学校長挨拶 70年の歴史と伝統、そして明日へ

~飛騨から世界を望み、地域社会の持続可能な発展に貢献します~

本校は、岐阜県の北部にある飛騨市にあり、安峰山の麓の高台にある校舎からは、清流宮川、荒城川が流れる古川盆地の町並みが一望できます。飛騨市は、「古川祭」や「飛騨神岡祭」などの伝統行事や、NHKの朝ドラ「さくら」や平成28年に上映された「君の名は。」でも注目され、国内外から多くの観光客が訪れます。

本校の歴史は、昭和23年旧吉城郡1町6村の組合立吉城高等学校に始まり、昭和28年に県立に移管、48年に理数科を設置、53年に現在は古川小学校がある増島町から上気多の地に移転し現在に至っています。

本校の校訓は、「行学一致」「自主・創造」「心身の錬磨」です。つまり、学んだことを実践に移し、自ら課題を見つけ、解決し、新しいものを作り上げる。そして自分自身を鍛えるということです。知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな生徒の育成を目指しています。

昨年11月11日(日)には、多くの同窓生の方々の御支援を受け、吉城高等学校創立70周年記念式典を挙行することができました。記念講演には、東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章卓越教授をお招きしました。この節目に、吉城高校では、将来を見据えた改革に取り組んでいます。少子化が進展する中で、質の高い教育を保証し、生徒一人一人の進路希望を実現する高校として、平成30年度入学生から30人学級を実現し、今年度入学生からは、進学重視型単位制に移行しました。単位制になることによって、今まで以上に、生徒の進路希望に応じた多様で実践的なコース・選択科目が用意できる教育課程となっています。また、理数科では、県の「理数教育フラッグシップハイスクール」、いわゆる岐阜県版の「スーパーサイエンスハイスクール」の指定を受け、タブレットの導入や質の高い実験実習ができるようになりました。今年度からは、YCKプロジェクトのリーダー活動や台湾研修なども「地域課題探究」や「国際理解探究」として1単位の授業として認められます。

今年度から始まる第三次岐阜県教育ビジョンの大きな柱に、「ふるさと教育の充実」があります。すでに吉城高校では、課題解決型のキャリア教育として、平成27年度から「吉高地域キラメキプロジェクト」、いわゆるYCKプロジェクトに取り組んでいます。地域を学びの場として「観光」「福祉」「教育」「防災」の四分野に取り組むこの活動は、全国でも先進的な取り組みとして評価され、昨年度「地域学校協働活動に係る文部科学大臣表彰」を受けました。現在、「大学入試改革」が進められており、国公立大学においても、AO入試や推薦入試の定員が増加していきます。これまで求められてきた、「知識・技能」、「思考力、判断力、表現力」に加えて、「主体性を持って、多様な人々と協働して学ぶ態度」が求められるようになります。これから必要とされる学力・能力は、机の上の学習だけで身につくものではありません。学んだ知識をもとに、地域の方々と一緒に課題解決に取り組むYCKプロジェクトや、理数科における課題研究などの実践によって磨かれていくものです。さらに、昨年度7月には、持続可能な社会の担い手を育てる教育をすすめる「ユネスコスクール」への加盟も承認されました。

第三次岐阜県教育ビジョンのもう一つの柱に「ICT環境の整備と利活用の推進」があります。、各教室の黒板がホワイトボードに代わり、プロジェクターや無線LAN、実物投影機などが整備され、授業の形態が様変わりします。整備されるのは今年の夏頃かと思いますので、それまでに、研修・研究を重ねながら、授業改善に取り組んでいきます。さらに、各教室にエアコンが設置され、夏も涼しい環境の中で生徒達は学習に取り組むことができるようになります。

今後とも教職員一丸となって、学校改革・改善に取り組み、生徒が将来地域はもとより世界で活躍する人材となれるよう支援してまいりますので、本校の教育活動に対し、多くの方々の御理解と御支援をお願い申し上げます。

吉城高等学校 校長 日江井 孝浩