斐高行進曲

kousin

作詞 福田夕咲 / 作曲 山下笛朗

一、 理想の峰はいや高く
壁なす巌根(いわね)立塞ぎ
雲霧深く閉ざすとも
敢然(かんぜん)としてたゆみなく
その頂を極めなむ
金光燦(さん)たる
蜻蛉(せいれい)章を
頭(こうべ)にいただく
斐高の健児
我等の前途は
希望に充てり
颯爽(さっそう)として
いざいざ行かん
二、 学びの森はいと深く
荊棘途(けいきょくみち)を
遮(さえぎ)りて
豺狼(さいろう)前を阻むとも
泰然としてためらわず
その奥底をさぐらまし
金光燦(さん)たる
蜻蛉(せいれい)章を
頭(こうべ)にいただく
斐高の健児
我等の前途は
希望に充てり
颯爽(さっそう)として
いざいざ行かん

【斐高行進曲】
本校創立50周年(1936年)の記念として作曲されました。作詞の福田夕咲氏は早稲田大学を卒業後、読売新聞社にて、文芸欄を担当し、山村暮鳥らと共に自由詩社を結成。北原白秋らと交友を結び、雑誌「自然と印象」に作品を発表しつづけました。家庭の事情にて、帰省。その後も文芸活動を続けました。作曲の山下笛朗氏は、本校の音楽教師で、飛騨地区の西洋音楽、学校音楽教育の草分け的人物。