R4 軟式野球部 練習試合レポート

9月10日(土)に富山県立富山商業高校と、富山商業高校のグラウンドで練習試合を行いました。富山商業高校は9月に、本校は来月の大会に向けての実戦経験を身に付けるために試合をさせていただきました。

第1試合 吉城 9-0 富山商業

攻撃面ではフライを上げないバッティングを中心に、様々なケースに対応し、ただ打つだけでない意識を持ったバッティングを心がけて各選手が打席に立つことができました。特に進塁打を打ちたい場面で、今まではことごとくフライをあげ、チャンスを逃していましたが、打球をゴロにすることで、進塁打につながる場面が増えました。守備面では、バッテリーを中心に打たせて取る守備を心掛けました。三振も取れるのは本校バッテリーの魅力ではありますが、これからの大会に向けて大会で勝ち抜くことを踏まえ、球数を抑える守備を意識しました。内野・外野の守備に大きくミスがなく、ピンチの場面でも各ポジションで、各ケースに応じたベストの対応ができていたため、0点に抑えることができたのかなと思います。甘い球を逃さずしっかり振ってくる富山商業さんの攻撃を0点に抑えることができたのは良い成果だったと感じます。

第2試合は、両チームとも部員数が多くなく、2番手・3番手ピッチャーがなかなかいないこともあり、5回までの試合形式での練習を行いました。その時でも、第1試合の意識をもって臨むことができ、学ぶことが多くあった練習試合でした。

県外練習ではありましたが、受けていただいた富山商業高校に感謝しつつ、10月の公式戦に向けて良い結果が出るよう練習を重ねます。

カテゴリー: 吉高today, 吉高ニュース, 軟式野球部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です