高校生税の作文コンクール「大垣税務署長賞」を受賞しました

毎年夏休み課題の中で、税金について考えることを目的に「高校生税の作文コンクール」に応募しています。同作文コンクールに応募した会計科ファイナンス類型2年生、中嶋美咲さん、中島由衣さんの応募した作文が「大垣税務署長賞」として選ばれ、本校にて大垣税務署辰田綱彦署長から賞の授与をしていただきました。

授与後の懇談で、辰田署長より二人に「高校で税金について学んだことを活かし、今後将来の職業を考える時に税に関わる仕事も選択肢に入れてみてはどうでしょうか」と期待を込めた励ましのお言葉をいただきました。

【表彰の様子】

《受賞者のコメント》

中嶋美咲さん
「税の作文を通して、消費税以外の様々な税金の遣い道について考えることができとても良い機会となりました。」

中島由衣さん
「私は、これまで税金について深く知ることがありませんでしたが、母の体調不良で救急車を呼んだ際、税金のありがたみを知りました。納税された税金を利用して命が救われていることを感じ、将来誇りを持って納税していきたいと思いました。」

【懇談の様子】

「第8回 商品開発特別授業~販売実習~」

河合寿司と共同で開発した新商品「ピラフ巻いちゃいました!!」と「秋串物語」の販売を、11月17日(土)・18日(日)の両日に大垣駅前で開催された、「西美濃・まるごとバザール」にて販売しました。

目標としていた販売個数を売り切ることができ、皆様のご協力に感謝しております。

ありがとうございました。」

会計科「バーチャル創業講座」 グループ発表会開催

本校の会計科3年生40名を対象に、3回目の授業を実施しました。今回の授業では、8つのグループに分かれ作成した資金計画書をもとに、地元地域の飲食店バーチャル創業に向けた発表を行いました。お店作りに欠かせないコンセプトやサービス方法、広告宣伝に至るまでのユニークなアイディア満載の発表内容となりました。すべてのグループがプレゼンテーションソフトを利用しながら発表し、各グループ発表後に講師の方からの質問に回答し、経営者としての責任が感じられる場面も見られました。

開業3年目まで赤字計上をしている店もあり、開業後の回転資金の遣り繰りの難しさを実感することにもなりました。すべての発表終了後、講師の方からは「今回の資金計画やアイディアを少しずつ改善できれば、現実的なプランに近くなる発表もあった」という感想をいただきました。

将来、本校生徒から起業による地域貢献できる経営者があらわれることを期待します。

【授業の様子】

「第4回起業家教育講座」を実施

岐阜経済大学との連携講座「起業家教育講座」を実施しています。

本講座第4回は、岐阜経済大学の佐々木 喜一郎先生に「経営を支援するICT戦略について」というテーマでした。今回は、大学へ7名が出向き講義を受講いたしました。

また、講義では2チームに分かれて、「紙タワー作り」をしました。作ることに意味があり、戦略につながっていることを学びました。

次回5回目は12月3日(月)の予定です。

【授業風景】

『岐阜県高等学校商業達人カップ』の記者発表

「岐阜県高等学校商業達人カップ~記者発表~」に代表生徒2名が参加しました。

初開催となる本年の達人カップが2018年12月26日(水)にマーサ21ショッピングセンターで開催されます。県岐商、市岐商、大垣商業が参加し、JAぎふが取り扱う農産物のなかで、各チームが厳選した商品を、企画販売します。

本校からは総合ビジネス科マーケティング類型の3年生の生徒が参加します。

記者発表

第8回 商品開発特別授業~農業体験~

「第8回 商品開発特別授業 ~農業体験~」を行いました。

今回はOKB農場にて6月21日に田植えをした、黒米の稲刈り体験をしました。商品開発に向け、「食品へのこだわり、愛着を深める」ことを目的としており、生産工程の一部分を知る貴重な体験となりました。

農業体験

「第3回起業家教育講座」を実施

岐阜経済大学との連携講座「起業家教育講座」を実施しています。
本講座第3回は、岐阜経済大学の三和 元先生に「西濃地域の企業の特徴から起業を考えよう」と
いうテーマで、分かりやすく講義をしていただきました。
次回4回目は11月12日(月)の予定です。

会計科「バーチャル創業講座」2回目開催

本校の会計科3年生40名を対象に、2回目の授業を実施しました。今回の授業では、OKB大垣共立銀行下條様から飲食店をイメージしたビジネスプランの作成方法について必要な資金、売上高、費用の算出を根拠に基づき事業計画策定を行うための基礎基本を学びました。その後、グループに分かれメンバー同士でお店のコンセプトのアイデアを出し合い、資金調達方法、収支計画を練りながら、起業後3年以内にどうしたら黒字にできるか、苦労しながら取り組む姿が見られました。これらのまとめを次回グループごとに発表します。

発表会の予定は、11月12日(月)です。

大商文化祭を開催しました。

10月30日・31日の二日間で大商文化祭を開催しました。

今年のテーマは「大商、ハンパないって」

このテーマのもと、それぞれの個性を「半端なく」発揮して、1年生展示・2年生販売・3年生ステージ発表・各文化系部発表をやりきりました。また、吹奏楽部の演奏は、迫力が凄く全校生徒が盛り上がりました。

大垣商業の生徒と職員・PTA役員の全員で作り上げた、素晴らしい文化祭でした。

 

大商祭開催 PTA食品・謝恩品バザー

10月31日(水)秋晴れのもと、大商祭が開催され保護者、地域の方が343名、(PTA役員55名)が来校されました。本校PTAによる食品バザーでは、カレーライス380食、焼きそば440食、フランクフルト300本、ドーナツ850個を余すことなく販売できました。また記念館の謝恩品バザーでは、各支部で家庭から提供いただいた日用品や食料品等を安価で販売し、こちらも大盛況でした。

PTA謝恩品バザー ドーナツ袋詰めの様子
PTA食品バザー 生徒食事の様子

 

<PTA本部役員保護者の感想>
「食品バザーでは、保護者手づくりによるカレーライス、焼きそば、フランクフルトやドーナツを仕入れて販売し、昨年より早い時間に完売することができました。」

「謝恩品バザーは、朝11時の開店とともに多くの保護者や地域の皆様に来ていただけました。100円から1,000円までの安価な価格で、調理器具、タオルのセットや石鹸、洗剤などが売られました。今年もたいへん多くの方に購入していただき盛況でした。」

<生徒の感想>
「PTA 役員の皆さまが朝早くから食品バザーとして焼きそばやカレーライス等を作ってくださり、お腹も気持ちも満たすことができました。本当にありがとうございました。」

岐阜県立大垣商業高等学校の学校情報を発信しています。