投稿者「ikeda-hs」のアーカイブ

「徳山ダム上流に実のなる木を植えよう大作戦(第20回)」について(R3.10.16)

 本校の2・3年の11名の生徒が、「特定非営利活動法人 揖斐自然環境レンジャー」が主催するボランティア活動に参加しました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止されましたが、本年度は参加人数を制限しての開催となりました。
 徳山ダム上流地域で、クリ、コナラ、オニグルミ、トチノキなど75本の植栽終了後、藤橋城周辺で、150個のポットに種を植えました。
 当日は作業すると少し汗ばむほどの気候でしたが、豊かな水と森に囲まれた揖斐川水源地域の自然環境保全活動を通じて、SDGsの17目標の15「陸の豊かさも守ろう」に貢献してくれました。心地よい疲れのなかで、16、17歳の生徒たちは、50年後に森に還っていると言われた苗の成長に、これからの自分の人生の歩みを重ねていました。
   

2年生の遠足について(R3.10.12)

2年生は、令和3年10月12日(火)に遠足として、馬籠宿とぎふ清流里山公園の散策に行きました。昨年は中止になった遠足でしたが、今年度は感染症対策に気を付けながら実施しました。いろいろな行事が中止や変更する中で、生徒は久しぶりの学校行事を楽しんでいました。
「馬籠にも公園にも行ったことはなかったけど、とても楽しく自由行動ができました。
馬籠では、京都の街並みみたいな感じでとても楽しかったです。また、色々なものをお土産として買えたので、それも思い出に残りました。公園では、久しぶりに遊具で遊べたので楽しかったです。また、駄菓子屋に行ったり散歩したりとゆっくりした時間も過ごせたので、良かったです。高校生になって、初めての学年での遠出だったけど、いい思い出になったので、次も楽しみです。」(参加生徒の感想)

 

防災講話(R3.10.06)

10月6日の5.6時間目にWeb会議システムを利用したオンラインで防災講話を行いました。
防災のスペシャリストで清流の国ぎふ防災・減災センターの村岡治道先生をお迎えし、巨大地震と土砂災害への対応を話していただきました。
講話の中では、良くない避難の例や、大きな揺れの中でどの姿勢が一番安全に身を守れるのかについて動画で確認しました。
生徒たちは村岡先生の話を真剣に聞き、実際に災害が発生した際にどう動くといいか学ぶことができました。
今後に活かせるように日頃から防災に対する意識を高めていきたいです。
 
 

>> infomation
   ●  【入試情報】令和4年度 入学者選抜検査の概要を掲載しました。R03.10.04
   ●  【授業料および奨学金関係】の内容を更新しました。R03.09.29
   ●  【学校案内】に紹介動画を掲載しました。R03.09.15
   ●  警報発令時の登校基準は【警報発令時の対応】の通りです。なお、登校に際しては十分安全を確保してください。
     →  岐阜県の警報・注意報発令状況
 (外部サイト:気象庁)

校内の感染症対策について

岐阜県の新型コロナウイルス感染症の蔓延により、現在オンライン授業期間が続いていますが、校内では全職員が生徒の登校に向けて専門家を招いて教育相談の研修や感染症予防のための環境整備、およびより効率的なオンライン授業準備に励んでいます。
右の画像は足踏み式の手指消毒装置です。こちらを生徒の使用教室の全てに配備しました。一日も早く「日常の学校生活」を取り戻せるように生徒の皆さんもステイホームを心掛け、オンライン学習期間を頑張ってほしいと思います。

ハリヨ生息数調査に参加しました。(R3.8.7)

池田町上八幡の自治会から組織される「ハリヨを守る会」および池田町教育委員会と協働して池田町中川のハリヨ保護区域の生息数調査をおこないました。この活動は本年度で8年目の活動になります。投網によって捕獲された淡水魚からハリヨを探し、手早くカウントしました。
調査後の座談会では、生息数が減少しているという結果を受け、今後の活動について岐阜協立大学の森教授より助言をいただきました。また、守る会の方々や森先生から、池田高校科学部への期待のメッセージをいただきました。今後科学部として、どのような研究ができるのか、考えていきたいと思います。そして地域の高校として西美濃地域の持続的な発展に向けて今後も活動を深めていきます。
 

令和3年度池田高校説明会を行いました。(R3.8.2,8.3)

8月2日と8月3日の2日間、中学3年生を対象に、池田高校説明会を実施しました。
新型コロナウイルス感染症対策、および熱中症対策のため、普通教室に分散して入っていただき、Web会議システムを利用して説明を行いました。
学校からの説明のあと、生徒会メンバーが主体となって校舎を案内したり、生徒会作成の学校紹介動画を見てもらったり、在校生への質問タイムを設けたりしました。
特に生徒会作成の動画は中学生の皆さんにも好評でした。また、実際に池田高校で充実した高校生活を送っている生徒会メンバーと交流し、生の声を聴くことで池田高校の魅力が伝わっていれば幸いです。本日の体験を参考に、中学生の皆さんには悔いの残らない進路選択をしていただきたいと思います。
 

全国高校野球選手権岐阜大会2回戦の結果(R3.7.17)

令和3年7月17日(土)に大垣北球場(大垣市)で、全国高校野球選手権岐阜大会2回戦が行われました。強豪校の岐阜総合学園高校相手に、初回から先行される嫌な雰囲気で始まった試合は、機動力を絡めて効果的に得点を重ねて、お互いに点を取り合うシーソーゲームでした。6回裏のチャンスに竹中智哉君(3年生)が、殊勲の逆転打を放ち再びリードをすると、2番手の仙谷君(2年生)が、低めを丁寧につくピッチングで相手打線を抑え、試合はそのまま終了し、6対5で本校が激戦に勝利しました。最後までひやひやする展開が続きましたが、勝利を信じて応援する野球部員、保護者、生徒、職員約200名の思いが通じました。次回は、7月22日(木)に、長良川球場(岐阜市)で優勝候補の大垣商業高校と対戦します。

 
 

書道部 岐阜県青少年美術展 入選 (R3.7.3)

令和3年度岐阜県青少年美術展が、7月3日(土)から7月11日(日)まで岐阜県美術館で開催され、本校書道部から河瀬涼さん(3年)の作品が入選しました。書道部は9月の本校文化祭での展示や書道パフォーマンス、11月の岐阜県高等学校総合文化祭書道展に向けて作品を仕上げるために、練習を積み重ねています。
【入選作品「照り輝く月」河瀬 涼さん】 

自転車安全運転授業を受けました(R3.07.5)

7月5日(月)6限、Web会議システムを利用しオンラインで自転車安全運転授業を行いました。
県派遣講師e-プランニングの森田淳吾様をお招きし、自転車を安全に運転する際の留意点や本校周辺の危険箇所について解説していただきました。また事故に遭った場合の対応の仕方や、事故を起こしてしまった時の損害賠償責任についてなども教えていただき、生徒達は改めて安全に自転車を運転しようという意識を持つことができたようでした。
〔生徒の感想〕
・自転車と人がぶつかるだけでも、人が亡くなったり、重い障害が残ってしまったりするので、しっかりと安全な運転をしようと心がけていきたいです。
・私たちがやりがちな片手運転や並列運転は事故につながるということを知り、特に登下校中は気をつけたいと思いました。
・信号のない交差点を通って登下校するため、出会い頭の事故にならにようにしていきたいと思いました。
・少しの気の緩みが交通事故を引き起こしてしまうので、自転車だからといって気を緩ませることなく操作したい。ながら運転は絶対にしないようにしたいです。