斐太高校 校歌

norikura

 

作詞 今村勝一 / 作曲 楠美恩三郎

一、 そそり立ちたる乗鞍の山
たぎち流るる宮川の水
山と水とを後(しりえ)に前に
控えて抱きてわれ等は集ふ
二、 久遠の理想はゆくてを照らし
自然の霊気はわれ等を包む
善友良師の導うけて
切磋琢磨の業(わざ)をば積まむ
三、 動かぬ山と汚れぬ水を
われ等の鑑(かがみ)といそしみ励み
磨きあげなむ勲(いさお)の真金
拾い出(いだ)さむ誉(ほま)れの真玉

【校歌】
明治41年(1908年)年元旦の拝賀式に始めて公式に歌われました。この校歌の生まれたそもそもの動機が、流行歌を生徒の口から封じるためにとられた手段でした。作詞の今村勝一氏は、本校の国語の教師であり、作曲の楠美恩三郎氏は東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)助教授。