英語ディベート講習会

SGH Hida.T-Academiaの柱の一つである「コミュニケーション能力の伸長」を目指し、毎月1テーマを設定し、英語表現と現代文の授業の中でディベート活動を行ってきました。9月21日(木)、22日(金)に、大阪府立大学 中川智皓助教授他9名の講師をお招きし、2年生全員のディベートをジャッジ、ご指導をいただきました。これまでの練習成果を評価され、また今後の課題もいただきました。10月は「現金は廃止すべきだ」というテーマで行います。

2年生修学旅行

10月16日(月)~19日(木)に、2年生が修学旅行に行ってきました。初日に交通事故に伴う交通渋滞により、4クラスが予定した新幹線に乗車できないというハプニングがありましたが、全員が無事に九州に到着しました。予定通り到着した3クラスは被災した熊本城を見学した後、遅れたクラスとは島原の宿泊施設で合流しました。
2日目は、午前中の長崎市内研修の後、牧島でのペーロン体験を行いました。クラス対抗リレーでは、ペーロンを漕ぐ生徒、応援する生徒ともに全力で取り組みました。夜は長崎市内のホテルで、下平作江様を講師に被爆体験者講話を聞きました。
3日目は午前中に長崎市内で平和学習を行い、体験講話と併せて平和の尊さを実感しました。午後はハウステンボスに移動して班別研修となりました。異国情緒あふれる施設で、生徒たちは思い思いに楽しんでいました。
最終日は、太宰府天満宮を参拝、九州国立博物館を見学した後に帰路につきました。
研修中、雨に降られることもありましたが、笑顔あふれる4日間となりました。

地域活性化プログラム(2年C組in岐阜大学)

SGHの取り組みの一つ、地域活性化プログラムの提案に向けて、2年生が地域でフィールドワークを行っています。2年C組では「飛騨の農林業 現状と課題」に取り組んでいます。9月29日(金)岐阜大学応用生物科学部 前澤重禮教授にご指導をいただきました。夏休みに調査した内容から、今後の研究の方向性や掘り下げ方などの面から、有意義なご助言をいただきました。11月20日(月)の中間発表、1月31日(水)の発表会に向けて頑張っています。

地域活性化プログラム(2年C組 夏季休業中の活動)

SGHの取り組みの一つ、地域活性化プログラムの提案に向けて、2年生が地域でフィールドワークを行っています。2年C組では「飛騨の農林業 現状と課題」に取り組んでいます。8月1日(火)市役所農政課様、8日(火)駿河屋様、21日(月)JA様、22日(火)森のなりわい研究所、伊藤栄一先生から、行政面、流通面、農業従事面、林業運営面からお話を伺いました。また、8日(火)には、古い街並みに於いて飛騨農林業の特産物の知名度調査のため、観光客にアンケートをとりました。11月20日(月)の中間発表、1月31日(水)の発表会に向けて頑張っています。

将棋新人大会岐阜県大会 小畑諒晟君(1年生)準優勝

10月8日(日)に大垣市スイトピアセンター行われた第26回全国高校文化連盟将棋新人大会岐阜県大会において、本校の小畑諒晟君が、1年生ながら準優勝となり、来年1月に静岡県で開かれる全国大会への出場権を獲得しました。
小畑君のコメント
「将棋部のない斐太高校で全国への切符を勝ち取れたことは、とても意味のある勝利だと思います。普段はバドミントン部とインターアクト部を兼部し、空いた時間で将棋の練習をしているので、叶えたいと思ったことは、努力すれば実現できるんだと実感しました。全国大会では、1勝でも多く勝つことができるように、本番まで努力を怠らず臨みたいと思います。」

一日入学を実施しました

10月5日(木)に、一日入学を実施しました。当日は、飛騨地区を中心に400名を超える中学生が参加してくれました。開始式の後、学校紹介と授業参観、高校生と語る会を行いました。参加した中学生からは、斐太高校の日常を感じ取り、先輩との交流からさらに具体的な高校生活をイメージできて良かったという、とても前向きな声があがりました。

学習サポート

9月28日(木)、斐太高校生徒が飛騨地区内中学校を対象とした学習サポートを行いました。今回は本校生徒約300名が、飛騨地区内17の中学校、約900名の中学生に対して、英語と数学の学習サポートをしました。
中学生に教える立場となり最初は緊張した高校生サポーターでしたが、英語と数学の学習プリントに真剣に取り組む中学生を前に、笑顔と情熱で頑張る姿が印象的でした。また、高校生活や普段の学習に関するアドバイスや質疑応答などで、コミュニケーションを深め充実した取り組みとなりました。

前期終業式・伝達表彰・壮行会

9月28日(木)に、前期期末考査が終わり、斐太高校の前期の日程がすべて終了し、前期終業式が行われました。
前期終業式の後には、部活動の伝達表彰と壮行会が行われ、東海大会に出場する陸上競技部と卓球部の選手の健闘を称えるとともに、エールを送りました。

平成29年度 育友会PTフォーラム

9月8日(金)19:00より高山市民文化会館において,育友会主催PTフォーラムが開催されました。卒業生3名,卒業生の保護者2名の計5名を発表者としてお招きし,「受験への取り組み それぞれの立場から」というテーマで体験談等を話していただきました。保護者の出席者数は249名,後半は進路指導主事を加え,活気のあるシンポジウムとなりました。

感動の体育祭!

平成29度 体育祭 輪 ~深めよう絆~<結果>
総合優勝 青団  応援合戦 1位 赤団   企画運営 黒団
準優勝  黄団       2位 青団   (体育祭実行委員会)
3位   赤団       3位 黄団

9月8日(金)に体育祭が行われました。今年度の体育祭は、実行委員長の岡部りょうさんを中心に、実行委員会(別名 黒団)の皆さんが、企画・運営にあたりました。そして、各団(赤団団長 山本一輝君、青団団長 芝田一貴君、黄団団長 坂本蓮人君)がテーマ(赤「気炎万丈、青「雲凱蒼天」、黄「皇」)を胸に団席中央のマスコットが見守る中、全18種目の競技に一丸となって挑みました。応援は放課後1日1時間、10日間の団席練習、見事に仕上がった応援合戦の質の高さと圧巻のマスコットは、見ている全ての人の心を打ちました。天候不順により6日から延期され、かつ8日もグランド状況が良くなく、朝から生徒中心にグランド整備をし、何とか開催できた体育祭は全校生徒の熱い熱い気持ちが入り、来場者数も978人で感動のうちに幕を閉じました。