岐阜市内3校合同エンパワーメントプログラム

12月26日(日)~28日(火)の3日間にわたり、本校を会場にして、「岐阜市内3校合同エンパワーメントプログラム」が行われました。「エンパワーメントプログラム」とは、日本国内の大学(院)に留学している外国人留学生、大学院生とともに、全て英語で行われる多彩なグループワークを通して、「自ら主体的に考え、自分自身を探究すること」を目的とした研修プログラムです。

岐阜北高校、加納高校、岐山高校の岐阜市内3校から21名の生徒が参加し、”Positive Thinking”や “My Identity”, “Leadership”について考えるディスカッションや “ダイバーシティ社会”を創造するグループプロジェクト、さらに自分の夢を語るプレゼンテーションなどに取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<参加生徒の感想>

・英語で自分の意見を言ったり、自分とは異なる意見を共有した  りとなかなか体験出来ないことをたくさん味わうことができたのでとてもよかった。

・英語力だけでなく、人間力も向上したと感じた。 3日間だけだったけど、今後の活力になるいい機会だった。

・英語で話すことが楽しかった。自分に自信が持てた。新鮮な英語に触れることができた。

ボランティア清掃を行いました!

12月1日(水)に各部活動、委員会の協力のもと、グラウンドやテニスコート、学校の周辺などで「ボランティア清掃」を行いました。落ち葉やごみ、側溝の砂など細かい所まで丁寧に掃除をする姿がみられました。側溝掃除では、前日の雨の影響で砂が水分を含み重くなりましたが、最後まで取り組む姿もみられました。     30分程度の掃除でしたが、校内や学校周辺がより美しくなりました。           (家庭クラブ委員長 堀口 由楽)

早田川沿い

 

体育館北

2年生 集中学習会

11月20日(土)・21日(日)の2日間、

2年生の希望者約80名が参加して集中学習会を実施しました。

テスト前の部活が休みの時間を利用し、学校で1日9時間×2日の学習を行いました!

生徒たちは集中し、良い環境で学習ができていました。

~学習会の様子~

 

 

 

 

~生徒の感想~

  • 家だとなかなか土日に長時間集中して勉強することが出来なかったのですが、この集中学習会に参加して、私も集中して勉強できるという事が分かりました。集中学習会がなくても自主的に勉強できるようにしたいです。
  • 自分がどこまで勉強できるか知れたのが良かったです。集中学習会を終えて自分に自信がついたし、その自信が勉強のやる気になりました!
  • とても疲れました。だけど家でやるよりも絶対的に勉強できました!眠かったけどがんばりました。質問もできてよかったです。
  • 今回のようにテスト直前の土日にやってもらいたいです。

第4回 名大講座 文学部

11月16日(火)16:30~17:30に名古屋大学人文学研究科の新井 美佐子 准教授を招いて、名大講座を開講しました。

これで今年度の名大講座はすべて終えました。この講座を通して、進路選択の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

~生徒の感想~

  • 日本のジェンダーシップ指数の順位がとても低いことに驚いた。
  • 最近、ジェンダーの話をよく聞くようになっているが、日本はまだまだ先進国の中でも男女の格差があり、遅れていることがわかった。
  • 文芸言語学に興味があると気づけた。
  • 男女平等を目指していても、収入や家事のことを考えると格差ができてしまう状態になっていることがわかった。
  • 発展途上国でのジェンダー問題に興味を持った。
  • 特に政治での男女格差を減らすために、まずは今回の講座のような機会に積極的に参加し、具体的に何が課題なのか知っていく必要があると思ったし、女性は不利だからと諦めるような人の支えになりたいと思った。 まずは意見が通ると言われる3割を目指して、自分に何ができるのかを探っていきたいと思う。

北斗会(岐阜北高校同窓会)の志援プロジェクト、始動!

11月12日(金)、「2021名大みらい育成プロジェクト」に本校から参加した生徒に、校長先生を通じて同窓会からの支援金が授与されました。本校同窓会「北斗会」のサポートを得て、昨年度から創設されたしくみですが、昨年度は新型コロナ感染症の影響を受け、サポート対象となる大学などが主催するプロジェクトが中止されており、今回の授与が第1号となりました。

今後、この生徒に続いて、校外で行われるプロジェクトに積極的に参加する人が次々と現れることを期待します。

※志援プロジェクトの詳細はこちら↓

04_hokuto.pdf (gifu-net.ed.jp)

 

