課外活動プログラム2022「③市長による夏の特別補習」を実施しました。

7月28日(木) 12:45~15:30に、本校会議室にて夏の特別補習講座が開かれました。今年度で4回目の実施になります。参加した生徒たちは“もし自分が飛騨市長だったら…”という視点で市民に喜んでもらえるようなアイデアをグループで考えました。

検討課題①飛騨市内のスーパーが1度に数店舗閉店したので、買い物に行けない高齢者が困っています。

検討課題②田んぼの手入れや棚田の石積みをしたくても住民がいないので景観が荒れ果てています。

検討課題③飛騨市では、薬草が豊富であることに着目して、もっと人を呼び込みたいと考えています。

生徒のアイデアの中には、実際に市役所で取り組まれているものもあり、市長さんからは「市役所で行われている議論と変わりないくらいよく考えられている」と評価をいただきました。

本校での地域連携や課題解決能力を身に付けるために、よい経験ができました。

カテゴリー: YCKプロジェクト, 吉高today, 吉高ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です