「専門教育」カテゴリーアーカイブ

第5回商品開発~株式会社河合寿司特別授業~

「第5回商品開発~株式会社河合寿司特別授業~」を行いました。

今回は、生徒が考案した4種の試作品が完成。試食会を行い、生徒の投票で2作品が選ばれました。

①ピラフが入った春巻き「ピラフ巻いちゃいました!!」
②五平餅風のおにぎり「秋串物語」。

今後はポスター制作に取組みます。次回講座は10月25日に実施予定です。

【投票で選ばれた2作品】
①ピラフ巻いちゃいました!! ②秋串物語
【試作品4品】
【授業風景】

「中学生一日入学」開催しました

10月2日(火)、3日(水)の2日間、天候にも恵まれ、市内外から750名を越える中学生及び保護者の方にお越しいただき、やる気と活気に満ちた一日入学を実施することができました。心より感謝申し上げます。

一日入学では、本校の概要説明、生徒による学科説明、3学科生徒による体験授業、特別講話、部活動紹介および見学を行いました。普段とは違った高校の環境で、高校生とふれあえる時間は、中学生の皆さんにとって貴重な体験となったことでしょう。一日の日程をすべて終え、帰る姿は半分高校生になったかのようにも見えました。これからの高校進学を考える進路選択のひとつとして、大商を考えていただける機会にしていただければ幸いです。今後とも大商をよろしくお願いします。

大垣市制100周年記念 水の都 平成30年夏巡業 大相撲大垣場所での販売実習

7月29日(日)、於)大垣市総合体育館、本校総合ビジネス科3年A、B組6名の生徒が、株式会社河合寿司様の販売ブースにて販売実習を行いました。

商品陳列、接客方法など貴重な経験をすることができました。この実習から得た成果は、11月17日(土)、18日(日)に行われる「芭蕉元禄大垣楽市・楽座 第27回まるごとバザール」での販売に生かしていきます。

販売風景

第4回 商品開発~株式会社河合寿司特別授業~

「第4回商品開発~株式会社河合寿司特別授業~」を行いました。

今回は、生徒全員が商品企画書を作成し、グループごとで代表を決めプレゼンをしました。その後生徒全員で投票し、試作をしていただく作品を決定しました。試作品は次回講座9月13日(木)に公開予定です。

河合社長の特別授業

第3回 商品開発特別授業~農業体験~

「第3回 商品開発特別授業 ~農業体験~」を行いました。

今回は商品開発に向け、「食品へのこだわり、愛着を深める」、「生産工程を知る」ことを目的として
株式会社OKB総研 OKB農林研究所 所長 笠井 博政様の協力を得て、OKB農場にて田植えの体験をしました。

農業体験

第2回 商品開発~株式会社河合寿司特別授業~

「第2回商品開発~株式会社河合寿司特別授業~」を行いました。
前回にひき続き 代表取締役社長 河合敏直様から、中食業界の背景と現状についてのお話と、新商品企画に際して、「一企業として商品開発にどう取組むべきか」、「会計の観点からみた商品企画の重要性」を講義していただきました。

河合社長の特別授業

第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会における 1校1国応援事業の応援横断幕制作

6月7日(木)から6月10日(日)の4日間、岐阜メモリアルセンター長良川競技場にて、第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会が開催されました。
本校では、1校1国応援事業に参加し、4月より2年生情報科メディア類型の生徒13名がシンガポールチームを応援する横断幕の制作に取り組み、大会を盛り上げました。

第1回 商品開発~株式会社河合寿司特別授業~

今年度、株式会社河合寿司様と本校総合ビジネス科3年A組の生徒41人が商品開発をすることになり、本日、3・4時間目に「第1回商品開発~株式会社河合寿司特別授業~」を行いました。

これまで(株)河合寿司について調査した内容を代表生徒がプレゼンテーションを行い、続いて同社代表取締役社長 河合敏直様から「売りたいものと売れるものとの違い」や「経営と会計」、「1年間の学び」について講義をしていただきました。

代表生徒によるプレゼンテーション
河合社長の特別授業

「関ケ原武将シリーズ第5弾~小早川秀秋~」での販売実習

5月26日(土)、27日(日)両日ともに10時から関ケ原町役場東広場にて、本校総合ビジネス科3年A組の生徒が、昨年度「株式会社 槌谷 」さんと商品開発した「たらい舟にのったいちごモンブラン」の販売実習を行いました。

26日(土)は50箱、27日(日)は80箱を完売することができました。

販売風景

3年情報科「大垣特別支援学校にiPadアプリを贈呈」

情報科3年G組(システム類型・アドバンス)の生徒8名は、科目「課題研究」において今年度、大垣特別支援学校の児童用アプリの開発に取り組んできました。
1月30日(火)、大垣特別支援学校においてiPadアプリの贈呈式を行い、本校生徒代表から大垣特別支援学校の小学部児童代表にiPad(アプリ)を贈呈しました。
その後、各教室で本校生徒が児童にアプリの操作説明を行い、実際にアプリを使用してもらいました。児童のみなさんは大変楽しそうにアプリを使って学習していました。
今年度、本校情報科の新たな取組として5月からスタートしましたが、月1回の交流を重ね互いに心を通わせることを大切にして、アプリ開発を進めてきました。大変貴重な経験をすることができました。
大垣特別支援学校のみなさん、1年間ありがとうございました!

<詳しくはこちら>