「地域共創フラッグシップハイスクール」カテゴリーアーカイブ

本校のスクールポリシーのもとに、地域共創フラッグシップハイスクールに関する取り組みを行っています

探究学習についての職員研修を実施しました

7月6日(火)、國學院大學の田村学教授をお招きし、職員を対象に、職員研修を実施しました。本校の数学科、国語科の教員の授業を参観いただき、ご助言をいただきました。また、探究学習の意義や、具体的な手法についてご講演いただきました。深い学びをどう実現するのかということが、具体的な例を出していただいたことで、よく理解できました。

 

 

【1年探究】中間発表で探究論文のアドバイスをいただきました

7月7日(水)5限に、日本クアオルト研究所の研究員:山川淳生先生を1年探究中間構想発表会にお招きし、研究方法や今後の研究の方向性についてアカデミックな立場からのアドバイスをいただきました。

生徒たちも新たな視点を得て、今後の探究のモチベーションがあがったようです。

【2年探究】人材育成コンサルタントの方に探究論文のアドバイスをいただきました

7月1日(木)6,7限、貧困・平等ゼミにて、人材育成コンサルタントの澤井隆彰先生に、アドバイスをいただきました。生徒は現在、テーマが決まり、今後どのように探究を進めていくかについて考えている段階です。そういった中、自分たちのテーマに関しての疑問点を澤井先生に質問していました。思い込みで論じるのではなく、しっかりとしたデータを用いて論じるようアドバイスをいただきました。

 

【2年探究】企業の方、NPO法人の方に講話をしていただきました

7月1日(木)6,7限、2年生の希望者対象に、企業の方、NPO法人の方による、SDGs関連の講話をしていただきました。NPO法人こどもトリニティネットの桐部遥奈 様には「ジェンダー平等について」、お話をいただきました。非正規労働者の数について、男女間の差予想以上に大きかったことに驚いていた生徒もいました。三承工業株式会社の神田純代 様には「多文化共生について」お話をいただきました。困り感を抱える外国人住民に企業として寄り添うことで、それが、利益にもつながり、有効なビジネスモデルになるということが分かりました。

 

【2年探究】JICA青年海外協力隊経験者の方々による講演会

6月24日(木)6,7限に2年生を対象にJICA青年海外協力隊経験者の方々による講演会を実施しました。探究活動でSDGsの達成の方策について学んでいる2年生に、文字からではなく、リアリティーをもった体験者の語りから情報を得てもらえればという願いから実現したものです。データからだけでは読み取れないものがあること、我々が行動しなければいけない理由、フィールドワークの重要性など、多くのことを学ぶことができました。

【2年探究】サンメッセ株式会社「SDGsで触れる、ぎふのみらいRe:touch」出前講座

6月17日【木】の2年生探究の時間に、サンメッセ株式会社「SDGsで触れる、ぎふのみらいRe:touch」による出前講座をしていただきました。企業におけるSDGsについてお話をいただき、その後には、座談会も実施されました。世界中の人が一市民として、SDGsに取り組まなければならないというお話が印象に残りました。

 

【1年探究】岐阜市役所出前講座

5月21日(金)に、探究学習の一環として、岐阜市役所の方から岐阜市の現状についての話を聞きました。「地元岐阜の活性化の策を探る」というテーマで探究する1年生を対象としたものです。

「今まで知らなかった岐阜県の課題について知ることができた」「数値などの具体的なデータを使って説明していただいて、説得力があった」などの感想がありました。

【探究学習】岐阜大学院生のTA

岐阜大学院生がTA(ティーチング・アシスタント)として、1年生の探究学習の指導をしてくださいました。対面ではなく、Webを通しての指導でしたが、探究を深め、これからのレポート作成に役立つ時間になりました。

今後、教育実習生にも探究学習のアドバイスをしてもらう予定です。

 

<アドバイスを受ける生徒>

 

<大学院生>