育友会総会・部活動後援会総会が実施されました

4/26(水)13:00より、平成29年度育友会総会・部活動後援会総会が実施されました。出席者は1年生126名・2年生69名・3年生75名の計270名で、平日の昼間にも関わらず、多くの保護者の方々に出席していただきました。総会後には「情報モラル インターネットに関わる講話」があり、その後は各教室に分かれて、学級懇談会等が開催されました。

生徒総会

4月27日(木)第7限に生徒総会が行われました。
総会に先立ち、歌唱指導委員によって、校歌歌唱指導がされました。2,3年生が高らかに校歌を歌う姿に、1年生は憧れの眼差しを向けていました。この次の部活動壮行会までには、きっと3学年でさらに力強い校歌斉唱ができることと思います。
総会では、「平成28年度事業報告」「平成28年度決算報告」「平成29年度生徒会活動計画案」「平成29年度予算案」について審議され、可決しました。
総会後、各委員会の委員長が、今年度の抱負を述べました。その中で、体育委員長が球技大会について熱く語りました。早速、翌朝から、校庭や体育館で各クラスが練習に励んでいました。

部紹介

4月12日(水)放課後、新入生にむけて部紹介が行われました。各部2分間という短い制限時間の中で、新入部員獲得のため、趣向を凝らしてアピールしました。本校にある27の部活動は、生徒主体に活発に行われています。作品、映像の紹介、運動部の実技や演奏など、部紹介にもその意気込みが伝わる創意工夫のあるものばかりでした。新入生は自分の部活動を決めるため、興味津々に紹介を見ていました。これから実際に足を運んで、見て、体験して、自分が夢中になれるものを見つけられると良いです。  是非、部活動にも頑張って、充実した高校生活・豊かな人間性を育んでくれることを期待しています。

対面式

4月11日(火)第6限に、生徒会執行部の運営による対面式・白線授与式が行われました。
1年生は吹奏楽部による斐高行進曲が演奏される中、2・3年生に拍手で迎えられ、生徒会入会許可を受けました。平成29年前期生徒会執行部の紹介の後、生徒会行事(蜻蛉祭・体育祭)について説明が行われました。その後、1年生と2・3年生が対面し、生徒会長の牛丸龍之介君から1年生代表の井ノ下日菜さんへ「白線」が授与されました。
授与された「白線」は制帽の白線のことです。現在は制帽の購入が自由となっているため、生徒会から1年生に贈呈しています。
卒業式後に行われる本校の伝統行事「白線流し」では、この白線と女子のスカーフを互いに結んで学校前の大八賀川に流します。

飛騨地域に住む高校生の主体的な活動 HIDAKKO PROJECT!

昨年度から斐太高校の生徒を中心に結成された、HIDAKKO PROJECTの活動が今年度も始まりました。昨年度からメンバー数も増え、精力的に活動しています。
飛騨地域の高校生有志が集まったこのHIDAKKO PRJECTが、この度、飛騨地域に住む中高生向けのフリーペーパーvol.2を作成しました。生徒たち自らが地域の支援を受けてゼロから作り上げたフリーペーパーです。企画、取材、写真撮影、編集まで全て高校生の手によって作られています。高校生が本気になって元気いっぱいに地域で活動する姿は頼もしさにあふれています。

入学式

 暖かな日差しに春の気配を感じる4月10日,期待に胸ふくらませた新入生280名が,保護者とともに登校し,厳粛な雰囲気の中で入学式が行われました。学校長からの入学許可の後,新入生代表による宣誓があり,学校長の式辞に続いて有斐会会長,育友会会長から祝辞をいただきました。最後に吹奏楽部による校歌の演奏を行い無事終了しました。式後には,正副担任の紹介があり,各クラスに分かれて最初のLHRが行われました。
 さらに体育館では,保護者の方々の育友会入会式も行われました。

スーパーグローバルハイスクールの取り組みを始めます!

この春より、斐太高校は岐阜県からスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けました。SGHは、地域の課題に真剣に取り組み、その課題に取り組むことで高校生として必要な教養、またコミュニケーション能力、問題解決力を国際的な視野で身に着け、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを育てることを目的としています。
昨年度から始めた、「ふるさと創生起業提案コンテスト」を土台とした地域活性化に関する提案に加え、このSGHに指定されたことを活用してコミュニケーション能力育成プログラムを充実させていきます。
飛騨地域は、全国的に見ても外国人旅行者の注目を集める土地です。また、少子高齢化といった社会的な課題も抱えた土地です。この地域ならではの視点で、グローバルな活躍ができる人材育成を目指します!

