syoyo-hs のすべての投稿

「本巣松陽PRESS NO.3」を掲載しました

伝達表彰・壮行会

今年度も幾度か行われている伝達表彰・壮行会を行いました。今回は、陸上競技部、ソフトボール部、書道部、空手、国語力セミナーを対象に行いました。各部とも、日頃の取り組みの成果を発揮し、好成績をおさめました。

 

また、今回は東海地域高等学校女子ソフトボール大会に出場が決まったソフトボール部と東海高等学校空手道選手権大会に出場が決まった髙田君の壮行会も行われました。ソフトボール部は夏の中日本総合、髙田君は同じく夏の全国高校総体以来の上位大会進出を決めました。

 

学校長より激励のメッセージをいただき、それぞれの代表がお礼の言葉を述べました。本巣松陽高校を背負って、大舞台での活躍を期待したいですね。
部活動に限らず、有志による取り組みについても今回は紹介することができました。これからも、校内に留まらない、本巣松陽高生の活躍を願っています。

キャリア講演会が行われました

平成30年11月15日(木)14時50分から、本校体育館におきましてキャリア講演会を実施しました。全校生徒、全職員に加え保護者も70名程度参加しました。講師は、大学研究科・フリーライター・教育ジャーナリストで株式会社キッズ・コーポ―レーションに所属されている山内太地(やまうちたいじ)先生です。「将来の進路の選び方―大学ジャーナリストが語る、時間と学費を無駄にしない学校選び―」という演題で、山内先生の体験談を交えながら、生徒を巻き込んでの大変有意義な講演でした。以下は生徒の感想の抜粋です。

・自分の考えていたことが、良い意味で揺らぎました。これからは視野を広めて志望大学を選んでいきたいと思います。
・とてもわかりやすかった。これからの進路を決めていく上で大事な話ばかり聞くことができてためになりました。自分は進路未定ですが、今この話を聞けたことは大変良かったと思います。
・最初から最後まで面白く聞くことができました。理系、文系に関係なく大切なところは同じだと思いました。
・講師の方の話し方や内容がとても興味深くて最後まで集中して聞くことができました。「自分のやりたいことは何か」「社会は何を求めているか」「自分の好きなことは何か」3つに共通して納得のできる職業選び、大学選びをしたい。
・面白おかしく日本の内情や世界のあれこれ等を教えていただき聴きごたえのある話でした。世界17ヵ国、日本の全大学を周ってきたというキャリアの持ち主から発せられる言葉は一つ一つに破壊力があり、自分の持っていた大学の知識が根本から崩されました。

 

芸術観賞会が行われました

11月1日(木)、芸術鑑賞会が行われました。今年度は3年サイクル(演劇=古典芸能=音楽)の演劇の年に当たり、劇団アルファー 青少年劇場の「爺さんの空」を鑑賞しました。
この演劇は、『愛する人を守り、国を守るために多くの若者が大空に飛び立ち、散った。先人たちが全身全霊をかけて築いた平和の尊さが人々の心から薄れていくいま、ふたたび平和の意味を後世に語り継ぎたい。』との思いで上演されたものです。上映時間が2時間にわたる作品でしたが最後の場面まで食い入るように観劇しました。

生徒の感想より一部を紹介すると、『祖父が以前戦争の話をしてくれた時があったが、また話を聞こうと思った。』、『暗転や場転が短時間でまるで映画を見るようだった、・・・泣きすぎて・・・でも見れてよかった。』、『私たち世代のまだ先がある子が戦争に参加して命を削っていたことを思うと今の私たちの平和さや豊かさを改めて感じた。』。『このような劇を見ることはほとんどなく自分で簡単に時間をつくれる訳ではないので本当に良かったと思いました。』などの感想がいっぱい書かれていました。

進路指導部

キャリア講演会

平成30年11月15日(木)14時50分から、本校体育館におきましてキャリア講演会を実施しました。全校生徒、全職員に加え保護者も70名程度参加しました。講師は、大学研究科・フリーライター・教育ジャーナリストで株式会社キッズ・コーポ―レーションに所属されている山内太地(やまうちたいじ)先生です。「将来の進路の選び方―大学ジャーナリストが語る、時間と学費を無駄にしない学校選び―」という演題で、山内先生の体験談を交えながら、生徒を巻き込んでの大変有意義な講演でした。以下は生徒の感想の抜粋です。

