々なアドバイスやアイディアをいただき、次の「モノづくり」に向けたモチベーションアップにつなげています。
また、企業見学をさせていただいたり、中学校へ訪問して生徒が授業をしたり、イベントに参加したりするなど、学校を離れた場所で学習活動をしています。多くの人と関わることで、自分を成長させることができます。

<部活動>
多くの部がいきいきと活動
全国大会も夢じゃない

1学年4クラスの学校ですが、運動系が10部、文化系が7部あり、自分のやりたい部活が見つかります。120年の伝統に培われ、硬式野球部OBにはプロ野球選手になった人が、バレーボール部OBには実業団で活躍した人がいます。部活の仲間と切磋琢磨して充実した学校生活を送りましょう。

令和元年度にボクシング部は全国高校総体(南部九州総体)に出場し、令和2年度では陶芸部が全国総合文化祭(高知総文)に県代表出品しました。その他の部活動においても、東海大会に出場するなど、多くの生徒が活躍しています。