課外活動プログラム2022「⑫飛騨の先輩に学ぶ~書~」が実施されました。

7月16日(土)に飛騨市美術館にて、飛騨市出身の茂住菁邨氏による書道のワークショップが行われ、本校生徒1年生6名が参加しました。新元号発表の「令和」の文字を揮毫された書家である茂住氏によるワークショップということもあり、生徒たちは緊張した様子で書道を教えていただきました。筆の持ち方、動かし方、書く姿勢など事細かなところまで指導していただき、一つの書を完成させるのに、最初から最後まで集中して書くことができました。

“お手本通り”に書くのではなく、“自分の思った通り”に書くことに生徒たちは少し戸惑いを感じながらも、自分らしく書くことができ、充実した時間を過ごすことができました。

茂住先生の個展も見学しながら、その書に込めた思いなどの話を聞くことができ、非常に贅沢なワークショップになりました。茂住先生ありがとうございました。

カテゴリー: YCKプロジェクト, 吉高today, 吉高ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です