課外活動プログラム2022「③小学生サイエンス教室」を実施しました。

8月8日 (月)に飛騨市教育委員会の協力のもと、小学5・6年生を対象に「小学生サイエンス教室」を実施しました。

理科教室では「DNAって何?」というテーマで、DNAの二重螺旋構造をビーズなどを使って、模型を作成しました。

算数教室では「マジックの暗号を解読せよ!」というテーマで、2進数を用いた数当てマジックを行いました。

小学生には難しい内容でしたが、一生懸命高校生のお兄さん・お姉さんの話に耳を傾け、頑張って取り組んでくれました。

また、授業者として参加した生徒達も、夏休み前から授業の内容、授業の進め方など、小学生がどうしたら喜んで、楽しく授業に取り組んでくれるだろうかと模索し、準備を進めてきました。授業本番は緊張しましたが、丁寧に説明したり優しく小学生に接したりする姿がとても印象的で、素敵なサイエンス教室になりました。

カテゴリー: YCKプロジェクト, 吉高today, 吉高ニュース, 理数科 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です