送別歌

aisaki

作詞 金子暁男 / 作曲 阪巻正則

一、 巴陵をわたる朝の風
のぞみ羽ばたく飛騨の空
伝統古き園にきて
若き日の夢多かりき
まことの道を探りつつ
栄ある三年過ぎゆきぬ
二、 流るる水に影うつし
合崎橋を踏めばいま
別離のおもい雲とわき
白線長く波に浮く
学び舎遠くへだつとも
友よ忘るなそのこころ
三、 平和の鐘は音さやに
君が前途を祝うなり
乗鞍岳は峰白く
春の光に照り映ゆる
熱き血汐をたぎらせて
ゆけ若人よさらばいざ

【送別歌】
卒業式の後に行われる「白線流し」の時に、学校前を流れる大八賀川の校舎側の岸辺にて、卒業生への送別の意味で在校生が歌います。昭和35年(1960年)に作られました。高等学校第12回卒業生の金子暁男氏の作詞、同じく第13回卒業生の阪巻正則氏の作曲。