学校長挨拶

 

本校は、昭和23年旧吉城郡1町6村の組合立吉城高等学校から始まり、昭和28年に岐阜県立吉城高等学校として県立に移管し、現在に至っています。 清流宮川、荒城川が流れる古川盆地を臨み、安峰山の麓に位置する自然環境に大変恵まれた学校です。学校からは飛騨古川の歴史ある美しい町並みが一望できます。
本校は普通科、理数科の2学科からなり、校訓『行学一致、自主・創造、心身の練磨』のもと、生徒一人一人の進路希望に応じて、きめの細かい少人数での学習指導をしています。部活動の加入率は約90%で、ほとんどの生徒が3年間継続して頑張るなど、生徒も先生も明るく輝いています。

教育活動での特色は、理数科では約半数が国公立大学に合格するなど、進学での実績とともに、現在、『地域に根付いた 地域に愛される 地域に貢献できる 学校』を目指し、4つの柱、「地域観光」、「地域福祉」、「地域教育」、「地域防災」に関わるボランティア活動等を飛騨市等と連携しながら実施し、地域の 課題解決に取り組んでいます。 こうした活動は、地域の活性化に貢献するだけでなく、生徒が将来、持続可能な社会の形成者として、地域を支え、地域の発展に貢献できる有意な人間となるた めに必要な学習だと考えています。
今後とも生徒・教職員一丸となって頑張っていきますので、本校の教育活動に対しまして、多くの方々のご理解とご支援をお願い申し上げます。

吉城高等学校 校長 鈴木 健

president2 吉城高生の進路希望は多岐にわたります。「国立大学への進学を前提とした一律の学習」ではなく、「一人一人の進路希望や学力に応じた、きめ細かい学習」を理想の姿だと考えています。
吉城高校は学習に真剣です。
吉城高生の大半が部活動に励んでいます。
「勉強だけの生徒」「部活動だけの生徒」ではなく「勉強も部活動も両方とも頑張る生徒」を高校生の理想の姿だと考えるからです。吉城高生にバランスの良い成長を願っています。吉城高校は部活動に真剣です。
吉城高校には笑顔があふれています。問題行動が県下でもきわめて少ない安心な学校です。職員と生徒の距離が近いことも笑顔の一因です。

平成28年度 入学式 学校長式辞 「飛騨から世界を望み、地域社会の持続可能な発展に貢献する」(全文)