学校薬剤師による医薬品についての特別授業を実施しました

11月11日(木)2年2組にて、学校薬剤師の望月祐子先生による医薬品についての特別授業を行いました。「医薬品の正しい使い方 ~自分の身を守るために~」をテーマに、自然治癒力と薬、薬剤耐性について、医薬品の分類や昨今の状況、薬の正しい飲み方、セルフメディケーションについて教えていただき、最後に薬の正しい飲み方についての実験も行いました。

生徒の感想から、自分の薬の服用の仕方を見直したり、抗菌薬について詳しいことを知った等の感想が多く聞かれました。

この特別授業はコロナ対策のため1クラスのみの実施し、他の2年生は録画をした授業を保健の授業で視聴します。

【生徒の感想】

・実用的なこと、グローバルなこと、たくさんのことを学んだ。特に薬剤耐性菌については、自分のことだけではなく、回りまわって人に影響を与えていることを知って驚いた。

・家族が色々な病院に行って、毎日多くの薬を飲んでいるが、前から気になっていたので、この機会にそれぞれの薬の効果などについて調べてみようと思った。

・要指導医薬品や同じような商品名でも、主成分が全然違うものがあることを知ったので、自分がどんな薬を必要としているかをしっかり確認してから購入しようと思った。

創立80周年記念文化講演会を行いました

11月4(木)の午後、脳科学者の茂木健一郎さんを迎え、『新しい時代に羽ばたく君たちへ ~脳科学者からのメッセージ~』というテーマで文化講演会をしていただきました。

日本の教育制度についての矛盾点から偏差値よりも大切にすべき個性の話まで、視野の広がるお話をしていただきました。認知行動学などの専門的な視点やご自身の体験談なども交えての質疑応答は、質問をした生徒以外の心にも深く刻まれたようです。とても貴重なお話を聴かせていただきました。

茂木健一郎さんのオフィシャルブログ・YouTubeもぜひチェックしてみてください。

▽▽▽ こちらをクリック ▽▽▽

茂木健一郎 オフィシャルブログ

脳科学者のひとりごと 時々書生

「先日うかがった岐阜北高校の図書館にわたしの本が何冊かあって、うれしかった!もしよければ生徒のみなさん、読んでくださいね!」

https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8473773.html

 

茂木健一郎のもぎけんチャンネル

岐阜県立 #岐阜北高校 講演 「新しい時代に羽ばたく君たちへ」(岐阜北高校創立80周年記念講演会の音声を先生ご自身がYouTubeで公開)

https://www.youtube.com/watch?v=quOtOrYrQk8

 

 

2年生 志望別大学説明会

11月2日(火)16:15~16:45

2年生希望者対象の「志望別大学説明会」が実施されました。

河合塾から講師を招き、「難関大学志望」「最難関大学志望」に分かれ、それぞれの入試の傾向や対策について話していただきました。

志望大学に向けて行動していきましょう!

【講義中の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

【生徒の感想】

  • 高2の今が、来年の自分のためにも大切にすべき期間だと感じた。 進研模試も近いので、毎日計画→実行→分析を繰り返してコツコツ頑張りたい。
  • 2年生のうちから受験を見据えて勉強することは大切だと感じた。
  • 国数英の基本をしっかりと確立できるように今から頑張りたいです。
  • まずは目の前にある進研模試で目標点目指して行こうと思います。
  • 数学と英語が苦手なので教材などを進めていきたい。

薬物乱用防止講話を実施しました

10月28日(木)1年1組にて、学校薬剤師の望月祐子先生による薬物乱用防止についての特別授業を行いました。「身近に潜む薬物」をテーマに、カフェイン中毒、医薬品の乱用、依存症、大麻について教えていただきました。近年、最も問題になっている大麻乱用について、「乱用を防止するために、自分が何ができるのか考えてほしい」と強く訴えられ、生徒たちはそれぞれ考えていました。

この特別授業は、コロナ対策のため1クラスのみの実施とし、他の1年生は録画をした講話を保健の授業で視聴します。

【生徒の感想】

・薬物乱用は自分とは別世界のことだと思っていたが、講話を通じて、身近な薬やエナジードリンクも使い方を間違えると依存症という深刻な状態になることを知り、改めて薬物の怖さを学んだ。

・依存症の話を聞いて、自分はSNSに依存してしまっているのではないかと改めて感じた。自分を抑えられるのは自分しかいないので、SNSと程よく付き合っていけるように注意していきたい。

・大麻乱用を防ぐためには正しい情報を知り、それを周りに発信できることは自分にもできるのでやっていきたい。