A Message from Our School Principal

Hida High School commemorates its 131st anniversary this year since it was established in 1886. Hida High School students take the initiative in academic learning, club activities, and various school events; moreover, they create their school life meaningfully under the school mottos: “Friendly competition(切磋琢磨)” and “A firm and steadfast purpose(確固不抜)”.

After the commencement ceremony, Hida High School has a famous traditional ceremony called “Hakusen Nagashi”. Through this event, our students are able to feel the nature and traditions in Hida area and the memory of the 3 years they spent in our high school with a wide circle of association and mind growth. Originally, “Hakusen Nagashi” was a small and simple ceremony operated by our students voluntarily. However, “friendship” and “pride for alma mater” are consolidated in our students’ minds; therefore, this ceremony became an important ceremony. I have never forgotten one of the graduates’ statement, “Traditions are continuing to innovate”.

Recently, Hida region tends to be globalized by an increase in the number of tourists; on the other hand, Hida region faces a declining population and aging society. Hida High School provides our students with opportunities to enhance their connection with local community and other schools in order to reconsider our own hometown because most of the students will leave here to get a college education. For instance, “Study Supporter” is one of the efforts. It is that our students go to local elementary schools and junior high schools and learn from one another through learning support. Another example of the efforts is “Idea Contest for re-creation of the home land”. It is that our students suggest new methods of regional activation through the process of considering the local issues.

Hida High School was chosen as one of the Super Global High Schools this year; therefore, we try to foster global perspectives in our students who have a will considering our home, Hida.

About Akitsu

The shape of our school seal is based on the image of a dragonfly.

< The Origin of the Current School Seal >

Around 1899, the school seal of Hida High School was created by Inazo Tajima who was an art teacher at Hida junior high school. It was based on the Kanji character, 中, and included the concept “launching into Akitsu island”. It is said that Keigetsu Oomachi and Rohan Kouda evaluated this school seal highly.

 

< About Akitsu island>

Akizu(秋津) was identified as an old name of a dragonfly. Akitsu island(蜻蛉島) is the poetic epithet of Yamato no Kuni. In ancient Japan, a dragonfly was portrayed as a spirit of rice grains and a sacred insect on copper bells of the Yayoi era.

Akitsu island is another different name for Yamato no Kuni, the main island of Japan, or whole of Japan. It derives from descriptions of the legacy of Emperor Jinmu. The legacy seems to be the following sentences.

 

Emperor Jinmu saw around Yamato no Kuni on the day when he ascended the throne. At that time, he had a view of Yamato no Kuni and said “What an amazing island I can rule. Even though this island is small, it is hemmed in by mountains as if dragonflies are flying and copulating”. This was the origin of Yamato(大和) also being called Akizu(秋津洲).

 

※The name of ”Akizu” was changed to be called ”Akitsu” after Heian period.

Brief History

<Brief History>

May 17th 1886      Takayama junior high school was established.

June 1st was set as the anniversary of the school.

Jul 7th 1886        School name was changed to Hida School.

Oct 26th 1888       School name was changed to Hida Jinjyo junior high school.

Jul 18th 1898       School moved to current location, Sanfukuji, Takayama city.

Apr 1st 1899        School name was changed to Hida junior high school.

Dragonfly was designed as the school seal.

Apr 1st 1901        School uniforms were changed.

2 white line was attached on uniform caps.

Jan 1st 1908        The school song was composed.

Feb 29th 1948       Correspondence courses were created.

Apr 1st 1948        Hida junior high school was promoted to “high school” according to the educational school reform.

School name was changed to Hida High School.

Aug 18th 1948      School name was officially proclaimed Hida High School.

Jun 1st 1986        The 100th anniversary of the school was held.

Jan 18th 2003       Hida High School was the first place for preliminary university

entrance examinations administered by the government(センター入試試験) in Hida area.

Jun 1st 2006        The 120th anniversary of the school was held.

Jun 1st 2016        The 130th anniversary of the school was held.