1年生「大人と語る会」を開催しました!

12月11日(水)

1年生の総合的な探究の時間で「大人と語る会」を開催しました。

前回の2年生に引き続き、今回も、飛騨地域の観光、医療福祉、美容、IT、金融、農業などに携わっている方、総勢46名が協力してくださいました。

高校生は地域の大人と交流することが少ないので、前半は、「年末年始楽しみにしていること」や「今だから言えるごめんなさい」といった親しみやすいテーマで交流しました。

後半は、高校生に対しては、「10年後の自分がしていたいこと」、 大人に対しては、「仕事のやりがい」といった自分のキャリアや進路を考えるテーマで語り合い、中には話が盛り上がり、自分たちでテーマを設定しているグループもありました。

【生徒の感想】
・大人は、最初からなりたいと思っていた仕事があって、今その仕事しているかと思ってたけど、自分に合った仕事を見つけて、それにやりがいを感じて生活しているのがすごいと思いました。
・自分と似たタイプの方がどのようにして職業を決めたのかを知ることができてよかった。
・もう少し時間が欲しかった。もっと話をしたい。

【大人の感想】
・高校生とは企業説明会などで話す機会しかないので、とても充実した会でした。
・「自分の好きなことを仕事にしたい」「地元に帰って仕事をしたい」という言葉が生徒から聞けてとてもうれしかった。この子たちの思いが実るように、大人としてお手伝いができたらと感じました。

高校1年生の頃から自分の夢や就きたい職業観を持っている生徒が多いことに、参加くださったみなさんはびっくりされていました。しかし、高校生1年生までの間に得られる情報や経験値は少ないので、「やりたいこと」と「できること」の領域を広げるために、興味のあることや気になったことは、自ら情報を取りにいってほしいというご意見もありました。

大人と語る会には、1,2年生合わせて100名以上の大人が快く協力してくださいました。吉城高校がいかに地域に支えられているのかということを再認識する機会にもなりました。本当にありがとうございました!!

カテゴリー: YCKプロジェクト, 各種お知らせ, 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です