平成30年度 第1回 山高MIRAI(未来)プロジェクト兼活性化協議会 議事要旨

平成30年度
第1回 山高MIRAI(未来)プロジェクト 議事要旨

日 時 平成30年7月3日(火) 15:00~16:30
場 所 山県高等学校 ゼミナール室

出席者(敬称略、順不同)

(委員)
恩田 佳幸  岐阜県議会議員
宇野 邦朗  山県市副市長
石 神  真  山県市議会議長
伊藤 正夫  山県市教育長
大野 良輔  山県市教育委員
宇 野  睦  山県市商工会長
藤井 里樹  岐阜アグリフーズ(株)代表取締役社長
久保田裕司  山県市企画財政課長
長野 健一  山県市まちづくり企業支援課長
鬼頭 立城  山県市教育委員会学校教育課長
青木由美子  山県市PTA連合会会長
武藤 好伸  山県市立美山中学校長
廣田 直子  山県高等学校PTA会長

(高校側)
伊 藤  崇  校長
浅野 和道  教頭
愛敬 隆施  企業実習部長

(県教育委員会)
高橋 宗彦  教育総務課教育主管

議事概要
1 学校の現状と平成29年度の取組について

  • 平成28年度入学生から、160名募集に対してH28・140名、H29・125名、H30・135名と定員を満たしていない。入学生の出身中学校を地区別でみると、H21頃から山県市内の割合が30%弱に減少し、岐阜市や関市からの割合が増えている。山県市の人口も減少し続け、結果、中学生も減少していくことになる。
  • 登校時バスの増便により、交通アクセスは良くなった。
  • 卒業生はおよそ60%が就職し、製造業はその6割、就職地域は、岐阜市、関市、山県市の順で多い。道路が整備され、自動車の運転免許があれば、通勤に支障はなくなったことにもよる。
  • デュアルシステム(企業実習)では、14名が実習中である。
  • 次年度から単位制普通科となり、次年度入学生が2年生になる平成32年度から類型を選択し、多様な学びができる学校となる。

○山県市教育委員会より

  • MIRAI(未来)プロジェクトのビジョン作りに向け、MIRAI(未来)アドバイザーを委嘱した。校長のビジョンに基づき、職員が一体となることで活性化は実現する。ビジョンなしにその計画はできない。工業類型の魅力発信のためのパンフレットを作成する。1年生の間に、中学校とは違うやり方で、例えば、総合的な学習の時間を、類型選択に絡めた授業を展開することが望まれる。保護者に、地元企業を知ってもらう内容も考える。

 

2 今後の活性化の実施計画について

(1)事業計画(案)と予算(案)

  • MIRAI(未来)プロジェクトの予算で、タブレットの追加購入と、プロジェクターの購入を計画している。ICTを活用した授業を展開したい。
  • 県の事業として、生徒のコミュニケーション能力の向上に資するため演劇ワークショップを3回の予定で計画し、すでに2回実施した。
  • コミュニティースクールについての情報収集のために、県内外の中学校や高校へ視察を予定している。

(2)意見交流

  • 平成31年度の学校案内のパンフレットは、山県高校の変化が伝わらない。よりアピール性のあるものに変更してもらいたい。

    → 山県高校の課題については理解している。外に向けてどのように発信していくかが重要である。高校見学会が7月末に控えている。訴求力のあるパンフレットを作るため、改訂版を検討中である。

  • 受験生を増やすために、学校として今までにどんな努力をしてきたのか。

    → 校長をはじめとして、教員が近隣の中学校に説明にまわっている。合同練習や合同演奏など、部活動の交流も盛んに実施している。

  • 地元の子どもを育てるため、部活動顧問に力のある顧問を配置して欲しい。

    → 特徴的な部活動を何とか活性化させたいが、生徒の資質も変化してきている。

  • デュアルシステムについては、現在、普通科2年生14名が実習中である。概ね評判はよい。来年度の希望者は10名前後で、昨年度募集時の約半分である。
  • 最近は、中学生が高校を選びきれていない。中学生個々の多様な希望に沿うような仕組みを作りたいが、ハード面の制約の中で、何ができるかを考えたい。
  • 単位制は、地元の企業などにどのように発信できるのか。
  • デュアルシステムは工業類型の核になるのではないかと期待する。
  • 単位制で、生徒の希望が多方面にわたる場合、教員の配置などはどうなるのか。

    → 単位制の多様な選択に対応するため、教員数は若干増えるものと思われる。

  • 生徒が自信をもてるよう、発表や活動できる仕組みを作ることが大切である。地元のイベントなどにそういった場を作ってはどうか。

    → 次年度のデュアルシステムの希望者が、あまりいない現状である。また、就職先をなかなか決められない生徒が増えてきている。地域貢献に、現在かなりの生徒が協力している。工業類型については運用が難しい。人と物がない中で始まろうとしているが、外部の施設での実習を単位としていくことも検討中である。

