学校概要」カテゴリーアーカイブ

2024-06-04 「国境を超えたグローバル・バリューチェーン」講義

 ビジネス情報科マーケテイング類型2年21名が、『学びとビジネス架け橋プロジェクト』の一環として「グローバル経済」の授業で学んだ「国境を超えたグローバル・バリューチェーン」について講義して頂きました。講師のアサヒフォージ株式会社の代表取締役社長 朝日浩司様には、企業説明や海外進出への経緯や拠点について詳しく教えて頂きました。海外進出した工場を拠点に、グローバル・バリューチェーンをどのように進めておられるかなども具体的にお聞きすることができ、美濃市の企業で世界に羽ばたく素晴らしい企業があることを実感できた時間となりました。また、アサヒフォージ株式会社の社員として一緒にご来校頂きました本校を17年前に卒業された先輩の岩崎恵さんは、本人の強い希望で今年からアメリカのケンタッキー州へ転勤が決まっているそうです。
 最後に、「日本は、本当に恵まれている。この恵まれている状況をベースにして、世界に貢献できることを考えて貰えると嬉しい」と朝日様からお言葉を頂きました。

2024-05-31 美濃市役所未来創造課 事業提案会

 5月31日(金)、美濃市役所の「未来創造課」の課員を務める生徒6名が武藤市長に対し事業提案を行いました。未来創造課は本校ビジネス情報科の3年生の生徒で運営を行い、実際に市役所に勤務しながら年間を通して地域の課題解決に向けて取り組んでいきます。
 4月から今日の事業提案会に向けて、自分達だからこそできることを考えてきました。まずは市民の安心・安全を守りたいという想いから「防災」について提案しました。今後、生徒達はVRを使った防災体験や体験型の防災イベントを実施していく予定です。また、もっと多くの人に美濃市を訪れてほしいという想いから「観光」についても提案を行いました。
 市長からは「色々なケースを想定しながら、具体的に計画を進めてほしい」とアドバイスをいただきました。今後は事業提案の実現に向けて活動していきます。

2024-05-30 「独自製品・サービス」講義

 5月30日(木) ビジネス情報科マーケティング類型2年20名・情報類型3年16名が、学びとビジネス架け橋プロジェクトの一環として『マーケティング』の授業で学んだ「独自製品・サービス」について美濃保育園 雲山 晃成 様より講義をいただきました。
 美濃保育園で実践されている「木育」や「保育園留学」等の独自サービスについて詳しくお話を聞くことができ、他の保育園との違いについて深く学ぶことができました。美濃保育園では、都会から保育園留学で来た野菜や給食嫌いな園児が、野菜が大好きになって都会に戻るケースもあるそうです。受講した生徒の皆さんからは、「将来子供が産まれたら美濃保育園に入れたい」「木材の温かみや大自然の中での教育など、美濃市だからこそできる教育を率先して行っていることがわかった」などの感想が寄せられました。
 

2024-05-29 「人的ネットワークの構築方法と顧客との信頼関係の構築」講義

 5月29日(水)『ビジネスと学びの架け橋プロジェクト』としてビジネス情報科3年生18名が「ビジネスコミュニケーション」で学んだ「人的ネットワークの構築方法」について大谷一夫様より講義を頂きました。
 大谷様は美濃市の町おこしや活性化のために様々な活動をされており、ご自分の体験を踏まえて事例を挙げながら分かりやすくお話頂きました。生徒たちも人的ネットワークの意味・重要性・どのように構築すればよいのかを理解することができ、貴重な時間となりました。
             

2024-05-29 「フェアトレード」講義

 ビジネス情報科マーケテイング類型3年20名が、『学びとビジネス架け橋プロジェクト』の一環として「ビジネス・マネジメント」の授業で学んだ「フェアトレード」について講義して頂きました。講師のフェアトレード・ラベル・ジャパンの戸嶋アルダンジュ悦子様には、フェアトレード・ラベル・ジャパンの創立からこれまでの経緯や活動内容、フェアトレード製品の生産・販売に力を入れている企業や商品について詳しく教えて頂き、受講生が世界人としての役割をじっくりと考えることのできる貴重な時間となりました。
 受講した生徒は、「フェアトレードのマークはあまり見かけたことがないけれど、説明して頂いているうちに意外にもたくさんフェアトレード商品があることを知って驚きました。経済、環境、社会に貢献するこの活動は今後も守っていくべきものだと思いました」と感想を述べていました。
            

