看護師についての講義

7月15日(木)に生活文化科3年生福祉看護類型の生徒が、御嵩町内の病院で看護師長として長年勤務された方による、看護現場の実情等についての講義を受講しました。「看護師は人とのコミュニケーションがとても大切であり、そして一番大切なことは、常に、人と関わる中で謙虚な気持ちを忘れず接することである」など、どの職業にも通ずるお話しが印象的でした。ありがとうございました。

看護師講話の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください