理数科1年生 校外研修

11月6日(金)に理数科の1年生がサイエンスワールドにて校外研修を行いました。

生徒は2つの体験プログラムに参加し、最先端の科学技術を体験しました。
DNA鑑定を行う「科学捜査入門」では、指示に従い集中して実験に取り組む姿が印象的でした。事前にDNAや制限酵素、電気泳動について学んでいたことを実験を通して体験することが出来ました。担当者からは「ミスなく全班で結果が出たのは今回が初めてだ」と褒めていただきました。
「酸化チタンの光触媒効果とカラフルプレート」では、酸化チタンに空気清浄効果や殺菌作用があることやその性質が生活に活用されていることを学び、お土産として酸化チタンの性質を利用したキーホルダーを作成しました。

今年度はコロナウイルス感染症の影響で、宿泊無しでの校外研修になりましたが、生徒にとって最先端の科学技術を実際に体験できるいい機会になりました。

 

カテゴリー: 吉高today パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です