電気システム科

 

 電気システム科の特色

電気システム科は、電気をつくる(発電所)・運ぶ(送電)・使う(モータなど)という一連の電気に関することを学びます。普通科目(国語、数学、英語・・・)だけではなく専門教科も学びます。また、大きな特徴として実習があります。実習は実験やものづくりを行います。
はじめは難しく感じるかもしれませんがすぐ慣れると思います。実習の中で、ものづくりはとても楽しいです。部品一つ一つを組み立て、完成したときの達成感は今まで経験したことがないくらい大きくて、楽しいです。
皆さん3年間充実した学校生活を送ってみませんか?

<電気システム科の方針>
1.ものづくりを通して感動体験!
公式や知識を知っているだけではなく、実際に『もの』を作ることで身に着くことが多くあります。ものづくりを通して、色々な発見に出会えます!

2.やる気アップの授業展開
楽しく明るく、クラスが一体となり、生徒ひとりひとりが活躍できる授業を考えています!

3.電気のスペシャリストの育成
授業や実習、ものづくり、資格取得などを通して社会で通用する『電気のスペシャリスト』の育成を目指しています!

<専門科目プログラム>  

電気システム科専門科目 1年 2年 3年
電気基礎
工業技術基礎
電子技術
電気機器
情報技術基礎
電子計測制御
電力技術
電気製図
電気システム実習
課題研究

<授業内容>

 【1年生】
 実習・・・メーターや機器類を使った計測や電子回路の製作などを行います。
 工業技術基礎・・・ものづくりのための材料や道具の使い方を学びます。
 電気基礎1・・・電気の記号や単位、公式などの電気の基礎知識を学びます。
 【2年生】
 実習・・・電子部品の特性や論理回路、計測などを行います。
 情報技術基礎・・・コンピュータの仕組み、プログラミング言語の習得などを行います。
 電気基礎2・・・家庭にきている電気(交流)について学習します。
 電子技術・・・半導体といわれる小さな電子部品の構造や特性などを学びます。
 電気機器・・・発電機、モーターなどの電気機器について学びます。
 【3年生】
 実習・・・より専門的な内容の実習を行います。
 課題研究・・・少人数チームで一つの課題を設定し、ものづくりをします。
 製図・・・ものをつくるための図面の見方、書き方を学びます。
 電子計測制御・・・発電機、モーターや電球などアクチュエータと呼ばれる機器の制御について学びます。

◇2018年課題研究作品はこちら(クリック)

<将来役に立つ様々な資格の取得をサポート>

 取得可能な資格

・第二種電気工事士
・第一種電気工事士
・第三種電気主任技術者
・工事担任者
・危険物取扱者(乙種・甲種)
・危険物取扱者(乙種・甲種)
・消防設備士
・ITパスポート
・基本情報技術者
・情報セキュリティマネジメント
・計算技術検定
・情報技術検定
・基礎製図検定
・QC検定
・ボイラー取扱技能講習
・ガス溶接技能講習