牛の体重測定(1年生)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

前回は牛の引き方でした。
今回は
牛を捕まえる 
→ 牛を連れてくる
 → 牛を体重計にのせる
という過酷な(??)プロセスを1年生に経験してもらいました。

といっても、トラウマになって牛さんが怖くなってしまっても困るので、今回もおとなしい牛さんに手伝ってもらいました。

まずは牛を連れてきまして、

最初は『じゃすみん』号です。

よっこらせ、

と、体重計に乗ってもらいます。

月齢12か月のとってもおとなしい繁殖牛です。
ひょっとすると大型犬よりも扱いやすいかもしれません。

でも、おっとっとっと・・・とびっくりしつつ、


体重はデジタルではなく、こんな感じで調節して測定します。

無事、はかれたかな?

次は『こうめ』号です。
全員、一言目には『でか

うめなのにちっとも小さくない繁殖牛です。
520kgでした。
300kgのじゃすみんよりもおとなしく、動きもゆっくり。
これ以上扱いやすい動物を私はまだ知りません。

最後に肥育牛にも挑戦してもらいました。
1頭選んで計測してもらいました。
このグループが選んだのは『ふくしり』号です。
肥育牛なので、暴れん坊かな?どうかな?
1年生、どきどきどきどき。

緊張とは裏腹に、この牛もとってもおとなしい牛でした。
16か月齢、460kgでしたー。


牛さん『誰が暴れん坊やねん

 

体重測定もばっちりですね。
2年生の専攻になると、毎月1回測定をしてもらいます。
というわけで、過酷なプロセスだったか?
いえいえ、どの牛もお利口さんでした。
加茂農林高校にはおとなしい牛しかいない??

…知りたい人はぜひ一緒に加茂農林高校で牛飼いをしましょう。
みんなかわいいですよ。

こうめ号からひと言

でかっ、なんてみんな女性に対して失礼ね(怒)
・・・以後、気を付けます。

 

すぐまた会いましょう。

 

 

牛の引き方(動物・1年生)

師走のお忙しい時期です。皆様いかがお過ごしでしょうか?
早いもので、2020年もまもなく終わりを迎えます。

寒い時期はおでんと牛にかぎります。
なぜかって?
牛ってあったかいんですよ、知っていましたか?
平熱で38.5℃、特に4つある胃の中で1番目の胃の中はプロトゾアという微生物のおかげで、冬でもぽっかぽかです。

いきなり難しい話に振ってしまいましたが、とにかく牛舎は夏は涼しく、冬は暖かい場所なのです。

とにかく動物部門は季節に関わらず、1年中フル稼働です。
そんな中、1年生は牛を引く実習を行いました。

まずは捕まえるところからですが、省略しまして、
いよいよ初めて牛を引いてもらいます。

『わわわわわ、緊張するなぁ』という面持ちの1年生。

あくまで実習ですので、最初は大人しい牛を引いてもらいます。

はい、行きますよー。

牛の右側に立って、引っ張られないようにしっかりコントロールしましょう。

やっぱり外のほうが気持ちがいいなぁ。

慣れてきたら簡単なコースを設定して、ぐるっと一周引いてもらいました。

子牛も行きましょうか!

子牛は小さいから可愛くて簡単?
いえいえ、可愛いけど大変ですよ。
元気いっぱいですので。

青い空と作業服、黒い牛、コントラストがいいですねー。
1年生全員がしっかりと牛を引けるようになりました、
まだ大人しい牛限定ですが・・・。


前の牛「散歩、テンションぶち上るわー」
後ろの牛「ええなー、わしも行きたいなー」

 

満喫していたのは牛さんかもしれません。
でも1年生にとってもとても良い経験となったと思います。

この経験を生かしてもらいまして、次回は体重測定です。
今度はちゃんと牛を体重計の上で止まらせられるかな?

 

 

またすぐ会いましょう。

 

お越しいただきありがとうございました。(中学生のみなさん)

従来ですと夏休みと10月に分けて行う
オープンキャンパスと一日体験入学を、今年度は同じ週に行いました。

オリジナルのキャラクターのカモーーノくん(仮名・肥育牛)も
ポスターの中で中学生のみなさんを待っていたのですが、

天気はあいにくの雨雨雨雨雨。

それでも何とか牛の魅力を伝えたいっっ!!!
と勝手に私たちは意気込み、

会場を変更しまして、牛のブラッシングを・・・

更衣室下のピロティで行いました。

恐る恐るブラッシングをしてくれる人、

「きやーーーー!! ー!!」と歓声をあげながらブラッシングしてくれる人、いろいろでしたが、

中学生のみなさんに喜んでもらえたのはもちろん嬉しいですが、

牛もつるつるのピカピカになって、気持ちよさそうでした。

牛さんからひと言

「気持ちよかったで、また来てや

 

今度は春の天気の良い日に、青空の下でブラッシングしませんか?

