R4 軟式野球部 地区総体レポート

8月15日・16日にはしま清流スタジアムにて、岐阜・飛騨地区総合体育大会が行われました。岐阜地区の岐阜高校、岐阜聖徳学園高校、県立岐阜商業高校と飛騨地区の本校、計4校でのトーナメント形式での大会でした。選手権大会に負けてから、この大会に向けて暑い中練習し、体力をつけて頑張ってきました。また、この大会に関しては男子選手だけでなく、女子選手も吉城高校として出場ができるということで、先日入部してくれた女子選手2名も背番号をもらい、大会にでました。

8月15日  第1回戦  吉城 0ー2 県立岐阜商業

2回に連打を打たれ、2点先制されました。その後は暑い中、バッテリー中心に締まった試合を行うことができました。ただ、なかなか攻撃面でプレッシャーを与えることができず、無得点でした。3塁打が2本出ましたが、そのチャンスも生かすことができず、非常に残念な敗退になってしまいました。

8月16日  第2回戦  吉城 0-7 岐阜聖徳学園 (7回コールド)

2回戦は、前日の試合で負けたどうしの対戦となり、岐阜聖徳学園との試合になりました。連戦もあり、エースピッチャーが投げることができず、それぞれいつもの守備位置とは少し違う場所を守る形での試合になりました。やはり、その守備面でミスが続き、一気に5点取られてしまい、序盤から崩れたゲームになってしまいました。攻撃面は前日同様なかなかヒットが続かず、チャンスが生かせずまた無得点でした。

 

ピッチャー中心に守りが強くなってきているチームなので、攻撃面をより強化できるよう練習していきます。次は10月にある大会に向けて、次こそはまず1勝できるよう頑張ります。

カテゴリー: 吉高today, 吉高ニュース, 軟式野球部 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です