【速報】令和6年度大学入試 (途中経過)

≪令和6年度入試 国公立大学 合格おめでとう!≫

大学入試共通テスト無および大学入試共通テスト有

学校推薦型選抜および総合選抜

令和6年 2月14日現在 36名合格

国立大学

名古屋大学    1名      岐阜大学  13名

愛知教育大学   2名      静岡大学  1名

信州大学     3名      富山大学  2名

埼玉大学     1名      新潟大学  1名

 

公立大学

岐阜県立看護大学 3名      愛知県立大学  1名

公立千歳科学大学 1名      都留文科大学  1名

高崎経済大学   1名      前橋工科大学  1名

長野県立大学   1名      公立諏訪東京理科大学1名

滋賀県立大学   2名

順不同

ポスターセッション(1年探究)

1月25日、本校体育館において1年生のポスターセッションを開催しました。

1年生の探究のテーマは「岐阜市の魅力と課題」、これまで調べてきたことをグループで1枚のポスターにまとめてクラス内発表を行い、各クラスの代表チームがこの日、体育館で発表を行いました。各ブースでは質問が飛び交い、活気あふれる発表会になりました。

★長良公園イルミネーション★

12月18日から長良公園で14年ぶりにイルミネーションが実施されています。

実は、このイルミネーションを復活させたのは長良高校2年生の三島瑠心くんを中心とした高校生による実行委員会の尽力なんです。

三島くんはイルミネーションを復活すべく、自分で市役所にかけあい、仲間を集めて実行委員会を立ち上げ、長良東青少年育成市民会議のみなさんのお力添えをいただきながら、毎日のように会議や作業を進めてきてきました。

この実行委員会には長良高校からは委員長の三島くんの他、末崎愛莉さん(2年)、木村友香さん(2年)、杉山絢音さん(2年)、村瀬真苗さん(2年)が参加しています(実行委員会にはこの他にも、岐阜北高校、加納高校、岐山高校、岐阜総合高校、鶯谷高校のみなさんがいらっしゃいます。)。

イルミネーションは長良公園の沈床花園で12月25日までの間、毎日17:00~20:30で実施しています。

ぜひ、長良公園にお越しいただき、イルミネーションを楽しむとともに、高校生のパワーを感じ取っていただければと思います。

長良公園イルミネーションチラシPDF

 

【卓球部女子】団体県4位入賞 東海高等学校新人卓球大会出場権獲得!

11月18日(土)~19日(日)に感謝と挑戦のTYK体育館に体育館において行われた岐阜県高等学校新人卓球大会において、女子が4位に入賞し、東海高等学校新人卓球大会の代表権を獲得しました。

これまでの試合で得たシードポイント数に基づき、富田・関商工・県岐商に続く第4シードからのスタートとなりました。初日に二回戦で有力校の一つである中京高校と試合を行い、エース対決を制してストレートで勝利。そのまま勢いに乗り、全中経験者を擁する第5シードの岐阜高校を3-1で下し、ベスト4で東海新人大会の代表に内定しました。

2日目は代表に内定している富田・関商工・県岐商・長良の4校での順位決定戦に臨みましたが、初戦の敗退から流れに乗り切れず、最終順位4位で県大会を終えました。

男子もベスト8に入賞し、代表権獲得まで後1勝という所までたどり着きましたが、最後の最後で取り切ることが出来ず、最終順位6位で惜しくも県大会で敗退となりました。

女子決勝リーグにおいては惜しくも勝利には届かなかったものの、どの試合も接戦となっており、上位校と大きな差があるわけではありません。今回2位に入賞した県岐商を地区大会で破っていることもあり、再戦時の結果は予想できません。東海大会において、全国大会の枠をかけて争う際には雪辱を果たす決意です。

まだまだ本校卓球部の挑戦は続きます。普通科進学校において、普通ではないことを成し遂げようとしている選手たちに向けて、引き続き応援をよろしくお願いします。

岐阜大学院生との懇談会(2年総合探究)

2年生は探究活動において興味のある分野について岐阜の現状と課題等についてグループで調べています。10月31日に岐阜大学院生との懇談会が行われ、生徒たちは大学院生にこれまでの探究活動で取り組んできたことについて説明し、論理的な思考に必要な視点等について具体的なアドバイスをもらいました。これからはそれらの助言をもとに探究活動を進めていきます。

岐阜大学川瀬真弓助教授による講演会(2年生探究推進)

本校2年生は、岐阜の課題について5つの分野に分かれ探究活動を進めています。6月27日(火)に岐阜大学社会システム経営学環Coデザイン研究センター川瀬真弓助教授より「2023年度SDGs探究活動の取り組み方」について、探究活動を行うことで期待される学びや今後の取り組み方、ChatGPTなどについて講演をしていただきました。1月には英語によるプレゼンテーションを行うことになっています。

SDGsワークショップ(2年探究)

 

6月13日(火)にサンメッセ総合研究所(Sinc)岡部孝弘様より「SDGsで触れる私たちのみらい~SDGsとは何か~」について、SDGsについての基礎的な知識やSDGs達成のための企業の取り組みなどについて講演をしていただきました。

6月20日(火)もサンメッセ総合研究所(Sinc)様によるSDGsワークショップを実施しました。カードを用いながら、SDGsに関する社会的課題のトレードオフポイントを見つけて、3つのリソース(資源)を使い、社会を変革し、誰も取り残さないアイデアについてグループで話し合い、まとめ、各クラスで発表を行いました。生徒たちは難しいと言いながらも、グループ内で様々な意見を出し合い、課題を解決するための方策について考えていました。