またすぐ春に会いましょう。

触って触って覚えましょう(動物部門・1年生)

1年生は牛が好きなようです。
ただしここは学校ですので、ただ好きなだけではダメなのです。

ということで、1年生には牛の各部の名称を覚えてもらいました。

「こんなにたくさん覚えられません」

最初はみなさんこう言いますが、覚えてもらいます。

コツは触りまくることです。

 

触って

 

 

触って

 

 

どんどん触ってー

そして仲間と覚える。

30か所ほど覚えてもらいましたが、ほとんどの生徒は覚えることができました。これがペーパーテストだとなかなかこう上手くははいきません。

牛と仲間がいてこそです。

牛さん、今日もありがとう。

きっとこう言っているでしょう。

「1年生やる気まんまんやないか、しっかり覚えや」

 

牛さんの言う通り、しっかり覚えましょう。

またすぐ会いましょう。

 

 

 

 

牛も生徒も元気です(動物部門・1年生)

はやいものでもう9月ですが、ようやく動物部門は今年度初の更新です。
長き沈黙を破り、これから更新していきますので、よろしくお願いします。

 

1年生も着々と牛と打ち解けあってきています。


最初はブラッシングをしてもらいました。
「去年の1日入学でブラッシングした人は~~?」
と尋ねるとほとんどの人が手をあげてくれました。

割と男子は最初怖がるのですが・・・今年も同じかな?
まあ、でかいでな。

もうすでに牛が好きで好きで好きでたまらない人もいるようです。
畜産調教部に入ったりして。

でもまだ牛さんたちこそ慣れない手つきに緊張しています。
きっと牛さんたちは思っています。

「あんたら、新入りやな。がんばりや。」

 

牛さんの言う通り、がんばっていきましょう。

すぐまた会いましょう。

 

 

野菜の豆知識 vol.2 「イチゴの果実」

ここではあまり知られていない豆知識を掲載します。

今回はイチゴの果実」についてです!!

写真のイチゴですが、みなさんが果実だと思っている赤い部分は果実ではないのです!?
イチゴの果実は、皆さんが種だと思っている表面の「ツブツブ」なのです。名称は「そう果」といいます。
赤い部分は、花托(かたく)もしくは「花床」(かしょう)
とも呼ばれる花の付け根部分が肥大化したものです。

とはいえ果実といっても果肉部分はないため、ほぼ種と変わりませんが、形態上は果実なのです。

ちなみに同じバラ科の仲間であるリンゴやナシも同じ場所が肥大してできたものです。
だから普段「実のシン」として捨てている中心部分が実はリンゴやナシの果実となります。

どうです面白いでしょ!?

 

野菜の豆知識 vol.1「メロンのネット」

 

ここではあまり知られていない豆知識を掲載します。

メロンのネットとは果実の表面にできる網目模様のことです。
みなさんこれがどうやってできるかしっていますか?
実はこれ、果実が表面が無数に割れてできるのです
果実の内部の肥大に表面の肥大が追いつかないと表皮が裂けます。
それが治ってできるのがネットなのです。
人間でいえばかさぶたみたいなもの。

写真の中で緑色の筋が最近割れた場所で、白いスジが以前割れて直ったところです。そのためネットの数だけ実が割れているのです。

そしてこれがメロンの品質を大きく左右し、ネットが密で均一なものほどもの(高価)とされます。

最終的にこのようになります。(理想ですが・・・(^_^;)
収穫は交配(花粉つけ)してから約2ヶ月程度かかるため、
収穫は、7月上中旬ごろ。

学校の販売所「かものう」で7月中旬以降に販売予定です!!

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

キュウリ!定植!!

ついにキュウリの定植です!!

こちらが用意したキュウリの苗です。

本校では2品種を栽培しています。

 

 

 

今回のポイントは・・・

①浅植えにすること。

②苗の向きを合わせること。

③根を乾かさないこと。です。

最初に森先生に実演しながら説明してもらい、

 

 

いざ!作業開始です!!

最初は深植えになってしまったり、向きを間違えたりと、

手こずりながらもなんとか3限目~5限目ですべて植えきりました!

 

またお知らせします☆

 

定植へ向けて着々と準備が進められています!③

さあ今日も元気に実習頑張りましょう!!

