「専門教育」カテゴリーアーカイブ

商品開発・最終回~㈱河合寿司特別授業~

今年度、株式会社河合寿司様と本校総合ビジネス科3年A組の生徒40人で進めた、商品開発特別授業の最終回を実施しました。

代表生徒2名による「1年間の授業のまとめ」を発表した後、河合社長から、もうすぐ卒業を迎える生徒に「夢や目的を持ち、誰かのための力になる生き方をしてもらいたい。」と激励の言葉をいただきました。

日商簿記検定1級に3名の生徒が合格しました!

2019年11月に実施された、第153回日本商工会議所主催簿記検定1級に本校会計科の3名が合格しました。この試験は公認会計士や税理士試験といった高度な会計資格の登竜門と位置づけられ全国平均合格率は10%前後の難易度の高いものです。

生徒たちのコメントはこちら

 

 

第6回起業家教育講座を実施

これまで計6回にわたり岐阜協立大学との連携講座「起業家教育講座」を実施してきました。

本講座第6回は、岐阜協立大学の韓 金江先生に「経済のグローバル化について」というテーマで、「生活の中のグローバル化」や「社会におけるグローバル化」について分かりやすく講義をしていただきました。

今回で起業家教育講座の全日程を終了しました。講義をしていただいた先生方に感謝し、今後、学んだことを生かせるようにしていきたいと思います。

第5回起業家教育講座を実施

岐阜協立大学との連携講座「起業家教育講座」を実施しています。

本講座第5回は、岐阜協立大学の為房 牧先生に「会計の国際化について」というテーマで、「財務諸表の体系」や「製造会社の営業プロセス」、「日常生活での評価」などについて分かりやすく講義をしていただきました。

次回6回目は12月12日(木)の予定です。

会計科卒業生が公認会計士論文式試験に合格

11月15日(金)、本年度実施された公認会計士試験の合格者発表がありました。本校会計科を平成28年3月に卒業した石田真里佳さん(東京IT簿記専門学校在学)が、公認会計士論文式試験に合格、見事狭き門を突破しました。11月26日(火)には、石田さんが公認会計士論文式合格報告のため来校してくれました。

石田さんは本校在学中に全経簿記上級に合格し、卒業後も懸命に勉強し見事今回の試験に合格しました。試験まで猛勉強したものの、途中あきらめそうになったこともあったそうですが、周りの支えもあり最後まで頑張ることができたとのこと。

本校生徒で公認会計士を目標に取り組んでいる生徒たちの励みとなり、企業会計人としてのさらなる活躍が期待されます。

なお、今回の合格率は11.1%、25歳未満での合格は全体の27.1%【公認会計士・監査審査会HPより】でした。狭き門を突破しました。

まるごとバザール「湧き水MAP」

11月16日(土)17日(日)大垣駅前で開催された西美濃まるごとバザールに本校会計科マネジメント類型の生徒が考案した「湧き水MAP」をもとにした体験ツアーの企画を行いました。

 

自転車を利用し、大垣市内の湧き水を巡りながら周辺のカフェなどを紹介するMAPを課題研究の一環として作成してきました。今回は、実際にまるごとバザールにご来場いただいた方に体験をして頂きました。大垣の魅力を発信でき手ごたえを感じた一方、多くの課題も見つかり実り多き2日間となりました。

実際に体験していただいた皆様ありがとうございました。

※掲載が遅くなりまして申し訳ありません。

第7回商品開発特別授業・販売実習 in まるごとバザール

河合寿司と共同で開発した新商品「まんまるトリオ」」の販売を、11月16日(土)・17日(日)の両日に大垣駅前で開催された、「西美濃・まるごとバザール」にて販売しました。

目標としていた販売個数を売り切ることができ、皆様のご協力に感謝しております。ありがとうございました。

第4回・起業家教育講座を開催

岐阜協立大学との連携講座「起業家教育講座」を実施しています。

本講座第4回は、岐阜協立大学の佐々木喜一郎先生に「経営を支援するICT戦略について」というテーマで分かりやすく講義をしていただきました。

また、講義では経営学やSociety5.0で実現する社会についても学びました。

次回5回目は12月5日(木)の予定です。

会計科・バーチャル創業発表会

11月11日(月)本校にて会計科3年生、ファイナンス類型の生徒39名が「バーチャル創業発表会」を開催致しました。

この取組は、大垣共立銀行様と岐阜県信用保証協会様にご支援をいただきながら「企業家マインド」を養うことを目標に9月より実施して参りました。生徒は企業家マインドや、現在の岐阜県内の創業実績等を学んだうえで、飲食店を創業するための方法を学びました。架空ではありますが取り扱う商品はもちろん、立地条件、収支計画も立案しました。

この取組の最終回である今回、各グループが創業するお店の内容を発表しました。どのグループも新しいコンセプトや綿密な収支計画等が練られたものとなり学習の成果を発表することができました。