・自分の考えていたことが、良い意味で揺らぎました。これからは視野を広めて志望大学を選んでいきたいと思います。
・とてもわかりやすかった。これからの進路を決めていく上で大事な話ばかり聞くことができてためになりました。自分は進路未定ですが、今この話を聞けたことは大変良かったと思います。
・最初から最後まで面白く聞くことができました。理系、文系に関係なく大切なところは同じだと思いました。
・講師の方の話し方や内容がとても興味深くて最後まで集中して聞くことができました。「自分のやりたいことは何か」「社会は何を求めているか」「自分の好きなことは何か」3つに共通して納得のできる職業選び、大学選びをしたい。
・面白おかしく日本の内情や世界のあれこれ等を教えていただき聴きごたえのある話でした。世界17ヵ国、日本の全大学を周ってきたというキャリアの持ち主から発せられる言葉は一つ一つに破壊力があり、自分の持っていた大学の知識が根本から崩されました。

特別活動部

◎令和元年度
銀杏祭のご案内について

11月1日(木)、芸術鑑賞会が行われました。今年度は3年サイクル(演劇=古典芸能=音楽)の演劇の年に当たり、劇団アルファー 青少年劇場の「爺さんの空」を鑑賞しました。
この演劇は、『愛する人を守り、国を守るために多くの若者が大空に飛び立ち、散った。先人たちが全身全霊をかけて築いた平和の尊さが人々の心から薄れていくいま、ふたたび平和の意味を後世に語り継ぎたい。』との思いで上演されたものです。上映時間が2時間にわたる作品でしたが最後の場面まで食い入るように観劇しました。

生徒の感想より一部を紹介すると、『祖父が以前戦争の話をしてくれた時があったが、また話を聞こうと思った。』、『暗転や場転が短時間でまるで映画を見るようだった、・・・泣きすぎて・・・でも見れてよかった。』、『私たち世代のまだ先がある子が戦争に参加して命を削っていたことを思うと今の私たちの平和さや豊かさを改めて感じた。』。『このような劇を見ることはほとんどなく自分で簡単に時間をつくれる訳ではないので本当に良かったと思いました。』などの感想がいっぱい書かれていました。

生徒会だより

生徒会執行部発行11/1付

10月11日開催予定だった球技大会は、一日延期となり、予備日である10月12日に無事開催されました。当日は涼しく絶好のスポーツ日和となりました。開催された種目は4種。女子ではバレーとバトミントン、男子ではバスケとサッカーに分かれ全校生徒1人1人がチーム一丸となって優勝を目指し試合に臨む姿が見られました。
また、自分のクラスの応援に積極的に参加する生徒からの歓声で、終始明るく和やかな雰囲気で包まれていました。

 

閉会式の後は、後期生徒会役員の承認式が行われました。役員幹部合わせて12名で後期生徒会執行部を運営していきます。

 

今年度も11月1日体育館ステージで芸術鑑賞会を行いました。今年度は「劇団アルファ」さんによる「爺さんの空」を鑑賞しました。 戦時中の兵士たちの様子や周りを取り囲む環境、日本の雰囲気までもが、演者さんによる気迫のある演技を通して伝わってきました。2年生は先日、沖縄で平和学習をしてきました。平和学習を終えた今、戦争を題材にした演劇に触れることができたのはいい経験になったと思います。
次の学校行事は大繩大会です。これから寒い日が続きますが、防寒グッズ等を活用して校内での寒さ対策をして体調に気を付けてください!

★銀杏祭だより★

銀杏祭実行委員会

平成30年9月7日

みなさん、お疲れ様でした。今年も実行委員会をはじめ、多くの方の協力のもと無事銀杏祭を終えることができました。上手くいかないことやトラブルも、終わった今ではいい思い出ではないでしょうか!スマホ禁止など新しいルールの中、各団体が個性を見せることができたことも大きな成果だと思います。