っということで、今回もキュウリを定植するための準備です。

修学旅行があったり、課題研究発表会があったりなど、

生徒が圃場に出ることが少なくなってしまったため、職員でちょこっと準備を進めました。

が!しかし!!今日からはバリバリ!

1、2年生に学んで!活動して!もらいます!

 

 

👇今日やってもらうのは👇

ホリホリ...ホリホリ...。

ホリホリ...ホリホリ...。

 

そう!植穴掘りです!移植ごてでマルチをくり抜いて土を掘り出します。

準備ももう終盤。ラストスパートです★

 

植穴は全部で500程!それを生徒14人で全部開けきりました!

👏パチパチ👏パチパチ👏

 

簡単なようで立ったり座ったりの繰り返しであったり、

土が乾燥していて移植ごてが入っていかなかったりとなかなか癖のある実習となりました...。

 

 

でも笑顔です( ´∀` )

 

 

 

でも笑顔です( ´∀` )

 

次回はいよいよ定植実習をお知らせします★お楽しみに~★☆

定植へ向けて着々と準備を進めています!②

 

前回灌水チューブを運び込み、駒の掃除をしました。

今回は第二弾!お知らせしていきます!!

 

さて、今回はここにマルチを張りイボ竹を刺していきます!

今回用意したのはシルバーマルチとダークグリーンマルチです。

 

それぞれ伸ばしていきます。

下を擦らないようにみんなで力を合わせます。

こんな風に分かれて広げていくと楽ちんです♪

 

全部で8本の畝にマルチをかけたら・・・

イボ竹を持ち込みます。

必要な本数を全部中に入れたら

・・・・・・・。

マルチの上からグリグリとイボ竹をねじ込んでいきます。

 

 

全部刺し終わった後のキュウリハウスがこちらです。

 

だんだんと完成に近づいてきました。またお知らせします★

 

定植へ向けて着々と準備を進めています!

2月中旬にキュウリの定植を計画しています。

以前、1年生の肥料まきを紹介しましたが、

定植へ向けての準備はこれだけでは終わりません!

今回も準備の一部をまた紹介させていただきます!!

 

こちらは2年生。潅水チューブをこれから運び入れようとしています。

とても長いので、11人総出の『電車ごっこ』でやっていきます。

畝になるところは踏まないように・・・ズンズンと進みます。

持ってきた灌水チューブを畝の上に置いていきます。

このときも畝のフカフカの土を潰さないように慎重に・・・

こんな感じです☆

このチューブに小さな駒があり、そこから潅水ができる仕組みです。

 

 

代わってこちらは1年生!

2年生が運び入れた潅水チューブの駒の掃除をしていきます!

森先生の説明をフムフムと聞き、

早速作業開始です!

お分かりいただけるでしょうか・・・。

チューブから水が出ているところがあるのですが・・・。

 

この水が出にくくなっている箇所がいくつかあり、

それを解消していきます。

原因はいたって簡単!藻や土などのごみが詰まっているから!

小さな駒に細い針金を差し込み掃除していきます。

駒をチューブから抜くと水がピューーーと噴き出してくるので

必死でみんな抑えます。何人か顔面に食らっていましたが・・・(笑)

ハウスの中は暑いぐらいなので寒くはないですが・・・。

うーん。可哀そうに・・・。

 

そんなこんなで掃除が終わったらチューブの位置を調整していきます。

 

キュウリを植え付ける場所を確認しながら

畝の内側へ、外側へと真っすぐになるように動かしていきます。

なんとか時間内に終わらせることができました!ご苦労さん!!

★加茂農林 & 可茂特支 ポスター発表★

可茂特別支援学校との交流学習!今回はそのまとめとして

活動記録ポスターを一緒に作りました!!

 

 

↓こちらは第1回班です!

第1回はサツマイモ畑の除草と、野菜の収穫をしました!

~~~発表中

 

↓こちらは第2回班です!

第2回は、可茂特別支援学校へ行き、ハクサイの定植です!

~~~発表中

 

↓こちらは第3回班です!

第3回は、第1回で登場したサツマイモの収穫です!

発表の練習をしているようです・・・。

とっても面白い発表になる予感がします!!

~~~発表中

サツマイモの収穫を簡単な劇を交えて紹介してくれました!

ポスターの中に顔出しパネルをつくる斬新なものを作ってくれました(笑)

 

↓こちらは第4回班です!

第4回はまたまた可茂特別支援学校へ!

加茂農林のサツマイモを使ったスイートポテトと、

可茂特別支援学校のハクサイを使ったお鍋を一緒に作りました!

~~~発表中

 

 

これにて全5回の交流会が終了しました!

