「充実した学習支援」カテゴリーアーカイブ

名古屋大学第3回出前講座

10月11日(木)の放課後に、進学指導重点校事業の一環で行われている名古屋大学第3回出前講座が行われました。今回は情報学部の教授を招き、政府が掲げる未来の様子、Society5.0や、オープンデータという新たな取り組みについて学び、情報技術を地域にどう貢献させるかについて知ることができました。生徒からは、「ただ機械を作るだけでなく、それを社会でどう活用するかが大切だと分かった。」という感想が聞かれました。

名古屋大学「第2回出前講座」が実施されました。

9月18日(火)の放課後に進学指導重点校事業の一環で行われている名古屋大学「第2回出前講座」が実施されました。今回は法学部より教授を招き、東洋政治思想についての研究や、名古屋大学独自の国際的なプログラムについての話を聞きました。「自分が思っていたより、法学部では幅広い研究ができるということが分かった。」と感想を述べている生徒がいました。

名古屋大学「出前講座」が実施されました。

進学指導重点校事業の一環で、名古屋大学「第1回出前講座」が行われ、名古屋大学の教授による模擬授業が放課後に実施されました。1年生から3年生まで、計64名の生徒が参加しました。今回は工学部のマテリアル工学科の授業で、化学と物理を融合させた非常に興味深い学科であることが分かり、生徒も熱心に授業を受けていました。

「学部系統別進学説明会」

大学の先生に来校して頂き、学部系統別にお話を伺いました。

日 時  10月6日(金) 6限、7限(14:00 ~ 15:50)
 対 象  1年生
 実施系統  工学(材料・機械・電気電子)、農学、保険、看護、薬学、理学、法学、文学、外国語、経済学、総合政策、教育学、心理学 以上、15系統
 協力大学 岐阜大学、名古屋工業大学、藤田保健衛生大学、岐阜薬科大学、名古屋大学、南山大学、中京大学、愛知県立大学、名古屋市立大学、岐阜聖徳学園大学
 生徒の声 ・どの学科でどのようなことについて学べるのか、どの学科と似ていて繋がっているのかを知ることが出来ました。

・機械学科に対して持っていた自分の考えが少し変わって広がった気がする。

・普段目にしている物をいつもとは違った方向から学ぶ大学の勉強が面白そうだと思った。

・心理学は文系だと思っていたけれど、人文科学・社会科学・自然科学の全てにおいて含まれている学問と知って驚いた。文系でも理系の視点が必要とされていると感じた。

(講義風景)

(講義風景)

(大学生とのディスカッション風景)