乗鞍学習会(8/5~8/8)

国立乗鞍青少年交流の家において、3泊4日の乗鞍学習会が行われました。今年は、定員いっぱいの50名の生徒が申込み、標高1500mの冷涼な空気の中、スマホもゲームもテレビもない環境で、彼らは、一日10時間以上の学習に励みました。2日目、3日目には神岡のKAGURAで研究活動されている東京大学大学院生の柿本航さん、田中健太さんにお越しいただき、学習サポートをしていただきました。自己紹介の後、生徒たちからは、勉強方法から普段の日常生活のことまで様々な質問が出されましたが、お二人は、一つ一つに丁寧に、時には笑いもまじえて答えてくださいました。                 志望校合格を目指して努力する高校生たちにとって、お二方の知識だけでなく、学問に向かう姿勢やたたずまいそのものが大きな刺激になったようです。

 

 

カテゴリー: 吉高today パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です