最後に集合写真をパシャリ★☆

皆さんお疲れさまでした☆そしてありがとうございました☆

野菜実習 1年生 ~地味!が大事!~

 

最近は3年生が圃場に出ることが少なくなり、

HPで登場するのが多くなっている1年生!

風が強く寒い中での実習でしたが、えっさほいさと頑張りました。

 

 

この日の実習は地味!でも大事!な、作業です。

長靴の高さほどの防虫ネットと地面との隙間をビニールで塞ぎます。

まずは移植ごてで地面をほりほりほりほり

このほりほりが大事です。

 

掘れたら次はビニールをびゃーーーーーーーーーーと広げていきます。

地面に落ちている石や、何か尖ったものに引っかかると

ビニールが破れてしまうので引きずらないようにみんなで支えます。

 

端まで伸ばしたら、高さを揃えて固定していきます。

この時に防虫ネットも一緒に抑えます。

表からも裏からもぎゅっと!びしっと!ぴたっと!

 

固定できたらビニールの裾を土の中に埋めます。

ビニールをきゅっと軽く下に引っ張りながらやっていきます。

こうすることで完全に塞ぐことができます。

完了です★★

野菜実習 1年生

この日は肥料まきをしました。

キュウリハウス内に均等に撒いていきます。

まずはバケツに肥料を分けて入れていきます。

何度も重たい肥料袋を持ち上げるので大変なのですが、

レスリング部の1年生生徒がたくましくやってくれました!

分けてもらった肥料を残りのメンバーで撒いていきます。

柱を境界線にしてまんべんなく、そして大胆に!

 

もうすぐキュウリの定植です!またお知らせします!

7~8月の野菜専攻実習 ★第三弾★

第三弾の今回は夏休み中の様子を掲載します★
(冬休みも終わってしまいましたが・・・)

毎年夏休み中は中学生を対象とした高校見学があります。2日間です。
3年野菜専攻生が、野菜部門の説明を担当し説明をしてくれます。

 

1日目のメンバーがこちらです。ポーズを決めてくれました★

 

こんなまじめな表情もできます☆
野菜専攻で農業クラブ役員の善家君は中学生の案内役として活躍していました☆

2日目です!
メンバーはこちら。真ん中一人ノリノリです★

この日も熱い1日でした。
打ち水をして、中学生を日陰に入れ、熱中症対策をしながら頑張りました。
善家君は1日目に引き続き頑張っていました!!

****************************************************************************************

こちらはメロンの定植。3年生です。
第一弾でお伝えしたメロンも、最初はこんな小さいところからのスタートでした。
これはマリアージュという品種で、赤肉です。

1つずつスペーサーをセットして定植です。

こちらはアールスナイトという品種。こちらはマリアージュの倍以上の量です!
この日植えたメロンを緑園祭で販売しました。夏休みから準備が行われていたんです!
夏休み期間中はメロンの播種から定植までをやりました。

さて、次はいよいよ(ようやく?)第三弾!2学期です!
よろしくお願いします!!

4~7月の野菜専攻実習(1~3年生) 第二弾★★

6月の中旬から、夏休み前までは片付けの実習がたくさんありました。

こちらはキュウリの片付け。1年生です。
初めて誘引していたころよりも大きくなっています。身長も余裕で超えています。
そのキュウリを下におろしていきました。


ここからは2年生です。下におろしたキュウリをハウスから出します。
この日は記念すべき専攻分け後初めての実習です。
正真正銘の野菜専攻生です。

豪快に一輪車に乗せていきます。

きれいになりました。

 

ハウスの中に水を入れて肥料を洗い流す実習も行いました。


こちらはイチゴ。またまた1年生です。株を抜きとり↓


土をほじくり出していきます。


不織布は再利用するため、きれいに巻いておきました。


こちらはトマト。誘引ひもから外していきます。

外したら、適当な長さに切って一輪車へ。

そんなに乗せて大丈夫?

*********************************************************************************

 

メロン収穫です!!


この新聞に包まれているものがメロンです。
1つずつ丁寧に収穫していきます。


コンテナに数個入れて、温室と調製室を行ったり来たり・・・。

すべて運び終えたら新聞紙を外し、糖度、重さを計っていきます。
後ろでみんながせっせと仕事をしている中、二人は満面の笑みでポーズ★

メロンは顔より大きいサイズが多かったです!!

4月から7月までの紹介は以上です!

次回は夏休み中の様子をお届けしたいと思います!

 

4~7月の野菜専攻実習(1~3年生) 第一弾★

今年度も残り3ヶ月となりました。

そこで!1、2学期の生徒の頑張りを一挙公開したいと思います!

