SGH Hida.T-Academia 地域活性化プログラム 発表会

1月31日(水)、2年生を中心に取り組んできた、地域活性化プログラムの発表会が、高山市民文化会館で行われました。4月より、校外でのご指導を受けながら、地域の抱える課題に取り組んできた成果が見られました。
アジア・オセアニア・フォーラムで行われた、氏原幸太君の英語でのプレゼンテーション “Water Pollution” に始まり、2年C組「一緒に飛騨を育てよう Yesか農家」、A組「美夜斐 MIYABI」、E組「平湯の活性化について考える」、B組「高校生が参画できるまちづくり」、F組「救命に関する “意識” 調査」、D組「外国人を呼ぼうto Hida」、G組「高山市のへき地医療の今とこれから」、と各クラスの研究発表が続きました。それぞれの発表に対し、東京大学工学部教授 西村幸夫先生と、高山赤十字病院副院長 竹中勝信先生から、ご指導をいただきました。審査の結果、有斐会長賞に2年A組、東京有斐会長賞に2年C組、名古屋有斐会長賞に2年F組が選ばれました。その後、クラス対抗英語ディベートの決勝戦がD組とF組の間で行われ、会場内が大いに盛り上がりました。
最後に、西村教授から「答えのない問題に取り組むことによって、若い思考力は大いに育ちます。今後も故郷飛騨の活性化への取り組みを期待します」というご講評をいただきました。SGHの研究指定は3年間です。2年生の取り組みを参考に、現1年生が来年はさらなる新風を吹かせてくれることでしょう。最後になりましたが、雪の中、多くのご来賓、保護者の皆様にご来館いただき、ありがとうございました。

放送部 「第67回全国高等学校スキー大会」開会式に参加しました

2月4日 日曜日、丹生川文化ホールにて行われた「平成29年度全国高等学校総合体育大会第67回全国高等学校スキー大会 開会式」に放送部作成の映像の出展、及び放送部1年生の牛丸裕太くんと渡邉紗永さんが式典の司会として参加しました。全国大会の開会式と言うことで学校行事などとは比べものにならないような式典準備やリハーサルの雰囲気に前日は司会の2名とも圧倒されていたものの、当日は立派に司会進行を務めました。プロの方々と一緒に式典を作り上げていく中で多くの経験を得ることができたようです。また、他の放送部員も今開会式を他の一般報道の方々と肩を並べ取材をさせていただきました。こちらもテレビ局の方や新聞社の方といろいろな話しをさせていただけたようで、映像作成スキル、アナウンススキルだけでなく取材スキル等いろいろな技術を磨くことのできる機会となりました。
今回得ることのできた知識と経験をもとに次の放送コンテストに向けて取材、作品制作に力を入れていきたいです。

全国高等学校文化連盟将棋新人大会 小畑君出場

1月26日(金)・27日(土)静岡県浜松市で行われました全国高等学校文化連盟将棋新人大会に本校1年生小畑諒晟君が県代表として出場しました。惜しくも決勝トーナメント進出は逃しましたが、他県代表との接戦を繰り広げ2勝し、96名中39位と善戦しました。
小畑君のコメント
「全国で2勝できたことは大きな自信につながりました。さらに練習を積み、来年行われる全国高等学校総合文化祭で勝てるよう頑張りたいです。」

実用講座(租税教室)

1月25日(木)の3、4限に、進路決定者(36名)を対象に租税教室を開催しました。講師には税理士の都竹基己様をお迎えし、税の種類や仕組みについて講義をしていただきました。都竹税理士は本校の高23回の卒業生です。スポーツ選手を例に挙げた税の種類の説明などが分かりやすく、生徒の税についての理解が深まりました。

