対面式

4月11日(水)に、新入生と在校生の対面式が行われました。この日、本校の伝統行事である白線流しに使われる白線が新入生に授与され、いよいよ斐太高生としての自覚が生まれた様子でした。全学年がそろった斐太高校の一年が始まります。

卒業式・白線流し

平成30年3月1日(木)に、斐太高校の卒業証書授与式が挙行され、平成29年度卒業生275名が、本校を巣立っていきました。卒業式の後には、伝統となる白線流しが行われました。恩師と友人たちとの思い出を白線に込め、また、3年間の学びを誇りとして、春からの新しい生活に期待を膨らませた卒業生の姿は、大変晴れやかなものでした。

学校長・前期生徒会執行部 顔合わせ会

12月より斐太高校2018年前期生徒会執行部が発足しております。
新執行部役員は1月25日(木)放課後、学校長との懇談会を行い、執行部役員としての抱負をそれぞれが熱く語りました。また、本校の良さや改善すべき点についても学校長と意見を交わし合い、より良い学校づくりへの第一歩となりました。
今後の生徒会執行部の活躍にご期待ください。

将棋全国大会出場、小畑君壮行会

12月25日(月)に冬季休業前の全校集会とともに、2018年1月に静岡県で開催される全国高等学校文化連盟将棋新人大会に出場する本校1年生小畑諒晟君の壮行会が行われました。壮行会では、学校長、生徒会長の激励の言葉とともに、全校生徒による校歌での激励を行いました。10月に県新人大会で準優勝した小畑君は、小学生の頃には今話題の藤井聡太君と同じクラブに所属していたそうで、この大会に出場することを高校生活の目標の一つにしていました。全国で一つでも勝ちたいと全国大会への意気込みを語りました。

 

前期終業式・伝達表彰・壮行会

9月28日(木)に、前期期末考査が終わり、斐太高校の前期の日程がすべて終了し、前期終業式が行われました。
前期終業式の後には、部活動の伝達表彰と壮行会が行われ、東海大会に出場する陸上競技部と卓球部の選手の健闘を称えるとともに、エールを送りました。

感動の体育祭!

平成29度 体育祭 輪 ~深めよう絆~<結果>
総合優勝 青団  応援合戦 1位 赤団   企画運営 黒団
準優勝  黄団       2位 青団   (体育祭実行委員会)
3位   赤団       3位 黄団

9月8日(金)に体育祭が行われました。今年度の体育祭は、実行委員長の岡部りょうさんを中心に、実行委員会(別名 黒団)の皆さんが、企画・運営にあたりました。そして、各団(赤団団長 山本一輝君、青団団長 芝田一貴君、黄団団長 坂本蓮人君)がテーマ(赤「気炎万丈、青「雲凱蒼天」、黄「皇」)を胸に団席中央のマスコットが見守る中、全18種目の競技に一丸となって挑みました。応援は放課後1日1時間、10日間の団席練習、見事に仕上がった応援合戦の質の高さと圧巻のマスコットは、見ている全ての人の心を打ちました。天候不順により6日から延期され、かつ8日もグランド状況が良くなく、朝から生徒中心にグランド整備をし、何とか開催できた体育祭は全校生徒の熱い熱い気持ちが入り、来場者数も978人で感動のうちに幕を閉じました。

学校長・後期生徒会執行部 顔合わせ会

7月より斐太高校2017年後期生徒会執行部が発足しております。
新執行部役員は7月10日(月)放課後、学校長との懇談会を行い、執行部役員としての抱負をそれぞれが熱く語りました。また斐太高のよさ・伝統を再確認し、よりよい学校づくりのための課題点、自分たちにできる取り組みについても意見を交わし、考えを深めました。
今後の生徒会執行部の活躍にご期待ください。

蜻蛉祭2017

6/26~27日の二日間に渡って開催された蜻蛉祭(文化祭)は、開会式での歌とピアノの協奏、オープニングでの書道部美術部パフォーマンス、そしてテーマである「君と~僕らが繋ぐこの瞬間~」を表現したダンスパフォーマンスによって盛大に開会されました。体育館ステージでは、3学年の各クラス(7クラス)による「美女と野獣」「走れメロス」といったバラエティーに富んだ演劇が観衆を感動や笑いの渦に巻き込みました。クラス展示では「等身大人生ゲーム」、「ディズニーの顔パネル」などの参加型のものや「ステンドグラス」「ブラックアート」など芸術性の高い作品が展示され、楽しさと共に多様な世界観や表現の方向性を示してくれました。さらに、文化系部活動の展示・発表では、全国高校総合文化祭に参加・出品する放送部、文芸部、そして美術部をはじめとした13の部活動が非常に高いレベルの内容で見学者を魅了しました。
蜻蛉祭の企画・運営にあたった実行委員会は準備期間はもとより、当日も素晴らしい協力体制で参加全団体への統率力を発揮し、オープニングからエンディングまでの全日程を滞りなく進行させるとともに蜻蛉祭を裏から支え大成功に導きました。
また、育友会と家庭クラブによる食品バザーでは、カレーライス・うどん・マドレーヌを求めて長い列ができ、大盛況となりました。

球技大会

5月17日(水)、好天に恵まれ、絶好のコンディションで球技大会が行われました。アイデア満載のデザインが施されたクラスTシャツに身を包み、白熱する試合が展開されました。
各種目の優勝は、
男子ソフトボール   3A
女子バレーボール   3B①
男子バレーボール   2F
女子バスケットボール 2B①
さすがに3年生は貫禄を見せましたが、1、2年生の健闘も光りました。
準備から当日の運営においては、生徒会執行部が中心となり進めていきましたが、体育委員会をはじめとするたくさんの生徒が大会を支え、生徒ひとりひとりが主体的に行動することで、学校全体で作り上げた球技大会となりました。
各会場では、生徒たちの歓声が響く中で、白熱した試合が行われ、大いに盛り上がりました。球技大会を通してクラスの団結力はより一層深まったのではないでしょうか。

部紹介

4月12日(水)放課後、新入生にむけて部紹介が行われました。各部2分間という短い制限時間の中で、新入部員獲得のため、趣向を凝らしてアピールしました。本校にある27の部活動は、生徒主体に活発に行われています。作品、映像の紹介、運動部の実技や演奏など、部紹介にもその意気込みが伝わる創意工夫のあるものばかりでした。新入生は自分の部活動を決めるため、興味津々に紹介を見ていました。これから実際に足を運んで、見て、体験して、自分が夢中になれるものを見つけられると良いです。  是非、部活動にも頑張って、充実した高校生活・豊かな人間性を育んでくれることを期待しています。