救急法講習会

9月28日(月)、高山消防署および女性消防団員の方にお越しいただき、救急法講習会を実施しました。今年度は、新型コロナの影響で講習会開催が危ぶまれましたが、ソーシャルディスタンスを保ちながら本校職員20名ほどが参加し、実施することができました。要救助者にもマスクの着用を施したり人工呼吸を実施せずに胸骨圧迫とAEDの使用のみで心肺蘇生を行ったり、感染症予防を踏まえた講習会となりました。受講者からは出血をともなった場合の対応や周囲が濡れている状況での対応はどうしたらよいかなど活発に質問が出ました。その後、本校養護教諭から、嘔吐物の処理やエピペンの使い方などの講習を行いました。