大学見学会

7月27日に、1、2年生希望者が富山大学へ大学見学に行きました。今年度は1年生33名、2年生16名の49名の参加がありました。

行きのバス内で富山大学の説明DVDを視聴し、到着後、富山大学に在学している卒業生の先輩方3名(理工学研究科M1年池尾さん、理学部2年河合さん、経済学部1年駒さん)に大学での生活や研究、進路選択で大切なことなどを話していただきました。「勉強をするときは量も大切だということや偏差値はできるだけ高い大学を目指すと良いと言われた意味などが分かりました。(1年男子)」

その後、それぞれ希望の学部に分かれて学部紹介や模擬授業などに参加しました。「理学部では授業の前に学部内を見学させてもらいました。低温実験室に入ってマイナス20℃を体験しました。とても楽しかったです。模擬授業ではおでこを近づけるだけで測れる体温計の測定のしくみや神岡にあるKAGRAの実験の説明を聞き、色んなことが知れて良かったです。(1年男子)」

また、医学部看護学科・薬学部を希望した生徒は、バスで杉谷キャンパスまで移動して学部説明や模擬授業を受けました。広いキャンパス内の建物すべてが棟続きになっていると聞いて、生徒たちは驚いていました。「大学へ初めて行って、大学進学したいと改めて思いました。今まではホームページで見て調べていたけど、実際に行ってみると雰囲気が味わったことのない感じで、勉強を頑張ろうと思いました。(1年女子)」

初めて大学内に入ったという生徒が多かったこともあり、大学の説明や模擬授業に加えて、キャンパスの雰囲気を感じられたことは貴重な経験となりました。将来の進路選択の一助となれば幸いです。

カテゴリー: 吉高today パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です