学校概要


校章の由来

emblem

本校の校章は、昭和35年4月に制定されたもので、「あずさ」の四葉に「高」の字を配したものである。四つの葉は、本校の校訓「勤労・責任・進取・創意」を象徴したものである。

「あずさ」即ち「ミズメ」は山野に自生する喬木で固い上にねばり強く弓の材に利用され、堅実さと、たくましい意思及び無限の発展を意味するめでたい木である。


校訓

勤労 責任 進取 創意

勤労  自己の在り方、生き方、価値観を見いだす。奉仕活動、インターンシップ等を通じて望ましい勤労観、職業観を育成。
責任  自分の行動等、すべての結果についての責任は自分がとる。社会の一員としての自覚を深め、自らの行動に責任をもつ。
進取  今までの慣習にとらわれず、意欲的に挑む姿勢。チャレンジ精神の育成。
創意  独創的な考え、新しい工夫。基礎的・基本的な知識・技能および思考力・判断力・表現力を身につけ、主体的に課題解決する力をつける。

生徒の実践目標

(1)さわやかなあいさつを!

(2)授業に打ち込もう!めざそう資格取得!

(3)部活動に積極的参加!

(4)端正な身だしなみを!

(5)環境美化に努めよう!


校歌

kouka


沿革

大正・昭和(pdf)
平成(pdf)

令和元年10月
2年 1月
4月
12月
3年 2月
体育館照明LED化工事
ICT環境整備
商業科・生活産業科定員減
デジタルサイネージ設置【創立100周年記念事業】
川合グラウンド照明LED化工事【創立100周年記念事業】
第一棟屋上外壁等改修工事
4月 商業科・生活産業科 科名変更および定員増減
(ビジネス科・ビジネス情報科・生活デザイン科)
校門整備工事【創立100周年記念事業】
11月
4年 2月
4月
創立100周年記念式典挙行
第二棟調理実習室改修工事
商業科・生活産業科 定員増

Copyright © 岐阜県立東濃実業高等学校 All Rights Reserved.