2、3年生対象の平和学習

コロナ禍で長崎、九州方面への修学旅行が中止、変更となった2、3年生を対象に、被爆体験を伝承する活動をしている原田小鈴さんによる講話を、7月1日(木)、オンラインで長崎とつなぎ実施しました。

原田さんの祖父は広島と長崎で2度にわたって被爆されており、祖父に関する被爆体験の話や自身の活動に関する講話は、平和について、改めて考える貴重な機会となりました。実際に長崎には行けませんでしたが、こうした講話を高校時代に聞くことで、今後の人生に役立ててほしいです。原田様、国立長崎原爆死没者追悼祈念館の皆様ありがとうございました。