SGH発表会

本校2年生が春から取り組んできたSGH(スーパーグローバルハイスクール)の発表会を実施します。

日時 平成30年1月31日(水)13:00~
会場 高山文化会館大ホール

HIDAKKO PROJECT 地域を活性化、超新祭の企画運営に活躍

1月20日(土)に高山市のひだしんさるぼぼ倶楽部サロン棟で開催された「超新祭」に、本校の有志団体HIDAKKO PROJECTのメンバーが参加しました。全国のスーパー高校生が活動発表をするこのイベントは、飛騨地域の高校生、社会人有志の団体「こころウキウキ」が企画したイベントですが、東日本大震災の被災地を活気づけるためにファッションショーを運営する高校生、名古屋で国際ボランティア活動をする高校生、五十か国以上の人と文通しフリーペーパーを発行する神奈川県の高校生など、魅力的な高校生が集結しました。準備段階から積極的に取り組んだ本校生徒も、全国のスーパー高校生との出会いに大きな刺激を受けた様子でした。
HIDAKKO PROJECT代表 鈴木日菜子(本校2年生)さんのコメント
「多くの方にイベントに来ていただき、たくさん刺激を受けて頂ける良いイベントになりました。これからもこのような素敵な機会をつくっていきたいです。」

学校長・前期生徒会執行部 顔合わせ会

12月より斐太高校2018年前期生徒会執行部が発足しております。
新執行部役員は1月25日(木)放課後、学校長との懇談会を行い、執行部役員としての抱負をそれぞれが熱く語りました。また、本校の良さや改善すべき点についても学校長と意見を交わし合い、より良い学校づくりへの第一歩となりました。
今後の生徒会執行部の活躍にご期待ください。

地元企業ガイダンス テーマは「Uターン」

1月15日、本校において高山市雇用促進協議会および高山市商工観光課の協力を得て、地元企業ガイダンスが行われました。本校からは進学や就職で進路の確定した生徒36名が参加しました。参加された企業の多くの先輩方からは激励を含めて貴重なお話しをいただきました。改めてお礼を申し上げます。
(午前の部)
・「地元就職のススメ」商工観光課の方の講義(奨励金、住居手当、奨学金返還の補助金等の説明)
・「Uターン就職者に話を聞く」(5人前後のグループでUターン就職者との懇談)

参加企業
高山グリーンホテル 高山信用金庫 飛騨産業 飛騨会計事務所
斐太農業協同組合 清徳会新宮園 清徳会南風園
飛騨高山ケーブルネットワーク 高山市役所

(午後の部)
・企業見学(武田テバファーマ、本校卒業生のUターン就職者による製造部門、検査部門の案内)
(生徒の感想)
・Uターン就職は家族の協力を得ることができたり、精神的にも経済的にも余裕が生まれることを知りました。また、大学生活では「これだけはやりとげたい」ということを決め、やりたいことをとことんやろうと思いました。本日はありがとうございました。
・薬品を作る工場で理系な感じがしましたが、今日お話ししていただいた方々は文系の方が多く、文系でも全然できる理系の職場があることに驚きました。私は文系ですが挑戦していきたいと思いました。

センター試験

1月13日(土)、14日(日)の2日間にわたって斐太高校を会場として実施されたセンター試験に、本校3年生200名が挑みました。試験前日には、壮行会を実施し学校長、進路指導部長、学年主任からの激励の言葉とともに、全教員からのメッセージを掲示し受験生を送り出しました。3年生にとっては勝負の2日間となりましたが、まだまだ進路決定に向けた道は半ば。努力の日々が続きます。3年生の頑張りが報われるよう、進路実現に向け学校一丸となって最後まで学習に励みます!

エンパワーメントプログラム

12月26日(火)~28日(木)の3日間、SGH(スーパーグローバルハイスクール)活動の一環として、英語のコミュニケーション能力向上のためのエンパワーメントプログラムを実施しました。1年生から3年生までの28名が本校を会場に、外国人留学生と英語漬けの3日間を過ごしました。英語の得手不得手にとらわれず英語でのコミュニケーション能力の向上に意欲のある生徒が集まり、さまざまな交流を図りました。最初は緊張した面持ちの参加生徒でしたが、全てのプログラムが終了する頃には、生き生きとした表情で外国人留学生との交流を楽しむまでに成長しました。