まるごとバザール「湧き水MAP」

11月16日(土)17日(日)大垣駅前で開催された西美濃まるごとバザールに本校会計科マネジメント類型の生徒が考案した「湧き水MAP」をもとにした体験ツアーの企画を行いました。

 

自転車を利用し、大垣市内の湧き水を巡りながら周辺のカフェなどを紹介するMAPを課題研究の一環として作成してきました。今回は、実際にまるごとバザールにご来場いただいた方に体験をして頂きました。大垣の魅力を発信でき手ごたえを感じた一方、多くの課題も見つかり実り多き2日間となりました。

実際に体験していただいた皆様ありがとうございました。

※掲載が遅くなりまして申し訳ありません。

修学旅行最終日

修学旅行最終日の朝はとても冷え込みましたが、ホテルを出発した後、福岡県に戻り太宰府天満宮で最後の研修を行いました。そして14:30過ぎに博多駅から新幹線で名古屋に向かっています。

4日間生徒達は何を学び修めたのでしょうか。修学旅行を通じて今後の生活の糧になれば良いと思います。

修学旅行3日目

修学旅行3日目は午前中2班に分かれて研修を行い、午後からはハウステンボスを満喫しました。研修終了後はロボット対応の「変なホテル」に宿泊しました。疲れがたまっている生徒もいますが、気を抜かないように最終日も過ごしたいと思います。

 

修学旅行2日目

修学旅行の2日目は、軍艦島周遊観光からスタートしました。慣れない船上でしたが、歴史ある建造物の見学は圧倒的迫力でした。その後は長崎市内観光。異文化溢れる長崎市内を堪能できました。

天候が心配されましたが、昨日から本日にかけては雨が降らない中で研修ができています。

修学旅行1日目

11月26日(火)から4日間、2年生は九州への修学旅行に出発しました。

本日は長崎市内での平和学習を実施しました。戦後74年が経つ今、原爆投下の事実、日本が戦争をしていた事実、そして今ある平和の大切さを資料館の見学や被爆者の体験談を通じて改めて考えさせられる日となりました。

その後、生徒達は長崎市内「長崎ホテル清風」に到着しました。

 

 

救命救急講習会(PTA・職員研修)

11月20日(水)、本校多目的ホールにおいて大垣北消防署の方を招へいし、救命救急講習会が実施されました。保護者と教職員41名が、PTAで購入した訓練用ダミー2台を使って、講習を受けました。

前半は、心肺蘇生法で人工呼吸や胸骨圧迫の実地訓練、後半はAED使用方法の実習を受講しました。参加された保護者からは、「緊張感が漂う中講習を受けることができました。今後、実際にこのような場面に遭遇しても落ち着いて対処できると思います。」といった声を聞くことができました。

心肺蘇生法の実習 AED使用方法の実習

第7回商品開発特別授業・販売実習 in まるごとバザール

河合寿司と共同で開発した新商品「まんまるトリオ」」の販売を、11月16日(土)・17日(日)の両日に大垣駅前で開催された、「西美濃・まるごとバザール」にて販売しました。

目標としていた販売個数を売り切ることができ、皆様のご協力に感謝しております。ありがとうございました。

第4回・起業家教育講座を開催

岐阜協立大学との連携講座「起業家教育講座」を実施しています。

本講座第4回は、岐阜協立大学の佐々木喜一郎先生に「経営を支援するICT戦略について」というテーマで分かりやすく講義をしていただきました。

また、講義では経営学やSociety5.0で実現する社会についても学びました。

次回5回目は12月5日(木)の予定です。

会計科・バーチャル創業発表会

11月11日(月)本校にて会計科3年生、ファイナンス類型の生徒39名が「バーチャル創業発表会」を開催致しました。

この取組は、大垣共立銀行様と岐阜県信用保証協会様にご支援をいただきながら「企業家マインド」を養うことを目標に9月より実施して参りました。生徒は企業家マインドや、現在の岐阜県内の創業実績等を学んだうえで、飲食店を創業するための方法を学びました。架空ではありますが取り扱う商品はもちろん、立地条件、収支計画も立案しました。

この取組の最終回である今回、各グループが創業するお店の内容を発表しました。どのグループも新しいコンセプトや綿密な収支計画等が練られたものとなり学習の成果を発表することができました。

岐阜県立大垣商業高等学校の学校情報を発信しています。