  • デュアルシステムについて、中学生や保護者にもっと伝えてほしい。
  • 地元の子を地域の企業に採用したい。生徒の自主性を育ててほしい。自分が興味をもった仕事を、デュアルシステムで実際に体験することで知ってもらいたい。探求心や向上心をもつためにも、コミュニケーション能力は不可欠である。生徒同士や先生との会話が、生徒には必要だと思う。
  • 定員を満たしていないが、よい生徒はたくさんいる。学力が十分でない生徒も少なくはないが、生徒が楽しく登校できる環境を、頑張って作っていきたい。

上記文書のPDF形式はこちらから

平成29年度 第2回 山高MIRAI(未来)プロジェクト 議事要旨

平成29年度
第2回 山高MIRAI(未来)プロジェクト 議事要旨

日 時 平成30年2月6日(火) 14:00~15:30
場 所 山県高等学校 ゼミナール室

出席者(敬称略、順不同)
恩田 佳幸  岐阜県議会議員
宇野 邦朗  山県市副市長
武藤 孝成  山県市議会議長
大野 良輔  山県市教育委員
伊藤 正夫  山県市教育長
水谷 直義  ミズタニバルブ工業(株)代表取締役
久保田裕司  山県市企画財政課課長
長野 健一  山県市まちづくり企業支援課課長
鬼頭 立城  山県市教育委員会学校教育課課長
大野  憲  山県市PTA連合会会長(梅原小学校PTA副会長)
前田恵津子  山県高等学校評議員
神原 綾子  山県高等学校PTA会長
翠   雅 司  山県高等学校校長
浅野 和道  山県高等学校教頭
愛敬 隆施  山県高等学校キャリア教育担当
秋場  毅  岐阜県教育委員会教育総務課課長補佐

議事概要
1 「山県高校の現状と今後」について報告

就職状況の報告 → 3年生の1/3が進学し、2/3が就職。就職者の業種は製造60%、サービス17%。そのうち職種は生産工程が54%。勤務地は岐阜市、関市にそれぞれ30%ずつ、山県市12%となった。求人は好調で県内から約500件ある。

●入学希望者の推移 → ビジネスコースの希望が少ない傾向。入学後の転退学の生徒数はピーク時より減少した。学び直しの必要な生徒も入学している。

●1年生生徒アンケート → 自由記述。生徒は学びたい意欲をもって入学している。丁寧な指導をしているが、勉強がわかりやすいという意見の反面、勉強がわからないと答える生徒もいる。

●単位制普通科への移行 → 平成31年度(予定)の実施に向け検討を進めている。

●企業実習の実施 → 次年度2年生が取り組む。当初より減って14名が実施予定。お陰様で山県市内だけでなく岐阜市、関市の企業から協力を得た。マッチングも終わり実習先も決まった。4月に開講式(激励式)を実施する予定である。

 

2 平成29年度事業報告

 ○山県市から支援をいただき購入した器材の紹介とその実習状況の説明

●まず、介護用ベッド1台と白内障体験ゴーグル10個は、介護福祉実習体験で使用した。最新のものを購入することができ、その操作法など、より実際の状況に近い実習を実施できた。次年度から授業で使用する予定である。

●次に、3Dプリンターと制御用PC各1台は、年度内に大学等から講師を招いて体験実習をする予定である。検討している工業類型(ものづくり)には必要不可欠であり、有効な実習教材となる。

●更に、Windowsタブレット10台は、実際に授業での調べ学習に試験使用した。今までは、生徒個人のスマホを使用していたので、通信料の懸念が解消された。次年度から実施される企業実習成果発表会に向けたプレゼン作成にも利用する。

 ○県の活性化事業を受けての実施内容を説明

●ホームページのリニューアルは、新規の記事掲載約280本(昨年度の5倍)、訪問者数は1日平均90件(昨年50件)となった。近隣中学校の進路説明会に中学校OBである本校3年生が参加し、体験を報告した。中学校に設置の山高広報ボードの貼り替えと、それに加えて公共施設や小学校への掲示を依頼した。運動部活動では中学生との合同練習を開始、吹奏楽部の依頼演奏回数が増加した。

●山県市、岐阜市、関市、美濃市、各務原市の25中学校を担当者が訪問し、中学校の進路指導主事と3年生の学年主任に対して、山県高校や部活動について進路説明を実施した。また、本校1年生に対して、地元企業人を招いた社会人講話を3回実施した他、地元出身の著名人(元FC岐阜社長 恩田聖敬氏)を招いて地域連携講座(講演)を実施した。この他、先進校の視察に、遠方では静岡県、島根県、高知県へ、近隣では県内の単位制や総合学科の高校へ出向き、各高校から情報を得てきた。年度内の今後の動きとしては、広報活動の一部として、山高クリアファイルを作成し、配布していく予定。

