命を守る訓練(全校行事)

10月21日(木)に、新型コロナウィルス感染症で延期になっていた「命を守る訓練」を行いました。防災について学習したことを活かして、一度、避難指示があったのち、再度、余震が起きるといった設定の訓練でも、落ち着いて行動することができました。

保護者の皆様へ

 

岐阜本巣特別支援学校地域支援センターでは、本校在籍のお子様や保護者の方々、地域の学校等からの相談・支援活動を行っています。

ホームページに、【支援センターだより 第4号】を掲載しました。今回は、地域の幼・保育園、小学校、中学校、高等学校等への訪問支援や当校の相談活動の中で、実際に活用した正しい姿勢の習慣が身につくサポート用具について紹介しています。他にも支援センターにある支援具や書籍等は、貸出が可能ですので、興味のある方は担任の先生にご相談ください。貸出期間は原則2週間です。他機関に貸出をしている場合はすぐに貸し出せない場合がありますのでご承知おきください。

 

リンク先

支援センターだより 第4号 支援センターの支援具 貸出事例①:地域支援から

 

岐阜本巣特別支援学校 地域支援センター

校外学習(モレラ岐阜)

高等部2年生 モレラ岐阜へ校外学習(10月19日(火))に行きました。

前期の生活単元学習で、3色食品群を学び、バランスの取れた食事を調べたり、夏休みに自宅でつくったりしました。

後期に入り、3色食品群を取り入れたテイクアウトを調べ、今回実際にそれらをモレラ岐阜で購入してきました。

購入時は、セルフレジで自分で選んだ品物の会計をしたり、緊張しながらも注文したりすることができました。また、店内の出入り口には、手指消毒器が置いてあったり、エスカレーターの手すりに紫外線を照射する装置がついたりと、感染症対策の工夫がなされていることも学習することができました。

なお、テイクアウトした昼食は、保冷剤の入ったバッグから取り出し、教室でおいしくいただきました。

本校への就学をお考えの未就学児の保護者様へ

岐阜本巣特別支援学校地域支援センターで、小学部の学校案内を作成しました。学校の1日の流れや、学校内の施設等の紹介、給食を写真等で簡単に紹介しています。ぜひご覧ください。

★親子 がっこうの1日

★親子 がっこうたんけん

★親子 きゅうしょくしょうかい

前期終業式・後期始業式(全校行事)

9月30日(木)に、前期終業式・後期始業式を行いました。

各教室にて、校長先生のお話(校内放送)を聞きました。「前期、頑張った人は拍手をしましょう。」という校長先生からの言葉を聞いて、どの教室からも大きな拍手が聞こえてきました。

10月1日からは後期が始まります。緊急事態宣言は解除されましたが、毎日、元気に楽しく過ごすためにも、感染対策はこれからもしっかり行っていきましょう。

後期生徒会選挙(高等部)

9月22日(水)に、高等部 後期生徒会選挙が行われました。

各教室にてオンラインにより演説動画を見てから、投票会場(東体育館)に移動して、投票を行いました。どの候補者に投票するとよいか、動画を一生懸命見て考える様子がみられました。