平成29年12月19日(火) 山高屋台 1日目

ビジネスクラスが大活躍の3日間!

今年もやって参りました山高屋台(やまこうやたい)、商業系の授業で学んだことを、実践の場で深めていきます。今年度も、東北復興を応援する東北グッズに加え、九州復興応援製品も扱っております!

普段のバイトは、勝手に決めつけて話をしますが、おそらくレジ打ちなどのルーティーンワークが中心になるかと思います。今回の販売は、お客様の呼び込み、全商品の紹介や売り込み、コミュニケーション、金額計算、物品とお金の管理etc...あらゆることを自分でやっていかなければなりません。

最後の売り上げ確認も自分たちで行います。

今回の活動では人件費を無視してやっていますが、もしこれが実際の店舗であれば明らかに店員が多すぎ、人件費でアウトです。商売って難しいですね。。。

過去に会社員で販売営業をやっていた私としては、少し酸っぱい思い出がこみ上げます。高校の時にこういうことを学んでいれば、商売についてもっと色々挑戦できたんだろうなぁ・・・。以上余談でした。

山高屋台は明日22日が最終日となります。
ぜひ皆様のご来店をお待ちしております!!

平成29年12月3日(日)開催 山県高等学校同窓会総会

平成29年度同窓会総会を以下の通り開催しました。

平成29年12月3日(日)12時~
ホテルグランヴェール岐山

3年に1度行われる同窓会総会がグランベール岐山で行われました。参加者数は20名で平成26年度から28年度までの事業報告・会計報告、平成29年度から31年度までの事業計画・予算案が決議されました。その後、親睦会が行われ、楽しい一日となりました。次は平成32年度に計画しています。是非とも多くの方の参加を希望します。

平成29年12月18日(月)発行 3年生 学年通信 12月号

初冬の候、保護者の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は本校の教育活動にご理解とご協力を賜りありがとうございます。寒さも厳しくなり、体調を崩しやすい時期ですので、お子様の体調管理に今まで以上に気を遣っていただきたいと思います。

さて、早いもので今年も残すところあと2週間ほど、3年生にとっては最後の冬休みを迎えます。進路先が内定している生徒、進学先が確定している生徒も多く、緊張感が少し緩みがちな時期ですが、高校生活最後の充実した冬休みを過ごしてほしいと思っています。

主な内容:
1 冬休みの過ごし方について
2 授業参観・PTフォーラム・芸術鑑賞会のご報告
3 血液・献血セミナー、ファイナンスセミナーのご報告
4 今後の行事予定

以下のPDFよりご確認下さい。

PDF3年生学年通信をこちらからご確認下さい。

 

平成29年12月14日(木)発行 2年生 学年通信 12月号

年内も余日少なくなりました。平素は本校の教育にご理解、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。先日の沖縄研修においては、送迎等でご配慮、ご協力をいただき、誠にありがとうございました。

  さて、12月25日(月)から冬休みが始まります。年が明けると、いよいよ卒業後の進路を決める大切な年となります。この冬休みの間に、ご家庭で進路について話し合う機会をもっていただければ幸いです。最終的に進路を決定するのはお子様自身ですが、保護者の方のお話がより良い進路選択の糧となります。学校では、保護者の皆様と連携を取りながら、一人ひとりにあった進路が決定できるように進めていきたいと考えておりますので、ご協力をお願いいたします。

詳しい内容について:

1 沖縄研修を終えて
2 保護者懇談について
3 今後の主な予定

以下のPDFよりご確認下さい。

PDF2年生学年通信をこちらからご確認下さい。

平成29年12月3日(日)実施 「歴史研究部」西濃巡検に行ってきました!!

「高文連地域研究部会県内合同西濃巡検」

「巡検」という言葉は、日ごろ耳にすることがほぼない言葉ですね。

巡検】 《名・ス他》部下の配置場所を巡って、秩序が保たれているかなどを検査すること。

などとあるので緊張感のある場で使う言葉にも思えますが、地理学や歴史学の場合には、「フィールドワーク」のようなことに対して使われるようです。

本日は、歴史研究部の巡検のレポートです。

目的地1:金生山化石館(大垣市赤坂町)
日本で最初に化石として認定された赤坂石灰岩から見つかったフズリナなどの化石を見学しました。

目的地2:関ヶ原古戦場(不破郡関ケ原町)
家康本陣から光成本陣までの古戦場を歩き、関ケ原の戦いについて説明を聞きながら(加納高校の生徒さんが説明してくれました!)当時の様子に思いをはせました!!

目的地3:横山ダム(揖斐郡揖斐川町横山)
ダムの内部に空洞を持つ全国でも珍しい「中空重力式コンクリートダム」です。内部が見学できるのは全国で 2 か所だけです!!

平成29年11月30日(木)実施 食育講座

自分たちの子どもの頃は無かった「食育」という言葉が、近年では一般的になりつつありますね。食事も学校や自治体などで「教える」ものになったということでしょうか。よりよい食と成長を追求できる良い時代になったということでしょうか。

30日(木)に、本校で食育講座が開かれました。8名の「山県市食生活改善委員会」の皆様にお越し頂き、地元の食材を使用して調理を行いました。  

非常に楽しげな雰囲気の中、真剣な表情で包丁や食材を扱っていました。
大豆入り茶飯、具だくさんけんちん汁、豚肉の生姜焼き、デザート
を、地元の方々に助けて頂きながら完成させることができました。

私はお呼ばれしなかったので味は分かりませんが、大変おいしかった、と聞いております。茶飯、けんちん汁、生姜焼き・・・食べたかった!

さて。減塩についてのお話しもあったのですが、各家庭でのお味噌汁の濃さについてもお話しがありました。家ごとに、塩分濃度1%を超えるものもあれば、低いものもあり、様々な濃度があったそうです。

塩分が1%を超えると塩分の濃い味噌汁となります。血液の塩分濃度と同程度の0.9%くらいがやや濃いめでおいしく感じるのですが、厚生労働省によると1日の塩分摂取基準は7(女性)~8(男性)グラムまで、となるので、濃いものを飲んでいるとあっという間にオーバーしてしまう、とのことです。

健康と食は切っても切れない関係にあります。楽しい料理と共に、今回学んだ健康のことについても、ぜひ活かしていってほしいと思います。