学校長挨拶 70年の歴史と伝統、そして未来へ。

~飛騨から世界を望み、持続可能な地域社会の発展に貢献する~

 本校は普通科、理数科の2学科からなり、校訓『行学一致、自主・創造、心身の練磨』のもと、生徒一人一人の進路希望に応じて、きめの細かい指導をしています。

清流宮川、荒城川が流れる古川盆地を臨み、安峰山の麓に位置する自然環境に大変恵まれ、学校からは飛騨古川の歴史ある美しい町並みが一望できます。日本を代表する美しい環境は、「君の名は。」でも注目され、近年、海外からも多くの観光客が訪れます。

本校の歴史は、昭和23年旧吉城郡1町6村の組合立吉城高等学校に始まり、昭和28年に県立に移管、48年に理数科を設置、53年に現在は吉城特別支援学校が設置されている増島町から上気多の地に移転し現在に至っています。平成30年11月11日(日)に度に同窓会主催で、吉城高等学校創立70周年記念事業が計画されています。

 吉城高校では、この節目に、将来を見据えた改革を進めています。少子化が進展する中で、質の高い教育を保証し、生徒一人一人の進路希望を実現する高校として、30人学級の実現、地域と協働した課題解決型学習「吉高地域キラメキ(YCK)プロジェクト」の推進、進路希望に応じた多様なコースや科目選択の設定、また、理数科は特進科として「理数教育フラッグシップハイスクール」の指定を受けるなど、これからの社会で求められる人材育成と高大接続改革に対応していきます。これらを円滑に進めるため、31年度入学性から進学型の単位制を導入します。

吉城高校の進めるYCKの目的は、参加した生徒が大きく成長し、自身の進路を開拓するとともに、課題解決能力など、将来にわたり持続可能な社会の形成者としての礎を築くことだと考えます。今年度7月に加盟が承認された「ユネスコスクール」の理念や、大学入試制度改革の理念と方向性を同じくするものです。

また、地方創生の動きの中で、「公立高校が地域活性化の中核」としての役割を果たすべきとの国の動きの中でその役割を果たしていけるものと考えます。

今後とも教職員一丸となって、学校改革に取り組み、生徒の成長を支援してまいりますので、本校の教育活動に対し、多くの方々のご理解とご支援をお願い申し上げます。

吉城高等学校 校長 鈴木 健

平成30年度 入学式 学校長式辞 「創立70周年を節目に変革する吉城高校」

平成29年度 卒業式 学校長式辞 「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」

平成29年度 入学式 学校長式辞 「吉城高校の歴史と地域社会への貢献」

平成28年度 卒業式 学校長式辞 「吉城坂を一歩一歩上るように非認知能力を磨く」

平成28年度 入学式 学校長式辞 「飛騨から世界を望み、地域社会の持続可能な発展に貢献する」