★ポスター総選挙結果発表★

1位 2-2 香の迷宮 2位 1-7 モザイクアート 3位 3-7 カワイイs

学校行事

芸術観賞会が行われました。

11月1日(木)、芸術鑑賞会が行われました。今年度は3年サイクル(演劇=古典芸能=音楽)の演劇の年に当たり、劇団アルファー 青少年劇場の「爺さんの空」を鑑賞しました。
この演劇は、『愛する人を守り、国を守るために多くの若者が大空に飛び立ち、散った。先人たちが全身全霊をかけて築いた平和の尊さが人々の心から薄れていくいま、ふたたび平和の意味を後世に語り継ぎたい。』との思いで上演されたものです。上映時間が2時間にわたる作品でしたが最後の場面まで食い入るように観劇しました。

生徒の感想より一部を紹介すると、『祖父が以前戦争の話をしてくれた時があったが、また話を聞こうと思った。』、『暗転や場転が短時間でまるで映画を見るようだった、・・・泣きすぎて・・・でも見れてよかった。』、『私たち世代のまだ先がある子が戦争に参加して命を削っていたことを思うと今の私たちの平和さや豊かさを改めて感じた。』。『このような劇を見ることはほとんどなく自分で簡単に時間をつくれる訳ではないので本当に良かったと思いました。』などの感想がいっぱい書かれていました。

球技大会が行われました。

10月11日開催予定だった球技大会は、一日延期となり、予備日である10月12日に無事開催されました。当日は涼しく絶好のスポーツ日和となりました。開催された種目は4種。女子ではバレーとバトミントン、男子ではバスケとサッカーに分かれ全校生徒1人1人がチーム一丸となって優勝を目指し試合に臨む姿が見られました。
また、自分のクラスの応援に積極的に参加する生徒からの歓声で、終始明るく和やかな雰囲気で包まれていました。

 

 

ひびきあいの日で講演を聞きました

10月8日(木)に、ひびきあいの日ということで、LINE株式会社のオフィシャルインストラクター様よりご講義をしていただきました。情報モラルについて、「インターネットを使うときに気をつけること、考えること 」をテーマに、自分と人との違いに気づくことに触れながら考えていきました。

生徒からは、「人によって文字に対してとらえ方が違うので、文字だけのコミュニケーションをするときは注意しないといけないと感じた。」「いやなことは人それぞれ感覚が違うので、自分でいやなことをしているという感覚がなくても知らず知らずのうちにいやな気持にさせてしまうかもしれないので自分の発言には気を付けたい。」「LINEなどのSNSはとても便利なツールだけれども、感覚のズレがトラブルにもつながることを学んだので、状況によってLINEを使うのか、直接話すのかなど、自分のコミュニケーションの手段を選択しながら考えていきたいです。」などの感想がたくさん見られました。

今後SNS上でコミュニケーションをする際に、相手を思いやる気持ち(人権意識)を持って高校生活を送るためのよいきっかけになったのではないかと思います。

「銀杏祭だより」を掲載しました

★銀杏祭だより★

銀杏祭実行委員会

平成30年9月7日

みなさん、お疲れ様でした。今年も実行委員会をはじめ、多くの方の協力のもと無事銀杏祭を終えることができました。上手くいかないことやトラブルも、終わった今ではいい思い出ではないでしょうか!スマホ禁止など新しいルールの中、各団体が個性を見せることができたことも大きな成果だと思います。

★ポスター総選挙結果発表★

1位 2-2 香の迷宮 2位 1-7 モザイクアート 3位 3-7 カワイイs

生徒指導部

ひびきあいの日で講演会を聞きました

10月8日(木)に、ひびきあいの日ということで、LINE株式会社のオフィシャルインストラクター様よりご講義をしていただきました。情報モラルについて、「インターネットを使うときに気をつけること、考えること 」をテーマに、自分と人との違いに気づくことに触れながら考えていきました。

生徒からは、「人によって文字に対してとらえ方が違うので、文字だけのコミュニケーションをするときは注意しないといけないと感じた。」「いやなことは人それぞれ感覚が違うので、自分でいやなことをしているという感覚がなくても知らず知らずのうちにいやな気持にさせてしまうかもしれないので自分の発言には気を付けたい。」「LINEなどのSNSはとても便利なツールだけれども、感覚のズレがトラブルにもつながることを学んだので、状況によってLINEを使うのか、直接話すのかなど、自分のコミュニケーションの手段を選択しながら考えていきたいです。」などの感想がたくさん見られました。

今後SNS上でコミュニケーションをする際に、相手を思いやる気持ち(人権意識)を持って高校生活を送るためのよいきっかけになったのではないかと思います。