学校長より

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は、夏の暑さで有名な多治見市の郊外にある工業高校です。

多治見の地場産業である陶器業界を支える人材の育成を目的に、明治31年に岐阜県陶磁器講習所として開設され、今年で創立123年となりました。

現在は、セラミック科、デザイン科、電子機械科、電気システム科の4学科が設置されており、将来のスペシャリストを目指して、勉強や部活動、資格の取得に向けて頑張っています。
また、本校には陶芸について専門的に学ぶことのできる専攻科(陶磁科学芸術科)も設置されており、日本全国から陶芸の道を極めようと、高い志を持った学生が集まっています。 地域と伝統に支えられ、昨年度も多くの求人をいただき、就職希望者全員が就職することができました。
進学希望者にも多くの大学や専門学校から指定校推薦をいただいており、多様な進路選択をすることができます。
今後も、地域から信頼され、必要とされる学校を目指すとともに、本校生徒の夢の実現に向けて、職員一丸となって努力していきます。

校長 有賀 昭人