東京有斐会のご案内

東京有斐会『白線流しのつどい〜同窓の世代を結ぶ会〜』
下記の日程で開催されますので、ご案内いたします。

日 時   2019年3月9日(土)
15:30開始 18:00終了
場 所   ホテルルポール麹町 2階ロイヤルクリスタル
(千代田区平河町2−4−3、電話:03-3265-5365、HP:http://www.leport.jp)

※ 詳細は、こちらより  pdficon_large

SGH(スーパーグローバルハイスクール)地域活性化プログラムのアンケート調査協力のお願い

斐太高校は、昨年度より岐阜県の指定を受け、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業に取り組んでいます。SGH事業では、地域活性化プログラムとコミュニケーション能力の育成を2つの柱として、現代的な課題に主体的に取り組む生徒を育むために活動しています。現在本校2年生は、生徒自身が地域の課題を発見し、その解決に挑む「Hida-T-Academia(地域活性化プログラム)」に取り組んでいます。そこで、現在県外に在住される有斐会の皆さまに、アンケート調査に御協力をお願いいたします。

アンケート用紙をダウンロードしていただき、ご記入いただいたものを以下の宛先までFAXでご返信いただくようお願いいたします。

返信先 岐阜県立斐太高等学校

SGH担当 日比野 恭一

FAX番号 0577-32-9006

アンケート用紙はこちらから pdficon_large

「第13回名古屋有斐会のつどい」の報告

「第13回名古屋有斐会のつどい」が2018年5月12日、118名が出席して3年ぶりに名古屋市のアイリス愛知で開催されました。

総会では、校歌斉唱、黙とう、浅見裕子前会長の会務・会計報告の後、35回生で東海学園大学学長補佐、教育学部教授の青谷法子さんに「トップランナーをつくる大学キャリア教育」と題し、講演していただきました。

懇親会では谷上清仁新会長の挨拶に続き、来賓の伊藤松寿有斐会長、滝村昌也斐太高校校長、田中範弥東京有斐会会長が祝辞。また、昭和50年ごろに斐太高校で国語を教え、現在は岐阜県連句協会理事長などを務めておられる大野鵠士(こくし、本名:国士)先生が、当時のエピソードを交えたスピーチで座を盛り上げてくださいました。

國島芳明高山市長から寄せられた平和を訴えるメッセージを紹介の後、名古屋有斐会の生みの親で中学59回生の坂ノ上瀬戸夫顧問に、浅見前会長から花束を贈り、長年の功労に感謝しました。なお、坂ノ上さんは6月4日に亡くなられました。ご冥福を祈ります。

懇親会は伊藤有斐会長に「めでた」を出してもらい、老若男女が和やかに親睦を深めました。最後は、全員が大きな輪になって「白線流し」。11回生の木下紘さんのリードで「巴城ヶ丘別離の歌」を合唱しながら白線を手から手へと送り、締めくくりに一同が肩を組んで「そそり立ちたる 乗鞍の山~」ともう一度校歌をうたい、お開きとしました。

当日、皆様からいただきましたカンパは、総額86,026円に上りました。会の活動、母校への支援・協力等に使わせていただきます。ありがとうございました。

2018 名古屋有斐会総会のご案内

名古屋有斐会総会が下記の日程で開催されますので、ご案内いたします。

日 時   2018年5月12日(土)
12:00受付 12:30開始 15:30終了
場 所   アイリス愛知(名古屋市中区丸の内二丁目5-10)
Tel:052-223-3751
講演会講師
青谷法子さん【東海学園大学学長補佐(キャリア支援担当) 教育学部教授
キャリア開発センター長 35回生】