今回は写真を多めに掲載したいと思います★

 

まずは4月~7月。1学期です。

入学したばかりの1年生。この日初めて実習服に袖を通しました。

こちらは3年生。トマト班です。

 

こちらはキュウリ班。

テープナーを使って誘引作業です。

・・・なんのポーズ?

2年生も誘引です。キュウリの収穫シーズン中は毎日のように誘引しました。

**********************************************************************************

凄いきめ顔を披露してくれていますが・・・。

後ろに写っている小学生はこれからキュウリを収穫します★

小学生がけがをしないように3年生がきちんと見守ってくれました!

高いところのキュウリが取りたい!っという子を抱っこしてお手伝い。

何回も持ち上げて、最後のほうはへとへとです・・・。

 

楽しんで、喜んでもらえました!

同日、シーズン最後の収穫です。

小学生が帰った後、残りのキュウリをすべて収穫しました。

こちらは2年生です。保育園児たちに学校を紹介しました。

この日はとても暑かったですが、頑張ってくれました!

 

いろいろな工夫をして楽しませてくれました。

こちらのグループは電車ごっこをしながらの移動です。
写っているのは絵本でおなじみの「アオムシ号」です!
2年生の野菜の授業で育てているトマトを紹介しました。

そのトマトの管理をしている写真がこちら ↓

いやー、ちょっと懐かしいなぁ。

続く・・・。

キャッチ&NOTリリース(1年生)

気がつけば冬。
暖冬のようなそうでないような。
とにかくおでんと牛が恋しい季節となりました。
(冬は牛がいるだけで温かい)

1年生の実習ではなるべく牛にたくさん触れ合ってもらうべく、
様々な実習をしています。

しかし、「動物は好きだけで、牛はちょっと怖いなぁ」という生徒がたくさんいます。というより最初はみんなそうです。

「うちらの良さがあんたら素人には伝わらんか!」

と言っていても始まりませんので、

今回は
①つかまえる
②連れてくる
③体重を測る
という一連の流れを2回に渡って実習で行いました。

最初に「①つかまえる」ですが・・・

捕まえている写真はなかなかないのですが、よいしょっと捕まえます。
(これがいちばん苦手な生徒多数)

次に牛を「②連れてくる」です。
これは自分の立ち位置や牛との距離感をしっかり保てば、大丈夫です。

保護者の皆さま、まさかうちの可愛い娘が牛を引いていると思いますまい。

いえ、引いてます。

あの子も、

この子も、

みーんなに引いてもらいました。

そして、「③体重を測る」です。

体重計に乗せて、

いざ、計測!!

うちのはデジタルではありません。
昔ながらの天秤式です。

というわけで、無事完了です。

10月に生まれた子牛も愛でて~。

そして袖をかじられます。

ちょっと最近写真をあまり撮っていないので、また撮っていきます。

とりあえず、子牛のお母さんであるななえちゃんでもどうぞ。

「あなたたち1年生も私の魅力にようやく気づきはじめたかしら?」

牛も生徒の心もキャッチ&NOTリリースです。

またすぐ会いましょう。

 

銀杏!!

秋が深まる今日この頃。

みなさん、銀杏を食べたことがありますか?そう!!茶碗蒸しに入っている黄色い粒です。

上の写真は川合農場に落ちている銀杏の実です。

しかし、銀杏の実は臭く、なかなか手を付けたくないという方も多いのではないでしょうか?

生産科学科果樹部門ではそんな銀杏を、皆さんの手元に届けるため調整作業に励みました。

銀杏の実を一生懸命拾います。

実をほぐして中の種を取り出しやすいようにします。

この時点でかなり臭いがします。

種だけ取り出します。

最初は乗り気じゃなかった生徒もこの笑顔♪♪楽しくなってきたみたいです♪

種についた果肉を金網に擦りつけて綺麗にします。もうここまでくると臭いも気にしません!!強いぞ!!生徒たち!!

最後に手もみ(擦り)仕上げ洗いをして乾燥させてパック詰めをします!!

銀杏の販売は11月19日以降を予定してます。数に限りがあるのでお早めに!!

 

中学生一日入学~果樹部門編~

10月の中、中学生の一日入学がありました。

今年もたくさんの農業に興味がある中学生がたくさん来てくれてうれしい限りです♪♪

生産科学科果樹部門では乗用草刈り機に挑戦をしてもらいました。

まずは全員でご挨拶。2グループに分けて3年生が補助につき中学生をサポートしました。

どの子も安全運転で、3年生も中学生の子たちを上手にサポートしてくれました。今回の体験でまた農業に興味を持ってくれる子達が増えてくれたら嬉しいです。