初の快挙「経済産業省・情報処理安全確保支援士試験」に合格!

4月21日(日)に実施された経済産業省情報処理技術者試験のうち、最難関の「情報処理安全確保支援士試験」に3年情報科の山田憲次郎さん(大垣市立赤坂中学校出身)が合格しました。これは本校初の快挙です。

山田さんは授業や部活動(コンピュータ部)で、この試験合格に向けて一生懸命学習を重ね、情報産業で情報セキュリティ等に携わる社会人に交じって受験し、合格率約18%の狭き門を乗り越えて合格しました。なお今回の試験では、高校生が7人合格しています。

情報処理安全確保支援士試験合格者は、所定の登録手続きを行うことで、国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)」の資格保持者となることができます。

情報処理安全確保支援士の合格の他、大学卒業レベルの「応用情報技術者試験」をはじめ4種類の試験に、合わせて12名の生徒(いずれも情報科)が合格しました。

4月試験の合格者(12名)の内訳は以下の通りです。

・「情報処理安全確保支援士試験」1名(3年生1名)

・「応用情報技術者試験」    2名(3年生2名)

・「基本情報技術者試験」  8名(3年生2名、2年生6名)

・「情報セキュリティマネジメント試験」1名(3年生)

第1回キャリア販売学習出前講座 by 穂積中学校

6月21日(金)に総合ビジネス科マーケティング類型の3年生12名が講師となり、瑞穂市立穂積中学校の3年生を対象とした「第1回キャリア販売学習出前講座」を実施しました。

この出前講座は、2時間の授業時間で実施し、1時間目は本校における商品開発の取組についての説明、2時間目はグループ学習により、ミナモの新商品を考える商品企画書の作成を行い、両校にとって中高連携を活用した良い学習機会となりました。

授業風景1 授業風景2
授業風景3 授業風景4

第1回 ミナモ商品開発・特別授業

6月17日(月)情報科2年生メディア系科目選択者対象に、ミナモ商品開発の特別授業を行いました。授業では、日本イベント企画株式会社の担当者から、開発のポイントやスケジュールについての説明を受け、ミナモ商品開発の取組を開始しました。

生徒が考案したミナモ商品は、今秋以降に販売する予定です。どのような商品になるか楽しみにしていてください。

授業風景その1 授業風景その2
ミナモ商品・開発メンバー

 

第2回商品開発 ~㈱河合寿司特別授業~

6月19日(水)第2回商品開発 ~㈱河合寿司特別授業~を行いました。

前回に引き続き、代表取締役社長・河合 敏直 様から、中食業界の背景と現状についてのお話と、新商品企画に際して、「一企業として商品開発にどう取組むべきか」を講義していただきました。

河合社長による特別授業の様子

卒業生と語る会を実施しました

6月14日(金)に全校生徒を対象とした「卒業生と語る会」を学年別に実施しました。

本校卒業生19名から、高校時代に頑張ったこと、進路決定をした経緯、社会人として必要な力など、後輩たちに向けて熱い言葉で丁寧なアドバイスをいただきました。

生徒たちにとって、今後の高校生活での目標の再確認や進路決定の参考となる、とても有意義な時間となりました。

卒業生と語る会・風景

藤橋卓也先生による講演会を実施しました

6月12日(水)6時間目、全校生徒を対象に、本校卒業生・藤橋卓也先生から「世界を究めるリーダーに学ぶ、学と道 ~大商卒業10年を振り返って~」をテーマに講演をしていただきました。

講演では、大商での学びが大学院での研究に繋がっていること、また大商での学びを大切にしてほしいというメッセージをいただきました。

藤橋卓也先生:本校情報科2期生の卒業生であり、現在は大阪大学大学院情報科学研究科・助教として活躍しています。

講演会の様子1 講演会の様子2

1年生「独占禁止法教室」を開催しました

1年生を対象に公正取引委員会より講師を招聘し、高校生向け「独占禁止法教室」を開催しました。

グループによるシミュレーションゲームを通して、市場経済について学んだ後、模擬立入検査を生徒が実演する場面もありました。生徒は楽しみながら、市場経済の仕組み、企業間競争の重要性や独占禁止法の役割などを学ぶことができました。

授業風景1 授業風景2
授業風景3 授業風景4

 

第1回商品開発 ~㈱河合寿司特別授業~

今年度も株式会社河合寿司様と本校総合ビジネス科3年A組の生徒40人が商品開発をすることになり、6月5日(水)3・4時間目に「第1回商品開発 ~株式会社河合寿司特別授業~」を行いました。

これまで㈱河合寿司について調査した内容を代表生徒がプレゼンテーションを行い、続いて同社代表取締役社長・河合敏直様から「売りたいものと売れるものとの違い」や「経営と会計」、「1年間の学び」について講義をしていただきました。

生徒によるプレゼンテーション
河合社長による講演 その1 河合社長による講演 その2

 

日商簿記特別講座を実施しました

 6月9日の日商簿記検定受験に向けて、大原簿記専門学校の先生方による日商簿記特別講座を実施しました。

 今回の日商簿記特別講座は、会計科2・3年生受験者を対象として、日商簿記検定1級講座と日商簿記検定2級講座を実施し、合格を勝ち取る気持ちを高めることができました。

 1人でも多くの生徒が合格できるよう通常授業の充実も図っていきます。

対策講座風景1 対策講座風景2

 

SAH(スーパー・アカウンティング・ハイスクール)指定書交付式

本校は、「日商簿記検定取得率100%」を目指すプロジェクトを立ち上げました。

目標達成に向けて、日本商業教育振興会と高崎商科大学経理研究所のサポートを受けるためSAH(スーパー・アカウンティング・ハイスクール)指定校となりました。

これまでの朝日大学との高大連携によるサポートに加え、このSAH指定校となることで、簿記会計教育をさらに充実させていきます。

指定書交付式風景1 指定書交付式風景2

岐阜県立大垣商業高等学校の学校情報を発信しています。