租税教室を実施しました。

総合ビジネス科1年A・B・C組、会計科1年E・F組を対象に、租税教室を実施しました。講師に名古屋税理士会 大垣支部所属の 高橋茂樹氏 と 土屋雅彦氏 をお迎えし、税金とは「社会共通の費用をまかなう会費」であるということ、なぜ税金が必要か、また、税金が社会のためにどのように使われているかなど、ビデオ等を使って大変わかりやすく説明していただきました。

<詳しくはこちら>

和合地区の「お年寄りを囲む会」に参加しました。

本校家庭クラブの生徒と生徒会の生徒が和合地区のお年寄りを囲む会に参加しました。
なぎなた部の生徒がなぎなたを披露したあと、全員で「早春賦」「365日の紙ひこうき」を合唱しました。
その後、全員で365歩のマーチに合わせて「介護予防体操」を行いました。みんなで一緒に体を動かして、心も身体もリフレッシュしました。

<詳しくはこちら>

「第5回起業家教育講座」を実施

岐阜経済大学との連携講座「起業家教育講座」を実施しています。本校総合ビジネス科3年A・B組の生徒29人が、「課題研究」の時間に、「起業家教育とは何か」について、6回の講座で学習します。
本講座第5回は、岐阜経済大学の為房 牧先生に「会計の国際化について」というテーマで、分かりやすく講義をしていただきました。また、「財務諸表の体系」や「製造会社の営業プロセス」、「日常生活での評価」などについて講義をしていただきました。
次回6回目は12月14日(木)の予定です。

<詳しくはこちら>

PTA・職員研修 救命救急講習会

11月21日(火)、本校多目的ホールにおいて大垣北消防署の方を招へいし、「普通救命講習Ⅰ」が実施されました。保護者と教職員18名が、PTAで購入した訓練用ダミー2台を使って、講習を受けました。前半は、心肺蘇生法で人工呼吸や胸骨圧迫の実地訓練、後半はAED使用方法の実習を受講しました。参加された保護者からは、「緊張感が漂う中講習を受けられました。実際に今後このような場面に遭遇しても落ち着いて対処できると思います。」といった声を聞くことができました。

<詳しくはこちら>

総合ビジネス科第7回商品開発講座(販売実習)を開催しました。

本年度の商品開発特別授業で今回の商品は、老舗和菓子屋株式会社「槌谷」代表取締役社長 槌谷祐哉 氏にご指導をいただき商品化しました。完成させた商品「たらい舟にのったいちごモンブラン」を11月18日(土)・19日(日)の両日に大垣駅前で開催された、「芭蕉元禄大垣楽市・楽座まるごとバザール」で販売しました。
この取り組みにより、販売準備→お客様へのアプローチ→商品説明→販売→金銭授受の販売活動を実際に経験することができました。
槌谷社長からは、「2日間で1200箱、すべて売り切ることができるか不安だったが、みんなの頑張りで目標を達成することができたことに感動しています。」という、うれしいお言葉をいただきました。

<詳しくはこちら>

「第4回起業家教育講座」を実施

岐阜経済大学との連携講座「起業家教育講座」を実施しています。本校総合ビジネス科3年A・B組の生徒29人が、「課題研究」の時間に、「起業家教育とは何か」について、6回の講座で学習します。
本講座第4回は、岐阜経済大学の佐々木 喜一郎先生に「経営を支援するICT戦略について」と
いうテーマで、分かりやすく講義をしていただきました。また、授業の途中で、「ドローン」を室内で飛ばしていただきました。
次回5回目は11月30日(木)の予定です。

<詳しくはこちら>

「第3回起業家教育講座」を実施

岐阜経済大学との連携講座「起業家教育講座」を実施しています。本校総合ビジネス科3年A・B組の生徒29人が、「課題研究」の時間に、「起業家教育とは何か」について、6回の講座で学習します。
本講座第3回は、岐阜経済大学の三和 元先生に「西濃地域の企業の特徴から起業を考えよう」と
いうテーマで、分かりやすく講義をしていただきました。
次回4回目は11月16日(木)の予定です。

<詳しくはこちら>

「養老鉄道沿線駅前バザール」に参加

「養老鉄道沿線駅前バザール」に参加しました。11月5日(日)10時から養老駅前にて、本校総合ビジネス科3年A組の生徒5人が中心となり、昨年度「御菓子老舗株式会社槌谷」さんと商品開発した「多福(だいふく)いも」の販売実習を行いました。14時過ぎに用意した100箱を完売することができました。

<詳しくはこちら>

総合ビジネス科第6回商品開発特別授業が開催されました。

老舗和菓子屋株式会社「槌谷」代表取締役社長 槌谷祐哉 氏による第6回商品開発特別授業が行われました。
今回は、下記日程で実施される販売実習で販売する商品「たらい舟にのったいちごモンブラン」を報道機関に取材してもらいました。
これまでの特別授業を振り返り、「たらい舟にのったいちごモンブラン」を開発するに至った経緯、込めた思いを考案者が発表、また、生徒が作成したポスターの展示をしました。

「たらい舟にのったいちごモンブラン」

舟に見立てたタルトの上に、いちごで作ったモンブランの中に生いちごが入った洋菓子です。
名前の由来は、大垣のたらい舟で運んだ幸せをいちごとともに味わえるという思いを込めた商品です。

 

<詳しくはこちら>