FRH(SDGsへの取り組み)

7月12日(月)、FRHの地域活性化プログラムに取り組む2年生で、飛騨地域におけるSDGsを探究の対象とする生徒がオンラインで講義を受けました。飛騨高山大学連携センターの協力のもと、中部大学国際ESD・SDGsセンターの古澤礼太准教授を講師に、SDGsの基本事項から、高校生として出来るSDGs活動の例などを学びました。今後は、各自の関心に沿って、地元企業等の取り組みを調べ、高校生の目線でSDGsの目標達成に必要だと考える提案を行っていきたいです。

なお、今年度も2年生の生徒が、岐阜県の指定を受けたFRH事業の一環として、地域の持つ魅力・地域の抱える課題の探究を深め、問題解決に向けた提案を行う「地域活性化プログラム」を行っています。地域の皆様には、今後、様々な機会を通して、このプログラムへの御協力をお願いいたします。