平成30年2月15日(木)開催 学校評議委員会で評議委員の皆様にお越し頂きました

学校評議委員:
文部科学省のページに、(難しいですが)説明があります。


学校評議員制度について

2 期待される効果

 学校評議員は、学校や地域の実情に応じて、学校運営に関し、

  1. 保護者や地域住民等の意向を把握し反映すること
  2. 保護者や地域住民等の協力を得ること
  3. 学校運営の状況等を周知するなど学校としての説明責任を果たしていくこと

ができるようにするものである。
 これにより、校長が、学校運営に当たり、学校の教育目標・計画や地域との連携の進め方などに関し、保護者や地域住民の意見を聞くとともに、その理解や協力を得て、特色ある教育活動を主体的かつ積極的に展開していくことが期待される。



以上、引用終わり。

一時期(今もですが)、開かれた学校、というのが教育界ではキーワードになっておりました。閉じた学校と考えると、その逆と考えればわかりやすいと思います。地域の方々から見て、学校が何をやっているか分からない、逆に学校側も地域のことが分からない、勝手に学校は教育活動を行っている、そんな状況になってはいけませんよというものです。地域の方々の力をお借りして教育の効果を高めることをめざそう、と。

・・・確かに。

確かに大切なことではありますが、じゃぁいざ!地域と連携を!となると、「誰がどう関わっていくの?」という話になってきます。時間を学校のために割いて頂いて、学校のやっていることをご理解頂き、地域の代表としてご意見を出して頂くのです。大役です。軽々しくお願いできるものではありません。

・・・ありませんが。

ありがたいことに、本校の活動をご理解頂き、ご意見・ご指導を頂ける学校評議委員をお願いしている方々がいらっしゃいます。この日は委員会を本校にて開催し、その中で各クラスの授業を見て頂くと共に、部活動の活動報告を各部代表からさせて頂きました。

これらの委員会報告は、実は本ホームページでも公開しております。
http://school.gifu-net.ed.jp/wordpress/yamagata-hs/10_gaiyou_top/16_reports/

普段、授業をご覧頂くことや、本校の教育活動をご覧頂くことはなかなか難しいかと存じます。これらの報告や本ホームページなどが、本校理解の助けになれば幸いです。

平成30年2月9日(金)実施 3年生最後の学年集会

3年生最後の学年集会でした。

長かった3年間、いつまでも終わりの見えない3年間だったはずが、いつのまにか、もうすぐ別れの時期に近づいてきます。学年に関わった先生方、学年主任の先生からの想いのこもった言葉をもって、最後の集会が行われました。

この後は、卒業式予行、同窓会入会、そして卒業式本番と、この同級生がそろうのもほんの少しの場のみとなります。
我々職員一同、ハレの日がすばらしい日になることを祈っています。
健康に十分気をつけて、新しい生活に向けて自宅学習期間をお過ごし下さい。

平成30年1月31日(水)実施 1年生向け 社会人講話

今年度の1年生は、来年度の「デュアルシステム(企業研修制度)」の第1期生となることもあってか、進路講話の数が多いように思います。眠たい6時間目などに講話が入ることが多いのですが、熱心にメモを取ったりしながら聞いてくれているのは、手前味噌ながら嬉しいものです。

さて、今回社会人講話として、小売り・販売業関連で株式会社久米商店様にお越し頂きました。Amazonや楽天などのネット販売が手軽になりつつある中で、小売り業の現状や、講師の方の大切にしていること、これまでの経歴、高校生の皆さんに伝えたいこと、などを教えて頂きました。

1年生の皆さんは、この1年間でどのくらい進路研究を深められましたか? あとたった1年と少しで就職活動や推薦・AO入試などが始まってきます。1年生と侮る(あなどる:軽く見る、下に見る)ことなかれ(否定:するな)。もうほんの少しで立派な2年生です。確実に進路研究を積み重ねて、自己実現に繋げていきましょう!