学校長より

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は、暑さで有名な多治見市の郊外にある工業高校です。
多治見の地場産業である陶器業界を支える人材の育成を目的に、明治31年に開設された岐阜県陶磁器講習所を前進とし、今年で創立122年を迎えました。
「正しく、強く、明るく」を校訓として、セラミック科、デザイン科、電子機械科、電気システム科の4学科454名と、専攻科17名の生徒が、勉強に部活動に励んでいます。
卒業生の多くは、地元陶磁器産業をはじめ、東海地区を中心に全国の企業で活躍をしています。
また陶芸の分野では、人間国宝や文化功労者など著名な芸術家を多く輩出しています。
平成30年度は、1101社から1,749名の求人をいただき、就職希望者への求人倍率は14.3倍でした。
進学希望者にも多くの大学から指定校推薦をいただいています。
今後も地域から信頼され、必要とされる学校を目指すとともに、本校生徒の夢の実現に向け、職員一丸となって努力していきます。

校長  有賀 昭人