①加納高等学校の魅力ポイント

基本情報 紹介動画 魅力ポイント 詳細情報
部活動 進路情報 その他
<特徴的なカリキュラム1>
専門的に学べる音楽ってステキ!!

加納高校音楽科では、将来、日本を代表するような演奏家や優れた音楽指導者の育成を目指し、国公立の芸術大学や教育学部、有名私立音楽大学等への進学を目標に掲げています。そのため、2年生から実技系コースと教育系コースに分かれ、目標に合ったカリキュラムを恵まれた環境で学習できます。
また、より専門的に音楽を学べるよう、主専攻、副専攻の実技レッスンや音楽理論、ソルフェージュ、音楽史、演奏研究、合奏合唱等の多様な科目が用意されています。また、定期演奏会や卒業演奏会、年間15回の白梅コンサートを開催し、練習や勉強の成果を披露します。

<特徴的なカリキュラム2>
海外研修旅行~チェコ・オーストリア~

高校生活最大のイベントは、2年生での海外研修旅行です。チェコのプラハ、オーストリアのザルツブルグ、ウィーンの3都市を訪問します。
プラハでは、プラハ音楽院において各自専攻のレッスンを受け、演奏技術や表現力を高めます。ウィーンでは、本場のオペラやオペレッタを観賞し、舞台芸術音楽の感動体験をします。また、偉大な音楽家や作曲家の足跡をたどり、西洋音楽の歴史に直に触れます。この研修旅行により、視野が広がるとともに音楽への情熱がさらに増し、勉強への取り組み方が大きく変わります。

<特徴的なカリキュラム3>
ミュージカルで誰もが主役!!

学校行事の一つである白梅祭(文化祭)では、音楽科3学年合同ミュージカルに取り組み、毎年大変好評を博しています。3年生が中心となって企画運営を行い、縦の繋がりを大切にした舞台作りを体験します。音楽はオーケストラの生演奏。キャストはオーデションで選ばれます。編曲や楽譜作成、指揮、台本作り、演出、振り付け等もすべて生徒の手で行い、ミュージカルを全員で作り上げます。本番での達成感と充実感は何物にも代えがたい感動体験です。

 

<地域とのつながり>
音楽で地域貢献

地域の特別養護老人施設や小学校、保育園でのボランティア演奏や地域イベントでの演奏を通して、地域との交流を積極的に行っています。
音楽の力で人々の役に立てる喜びを大切に、地域社会に貢献する姿勢を育てます。