検定・資格を取る。
あなたは将来どんな職業に就きたいですか。その仕事は20年後も必要とされているでしょうか。急速に発展しているAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)技術に、全て任せられる職業がこれからますます増えていくことでしょう。これからは、単純な機械操作で済むような仕事は次第に無くなり、高度な資格と豊富な経験がないとできない職業しか生き残れないといわれています。そのためには、本校在学中に高度な専門資格を一つでも多く取得し、自分自身のスキルアップに心がけて下さい。下の一覧表は、本校において取得を奨励している資格・検定です。あなたも、国家資格・各種検定に挑戦しましょう!

「国家資格」

種類 主な内容
危険物取扱者
乙種1類~6類
危険物取扱者
甲種
乙種は試験に合格した種類の危険物の管理、立ち会い、保安監督
甲種は、受験できる高度な資格すべての危険物の立ち会い、保安監督
工事担任者
DD1種~3種AI1種~3種
DD・AI総合種
電気通信回路設備、端末設備又は自営電気通信設備の接続工事
(デジタルとアナログで工事の範囲が異なる)
電気主任技術者第3種 事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安監督
電気工事士
第1種
第2種
第1種は一般用電気工作物及び自家用電気工事物の工事の作業に従事できる資格
第2種は一般用電気工作物の電気工事の作業に従事できる資格
情報処理技術者
基本情報技術者
ITパスポート
コンピュータの仕組みやソフトウェア、データベースなど基礎的な知識やシステムの開発、市販ソフトを使いコンピユータを扱う能力ネットワークシステムの計画、設計、データベースシステムの開発
2級建築施工管理技術者
(学科のみ)
建築一式工事の実施に当たり、その施工計画並びに施工管理を行う際の指導的技術者として、認められる資格。
2級土木施工管理技術者
(学科のみ)
土木工事の実施に当たり、その施工計画並びに施工管理を行う際の指導的技術者として、認められる資格。
測量土補
測量士
国土地理院が行う基本測量及び地方公共団体の公共測量などを計画、作業に従事できる資格
消防設備士 
乙種1種~7種
火災報知器などの警報設備や避難訓練設備の工事等に必要な資格・乙種は整備、点検、特に6類は消火設備に携わる業務ができる
ボイラー技士
2級
学校、事務所、病院などのボイラーの運転や保守管理
(この資格取得には、事前に講習を受ける必要あり)
ガス溶接技能者 アセチレンガスや酸素を使用して、鉄等の金属を溶接する作業
(講習会を受講し、試験、実技講習を行う)
小型車両系建設機械運転
業務特別教育
3t未満の車両系建設機械(整地用等)の運転業務ができる資格
高所作業車運転特別教育 作業床10メートル未満の高所作業車の運転業務ができる資格
技能検定
2級
3級
普通旋盤作業
(機械科)
建築大工作業
(建設工学科)
技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。
公害防止管理者
水質関係
1種~4種
公害発生施設、または公害防止施設の運転、維持、管理、燃料、原材料の検査等を行うために必要な資格。
※その他、情報処理関係、通信関係など多数あります。
詳しくは、担任や各工業科の先生に相談してください。
高校生として、取得できる資格には制限がある場合もありますが、努力次第で多くの資格を取ることができます。3年間でひとつでも多くの資格試験にチャレンジしましょう。

「各種検定」

種類 主な内容
計算技術検定試験
1級~3級
関数電卓を使って計算する能力1、2級は数学の知識も必要
情報技術検定試験
1級~3級
情報技術の基礎、プログラムの作成、応用できる能力
パソコン利用技術検定
1級~3級
パソコンに関する基礎知識、ソフトを利用して文章を作成したり作図をする能力
基礎製図検定試験 機械製図に関する基本的な能力
機械製図検定試験 1次は基本的内容、2次は総合的な知識、実技能力
建築CAD検定
2級~3級
JW-CADを使って建築図面を作成する能力
3級は建築図面のトレース能力、2級は平面図から詳細図を起こし、外観パースから立面図を作図する能力
リスニング英語検定試験
1級~3級
英語を聞いて、内容を理解する能力 (得点により級が決定)
1級:90点以上 2級:80点以上 3級:70点以上
漢字検定 
2級~3級
漢字の読み、書き、部首、構成などを理解し、文章の中で適切に
使える総合的な漢字能力
日本語ワープロ検定 日本語ワープロソフトの有効な利用を通じて、日本語の入力および文書処理能力を身につける。
品質管理検定(QC検定)
3級~4級
近年企業で多く取り入れられている資格で、工業生産の改善方法や品質管理に関する知識・技術を身につけるためのものである。
※その他、各種の検定にチャレンジします。

「ジュニアマイスター顕彰」

公益社団法人全国工業高等学校長協会では「ジュニアマイスター顕彰」という制度を設けています。工業高校在学中に取得した資格や検定および各種競技・コンクール等での優秀な成績等をジュニアマイスター顕彰に係わる区分表から得点に換算し、合計した点数により、「ジュニアマイスターブロンズ」(20点以上30点未満)、「ジュニアマイスターシルバー」(30点以上45点未満)、「ジュニアマイスターゴールド」(45点以上) に認定されます。
さらに60点以上取得した場合には、ジュニアマイスターによる特別表彰を受けられます。
*詳しく知りたい人は、各学科の先生に問い合わせてください。

ジュニアマイスター顕彰制度についての詳細は公益社団法人全国工業高等学校校長協会(外部ページ)をご覧ください。
〒509-0202 岐阜県可児市中恵土2358-1
TEL:0574-62-1185 FAX:0574-63-6765
E-Mail:c27348@gifu-net-ed.jp