 

3 意見交流

●平成30年度の高校としての取組は、企業実習(デュアルシステム)を軌道に乗せることと単位制の検討と準備を中心に行う。

●購入器材については、介護ベッドは既に使用し、次年度、生活と福祉の授業での実習が計画されている。タブレットは調べ学習と、企業実習報告会のプレゼン作成に、週1回の授業で使用する予定。ただし、3Dプリンターについては、平成31年度入学生が、2年生で類型選択してから本格利用となる。ものづくり系の部活動はないので、希望者を集めて年に数回の体験実習を実施したい。

●授業や補習への学習支援、各種の実習、生徒の活躍の場など、市町や企業からの提案が多く有り難い。ちなみに熱海高校の「高校生ホテル」の実践は企業から学校への提案だった。校内のアイディアに頼ることには限界が感じられ、生徒の成長につながる様々な提案をいただければと思う。

●通学バスの増便と運賃への補助により利用生徒数は増加した。特に登校時の先着バスの利用生徒の評判がよい。また、運賃が安いため、悪天候時にのみ利用して登校する生徒も増えた。

●エアコンの設置については、市内の小中学校で設置が進む中、高校では費用面で難しく、直ちに設置は困難である。

●単位制に移行した場合の企業実習をどの類型で展開していくのかが課題である。複数の類型からの実習は、カリキュラム上実施困難である。山県市内の企業には、インターンシップで長年お世話になっている。実習先の企業については、生徒の居住地や希望に沿って山県市内を中心に次年度もお願いしていく。

●山県高校は他校に先駆けて地域と連携ができている。先生ができること、行政ができること、企業ができることをはっきりさせる。外部の機関を活用することによって、先生方には学校内のことに集中できるようにしていくとよい。公営塾ももしやるならば基礎学力の底上げなど支援ができる形がよいのではないか。山県高校へ行ったら成長できたという生徒が増えることが望ましい。山県市について魅力を感じてもらいたい。そして、先生方の負担を減らすことが必要である。

上記文書のPDF形式はこちらから

平成30年1月19日(金)実施 山高MIRAIプロジェクト 地域連携講座 恩田 聖敬先生

プロサッカーチームを経営するには、年間10億円を捻出しないといけないのだそうです。

それだけでもかなり驚きの話題ですが、プロチームを経営し、しかもその業務の途中でALS*という指定難病となり、体調や自分自身と戦いながら、そこから新たに自分らしく生きる道を見いだして、ご自身の会社を経営する方がいます。

*筋萎縮性側索硬化症
きんいしゅくせいそくさくこうかしょう
Amyotrophic Lateral Sclerosis

岐阜県の旧山県郡高富町(現 山県市)ご出身の、恩田聖敬さんです。

恩田先生は、2014年から2016年までFC岐阜の社長でいらっしゃいました。私自身、ラモス瑠偉さんの監督就任などでちょうどよく覚えているタイミングだったりしますが、山県のご出身だと言うことは全く存じ上げていませんでした。

今回のお話しは、合成音声などを利用したものでしたが、本当に聞き取りやすく、音質と言うよりむしろ、時間をかけて洗練されたシンプルな言葉が積み重なり、私たちの胸へと届いていました。

自分の生き方を自分で決めること、考えることをやめないこと、嘘をつかず、約束を守り、ありがとうとごめんなさいを謙虚に言える人間になること、など、人生のヒントをたくさん頂きました。貴重な時間を、本当にありがとうございました。

平成30年1月19日(金)開催予定 山高MIRAI(未来)プロジェクト 地域連携講座 恩田 聖敬(さとし)先生ご講演

山高MIRAI(未来)プロジェクト 地域連携講座をご紹介します。
本校で以下の通り開催予定です。ぜひお越し下さい。

1 目 的
講話を通し、社会人として大切なこと、命の大切さや生きることの意味、相手を思いやることの大切さについて学ぶ機会とする。

2 期 日
平成30年1月19日(金)4限(11時40分~12時45分)
*講演は12時30分程度までを予定

3 場 所
山県高校体育館 椅子に着席して拝聴

*寒さが予想されます。暖房が入る予定ではありますが、厚着、膝掛け、カイロ、マスク等を必要に応じて各自でご準備ください。

4 講 師
株式会社「まんまる笑店」 代表取締役社長 恩田 聖敬(おんだ さとし)氏

ご紹介は公式ホームページへリンクにて代えさせて頂きます