2024-05-27 「意思決定ステージ・ゲート・プロセス」講義

 ビジネス情報科マーケテイング類型2年21名が、『学びとビジネス架け橋プロジェクト』の一環として「商品開発と流通」の授業で学んだ「意思決定ステージ・ゲート・プロセス」について講義を頂きました。サトウパック(株)人事部長の福澤様の文化祭の出し物を考えていく過程を例にした説明で、生徒たちは教科書で学んだ内容の理解を深めることができ教員も大変勉強になりました。
 受講した生徒の皆さんは、「ステージ・ゲート・プロセスについて、言葉だけ聞いたら難しいものだと思っていましたが、学校祭を例に出されたことで理解が深まりました」「民間企業は一日ごとに変化していかないと生き残れないので多くのアイディアが必要なのだと思いました」などの感想を述べていました。
 

2024-05-27 JIC美濃ジャガイモ大会 ボランティア活動

 一般社団法人美濃青年会議所主催の「美濃ジャガイモ大会」のボランティアにビジネス情報科2年生4名と3年生3名が参加をしました。美濃市和紙の里会館、上野の農地で親子35組が参加するジャガイモ収穫体験とサツマイモの苗植付け体験のお手伝いをしました。参加した5~9歳の子供たちの目線に合わせて、楽しそうに会話したり、体験の手助けをしたりと物おじせず積極的に子供たちに声をかけ、保護者の皆様と談笑したりと活き活きとした様子が見られるボランティアとなりました。
参加された保護者や主催者のJCIの皆様からも「相手に合わせた対応が素晴らしいですね」とのお声を頂き、参加した生徒の皆さんは、「楽しいひと時でした。とても癒されました」との感想を述べていました。皆さん幸せなひと時でした。
 

2024-05-27 財務諸表の読み方と実務(応用ver)

 株式会社BISITS CEO 宮島大輔 様(本校OB)から、本校2年生会計コースの生徒に対して「財務諸表の読み方と実務」について、専門的な授業をしていただきました。宮島CEO自ら商標登録された、通称「ため(田目)財務」といわれる、独特な貸借対照表、損益計算書を使用して、財務の考え方を実際の現場での数値から学びました。
・経費、販管費を支出するときは、必ず現金がマイナスになる。
・営業以外の分野で、収益や損失がでてきたら、営業外収益、営業外損失となる。
・営業外収益は、金利での収入
・営業外損失は借入金の利息など
 財務の仕事を極めることで、年収2000万円を達成できる。その金額に到達するということは自動的に社長と呼ばれるようになる。君たちにもその可能性は多分に秘められている。現2年生の君たちが大学卒業する6年後に、美濃市初の上場企業となる予定。それまでに、美濃市に戻って就職したい企業NO. 1になるので、是非就職面接に来てください。とのお言葉を頂きました。
 宮島様の熱意が生徒へ伝わり、将来の目的意識を明確にイメージすることができました。ありがとうございました。

2024-05-23 「ユニバーサルデザインを採用した自社製品・サービスの活用」講義

 5月23日(木) ビジネス情報科マーケティング類型2年20名・情報類型3年16名が、学びとビジネス架け橋プロジェクトの一環として『マーケティング』の授業で学んだ「ユニバーサルデザインを採用した自社製品・サービス」について講義を受けました。今回はカラーユニバーサルデザインについて、色弱者の方の色の見え方や、どのような配慮が必要なのかを写真やイラストを交えながら説明していただきました。
 ちょっとした配慮で多くの人が生活しやすい社会になることを実感し、受講した生徒の皆さんからは、「自分が気づいていないだけで、身の回りにユニバーサルデザインが多く採用されていて感動した」「プレゼンテーションの資料を作るときには色の使い方も工夫したい」などの感想が寄せられました。

 

2024-05-15 「ITを活用した業務効率化」講義

 5月14日(火)『ビジネスと学びの架け橋プロジェクト』として、ビジネス情報科1年1組29名が「情報処理」で学んだ「ビジネスとコンピュータ ~業務の効率化~」についてサトウパック㈱より講義を頂きました。
 実際にどんなところでITが活用されているかをお話いただき、現在は仕事をする上でコンピュータは無くてはならないものになっていることがよく分かりました。ITを活用する場合、まず〝何をしたいのか”が先、そして何ができるのかを知ることが大事ということでした。今学習しているExcelが社会に出てからも多いに役立つということをお聞きし、今後の学習の励みになった生徒も多いと思われます。質疑応答の時間を多くとっていただき、生徒たちにとっても自主的に学習する有意義な時間となりました。